・ デッラ・サルーテ聖堂描き初めと、最近買った額 


  ヴェネツィアのデッラ・サルーテ聖堂を描き始めているので、
  見てやって下さい。

  ヴェネツィア夕暮れ・サンタ・マリーア・デッラ・サルーテ聖堂  41x32cm 6F 
+DSC04021s-_GF.jpg

  ヴェネツィアのサン・マルコ広場の岸辺から少し西の運河越しに、
  1630年のペストの終焉を感謝して建設された
  サンタ・マリーア・デッラ・サルーテ聖堂があります。

  大運河越しに見える姿は美しく、サン・マルコ辺りからだと
  ちょうど夕陽が沈む位置とも重なり、
       
  黄昏色に染まる空が翳り始めると、堂内の明かりが明るく見え、
  街灯がつき、イルミネーションが始まります。

  なんともロマンチックな光景ですが、
  まるでロマンチストでないshinkaiでも、上手く描けます様に、ははは。

  今回使った紙は、藤色の水彩カラー紙で、
  下描きをするのに、陰の中に見えない建物細部や、装飾の聖人像なども
  全部昼間の写真と見比べながら確認し、描き込み、

  ペン描きの後墨入れを重ね、水彩で薄い朱色を。
  そして色鉛筆の紫をざっと重ねながら、街灯やイルミネーションの明るい所を
  少し描き起こした所です。

  細部もおろそかにせず、拘りすぎにもならないよう、

  少し長丁場になるかもしれませんが、頑張りま~す



 *****

  今日の第2部は最近買った額縁

  いつも行く額屋さんで、誂えの額を作った後に残る竿で作り、
  安く売っている額を幾つか買いました。

  ただし寸法は当然小さめですし、色の問題もあり、
  いつもとは逆に、その額に合わせて絵を描かなければなりません。

  しっかり者で早口の奥さんが、ははは、これは? これは?と
  次々に出して見せてくれるのから6枚買いましたので、
  どんなのか見てやって下さい。

  朱茶色というのか、楓材のもので、額の内寸23,5x19
DSC04016s-.jpg

     


  黒の幅広の物 これは大小2つ買いまして、
  好きなのですが、さて、何を描こうかと・・。
  大の内寸 30x20   小の内寸 18,5x11
DSC04017s-.jpg
     



  鶯色のような緑で、はげちょろに細工してあり、 28,5x23
DSC04018s-.jpg
     




  金色の小花の凸凹   内寸 28,5x22,5
DSC04019s-_GF.jpg
     



  少し大人しい感じの横縞   内寸 38,5x28,5
DSC04020s-.jpg
     

  色鉛筆や紙を買うのも嬉しいのですけど、
  こうして先に手元にある額というのもとても嬉しいもの、
  さて、何を描こうか・・!

  新しくまたパネルに紙を張り、小品も描き始めようっと!!



 *****

  ただ今本家ブログには、オルチャの谷風景 ・ 緑の大地が恋しくて
  をアップしております。
  http://www.italiashiho.site/

  ご訪問、よろしくどうぞ!
       


     

この記事へのコメント

  • 小父さん

    こんにちは
    近寄ったサンタ・マリーア・デッラ・サルーテ聖堂には
    迫力を感じますね。

    夕暮れが神秘さを醸し出しているように思えます。

    >ペストの終焉を感謝して建設された

    それにしては現代感覚から言ううととても大きな出費にも思えますが、信仰の力なんでしょうね。

    しかし時代が過ぎると巨大な凱旋門もありました。

    >まるでロマンチストでないshinkaiでも、上手く描けます様に、ははは。

    それはないと思います!(笑)

    >全部昼間の写真と見比べながら確認し、描き込み
    >細部もおろそかにせず、拘りすぎにもならないよう、

    うわ~っ、これはじっくり観賞さていただかなければいけませんね。


    >しっかり者で早口の奥さんが、ははは、これは? これは?と

    でも、いずれも趣ありますね。

    前の日本での個展でも、何回か拝見した絵画が額に納まり、壁に掛かっているのをみると絵がまた一段と引きたっているように思いました。

    いやいや、興味をそそります。

    好きなことを書かせていただき有難うございました。
    2016年02月24日 20:36
  • shinkai

    Unknown
    ★小父さん、こんにちは! コメント有難うございます。

    はい、この聖堂の夕暮れは随分前から描こうと思っていたので、使っている藤色のカラー水彩紙も、秋に日本に行った時買って戻ったのでした。

    確かあの時のペストの死者は多くて、漸く終焉の感謝もそうなんでしょうが、町の人々への景気回復への意味もあったのでしょうね。

    昼間のデッラ・サルーテは、もうそれは凄い数の彫刻像が見えるので、ははは、私のような描き方をする人間には、到底無理なんです、へへへ。

    私は額を選ぶのが好きで、絵の周囲のマットの色も絵に合わせて決めたいのですよね。
    絵の値段にしては額が立派だと、ははは、よく言われます。

    いえいえ、いつも有難うございます!
    2016年02月25日 00:57

この記事へのトラックバック