・ ヴェネツィアの夏の夜 途中経過と、 ルイーザの家の庭 


  ヴェネツィアの夏の夜を描きこんでいますので、
  見てやって下さい。

  夏の夜 ヴェネツィア・アルセナーレ付近

+DSC03847_GF.jpg   

  先回下描きを見て頂いたヴェネツィアの夏の夜ですが、
  描きこんでみました。

  いつもは全体の様子を見つつ色を濃くしたり、
  描きこんで行くのですが、
  今回は主役となるブルーの色の出し方が気になり、

  空と海の色を一番最初に塗りこみ、
  それに合わせて左の建物の屋根と壁の色を入れ、
  地面を描き、右の建物を描く、という変則的な描き方をし、
  空の色、海の色も、それ以降に再度塗りこみました。

  今の所ブルーの色は気に入っているのですが、
  少し空の色むらが見える部分は抑えるつもりです。


  と、こうしてブログに載せてみると、
  左の建物の表側が、真ん中で溶けそうに見えるので、
  はは、これは街灯の明かりの当たらない部分に入れたブルーが
  そう見せるので、入り口扉などの細部に気をつけます。

  他にもあれこれまだまだ細部の描きこみ不足が見えるので、
  橋も半分溶け込みそうですし、奥の大型ヨットの辺りも、あれもこれも、
  細部を詰めていくつもりです。


  夜景を描いたのはこれが初めてで、どう描くのかと思いましたが、
  今までとは違う色の入れ方もあってか、
  ブルーの色が一応決まった後は、進み方が早く、
  自分でなるほどなぁと納得の部分もあり、面白く描いています。

  描いてみたい夜景は他にもありますので、へへ、
  また次に進めるかも、と思っています。



 *****

  今日の第2部、 ルイーザの家の庭、ですが、

  日曜のお昼に仲間を食事に招いてくれ、お邪魔して来ました。

  彼女は料理がとても上手く、野菜料理のあれこれを準備してくれ、
  夫のレナートがこれまたホスト役が得意、ワインの目利きとあって、
  美味しいワインも次々にご馳走になりまして・・!

  なので会食の記事は纏めてまたブログ・アップする事にし、
  彼女の家の庭の様子を今回ちょっぴり、
  家に戻ってから大急ぎで整理したのを、見て頂きますね。


  玄関口とルイーザ。 まだクリスマスの飾りがここには残り、
1-DSC03868_GF.jpg
     


 
  玄関脇に咲いていたクリスマス・ローズ。
2-DSC03867_GF.jpg
     



  台所では従姉妹のマーラも来ていて、
  レナートと一緒にカナッペの用意をしていましたが、

  台所口から出るとポーチがあり、こんなテーブル。
  夏はここでお茶をしたり、食事を頂いたりします。
3-DSC03857_GF.jpg
     



  庭がL字型に大変広く、奥にはレナートの建てた工具部屋があり、
  手前は菜園になっており、
4-DSC03858_GF.jpg
     



  玄関前の庭の隅には、クリスマス・ローズを植えたのが
  土地が合ったのか大きく広く育っておりました。

5-DSC03862_GF.jpg     

  が、まったく情けない事に、あれこれ何枚も撮ったのに、
  濡れた庭の奥にまで入り込み、靴を泥だらけにしたのに、
  写真のピンがまるで合っておりませんで・・!! 馬鹿がぁ!
       



  はい、唯一ピンが決まって撮れていたのはこれ1枚だけで!
6-DSC03870_GF.jpg
     

  食事会のほうの写真は上手く写っていますように・・!!



 *****

  ただ今本家ブログには、夜の松本、街散策を ・ 縄手通り、中町通り
  をアップしております。
  http://www.italiashiho.site/

  ご訪問、よろしくどうぞ!
       


     

この記事へのコメント

  • 小父さん

    Unknown
    夏の夜 ヴェネツィア・アルセナーレ付近

    なんだか風景の中に吸い込まれて行きそうです。

    冬の夕暮れもこのような夜も普段はテレビ他で目にしませんよね。
    やはり、景色というものは人が溢れていてはその良さを味わえないものなんでしょうか!?
    お祭りならいざ知らず・・・。

    建物が街灯、川面映る光が何かを語りかけているかのようです。

    星ひとつない空のブルーもいいですね。
    この暗闇が語りかけのお手伝いをしてくれているんでしょうか!?
    建物、街灯、川面映る光の。

    >美味しいワインも次々にご馳走になりまして・・!

    うわっ、して何杯くらい召し上がりましたか?(笑)

    クリスマスの飾りの下の緑の椅子も飾りですか?
    腰掛けることがあるんですか?

    クリスマス・ローズがこの季節にいいですね。

    可愛いポーチです。
    あっ、緑椅子の片方を見つけました!(笑)

    工具部屋も屋根のギザギザも含めてお洒落です。

    >写真のピンがまるで合っておりませんで・・!! 馬鹿がぁ!

    へへへ、師匠でもそんなことがあるんですか?
    ほっとします!(笑)
    2016年01月12日 15:55
  • shinkai

    Unknown
    ★小父さん、こんにちは! コメント有難うございます。

    そうですねぇ、多分TVなどでも出る事があるのだろうとは思うのですが、こういう風に絵のモチーフに取り上げるとまた別のものに見える、というのか、
    動いて行く画面と違って、一瞬を切り取った形になる、それも私の好みで切り取り、強調する形というのでしょうか。

    ブルーの色が何とか決まってきたので、もうちょっと描き込んでいけそうで、
    小父さんにも良い評を頂いて、安心です、有難うございます!!

    はぁい、都合4本ワインをあれこれ開けてくれまして、総勢8人ですから、そう飲んだわけではないのですが、ははは、
    次回の本家ブログの方で瓶を、はは、お見せいたしますね。

    玄関前の椅子は、荷物を置いたり、あれこれにちょっと役立つのではないでしょうか。

    菜園や花畑の世話も、ルイーザはちゃんとマメにやっていて、料理も上手いし、優しくてよい奥さんなんですよ。

    もうもう、コンデジで花を撮ろうと思うと本当に難しくて・・!!
    師匠なんてとんでもないです、すぐ化けの皮が剥がれます、ははは。
    2016年01月13日 01:54
  • ゆんぴょ

    Unknown
    年明けからがんばってらっしゃいますね!

    夜景って初めてでしたっけ? 意外な気が。
    でも、夏の夜のブルーですね。
    よく表れていると思います!
    この作品をきっかけに、また別の作品に繋がりそうですね。

    ルイーザさんの御宅がまた素敵。
    そうそう、こんなポーチでお茶が出来たらいいでしょうねぇ。クリスマスローズも綺麗。
    2016年01月15日 02:11
  • shinkai

    Unknown
    ★ゆんぴょさん、こんにちは! こちらにも有難うございます!

    クリスマス、お正月にかけてやはりこちらでもあれこれ何だかんだと遊ぶ行事があり、はは、最近漸くに、ちょっとエンジンがかかり始めました。
    やはり少しでも日中のお天気の時間が長いのが良いですね。

    そうなんです、夜景は初めて、いや、ヴェネツィアの円柱の上のライオン君のはあるのですが、あれは円柱だけだったので、こんな風に建物とか揺れる小波は初めてなんです。
    有難うございます! 描きたい夜景はあれこれありますので・・!

    はい、ルイーザの家は素敵なんです、庭も中も広くってね。
    ええ、ポーチのテーブルは気持ちが良いのですけど、蚊がいるのがね、ははは。
    2016年01月15日 16:07

この記事へのトラックバック