・ ドロミーティの湖 途中経過と、 ヴェネト春の訪れ 


  ドロミーティの小さな湖を描き込みましたので、
  見てやって下さい。

  遅春 ドロミーティ・シン湖

+DSC04157_GF.jpg   

  先回は、湖の色入れ途中で見て頂いたのでしたが、
  先回のままは湖の手前岸に近い所のみで、
  今は全体に色が入って来たところです。

  写真の中では少し暗く見えますが、
  雪の白さは、紙の白さをそのまま残しており、
  所によってほんの薄いグレイをかけていて、

  部分によってはもっと濃い影が必要だと思いますし、
  水面に映る雪の部分は、も少し暗くするつもりです。

  と、木の映っている部分、右半分にはも少し濃い色が必要と
  思いますし、
  一番左側は少しもちゃっとしていると・・。

  雪がとけた木々の根元の土の色も、下描きのままですので、
  も少し濃くなると思います。


  あれやこれやの濃さが入って来てから、雪の白さを考える積りで、
  もうちょっと頑張りま~す。



 *****

  今日の第2部は  ヴェネトの春景色

  この日曜日、久し振りのお天気の日曜で、
  友人の家にお昼をよばれ方々、近くにある古い教会
  サン・ピエトロ・ディ・フェレット教会・San Pietro di Feletto
  の方に散歩しました。

  約千年前からと見られるこの教会内は、フレスコ画で埋められており、
  そのご案内もしておりますので、こちらからどうぞ
     
  この日は教会の南に広がる広い草地の中を通りぬけ、
  背後に広がる住宅地をぐるっと抜け、
2-DSC04120_GF.jpg


  眺めの良い教会前に出てきまして、
3-S04_4940_GF.jpg
     



  目の前に広がるパノラマはこんな様子。

  北側から、
4-DSC04127_GF.jpg
5-DSC04128_GF.jpg
     

     

  そして西向き。
  この前に見える農家と葡萄畑は、黄金色に光る逆光で描いた場所
6-DSC04130_GF.jpg
7-DSC04131_GF.jpg
     

     

  そしてそれより奥に広がる風景。
8-DSC04132_GF.jpg
     

  南側風景は少し靄がかかり、畑の緑色もまだ少し茶色が混じりますが、
  も少しして美しい緑の風景が広がって来るのが楽しみです!!
  


 *****

  ただ今本家ブログには、ヴェネト春の訪れと、友人宅でのお昼
  をアップしております。
  http://www.italiashiho.site/

  ご訪問、よろしくどうぞ!
       

     


この記事へのコメント

  • 小父さん

    おはようございます
    【遅春 ドロミーティ・シン湖】

    とても綺麗な光景です!
    オアシスですね。

    少しづつ融けているだろう雪なんて御嶽山のそれを思い出させます。

    雪の上の影もいいですね。

    >水面に映る雪の部分は、も少し暗くするつもりです。

    なるほど、そういうことですか!

    >一番左側は少しもちゃっとしていると・・。

    これって現在が「もちゃっ」という意味なんですね。

    >下描きのままですので、も少し濃くなると思います。

    そう言われれば薄い色な気もします。

    >雪の白さを考える積りで、もうちょっと頑張りま~す。

    ん?雪が融けて湖にポタポタ落ちる時期だとしたら、こんな白さだと思います。

    【第2部】

    >約千年前からと見られるこの教会内は、フレスコ画で埋められており、

    フレスコ画は信仰そのものなんですね。
    太古には野牛、イノシシ、馬、トナカイなどの野生動物を描いたアルタミラ洞窟壁画なんてのもあったし
    日本だったら掛け軸や襖絵なんてのも発達しましたね。
    現代、解読できない文字もたくさんある中、フレスコ画は実に分かり易い教科書だったんですね。

    >目の前に広がるパノラマはこんな様子。 北側から、

    これって「絵のような」と表現される光景そのもですね。
    でも、shinkaiさんにとっては日常の一部なんでしょう?(笑)
    いや、見とれてしまいます。

    [ヴェネト早春 黄金色の午後]の絵は、この写真の時間帯を描かれたものですか?
    いや、場所が一緒だということだけですよね!

    はじめ、この写真を「黄金色の午後」を描き替えられたのかと思いました(笑)

    いやいや、好きなことばかり書き連ねてすみません。
    自分の落書き帳と勘違いしているようです(汗)

    どうも有難うございました。
    2016年03月16日 14:23
  • shinkai

    Unknown
    ★小父さん、こんにちは! コメント有難うございます。

    はい、あの湖のあの時見た印象は、湖のエメラルド色は夏も同じな事が分ったのですが、多分残雪の白さがあって尚の事鮮烈だったのですね。
    それを描きたいと思っています。

    はい、水面全体に細かい細かいさざ波が出来ていて、実際にはそうでない部分もあって、今はもちゃっとしているのでしょうが、やはり全体がそうだった、と言う感じに描こうと思っています。


    中世に建設された教会のフレスコ画、はたまた今日出かけてきたモデナの聖堂正面には、聖書を題材にしたモチーフが描かれ、刻まれています。
    と言うのも、当時は文盲の人々のために、分りやすく解説する目的があったのですね。
    で、まさに絵解きという感じなのです。

    はい、場所が同じで、時間帯、季節が違うという事です。

    ははは、好きな事を書いて頂けるのがありがたいと思っていますので、これからもどうぞ今まで通りにお願いいたします。
    有難うございます!
    2016年03月17日 06:40

この記事へのトラックバック