・ ポルトガルの海 途中経過と、仕上げ1枚 ・ 落ち葉の色 


  途中経過のポルトガルの海と、仕上げにしたいヴェネツィアの運河、
  見てやって下さい。

  ここに地果て、海始まる ・ ポルトガル・ロカ岬

+DSC03255_GF.jpg   

  色鉛筆で描き込んでいますが、海の色を探りながら塗り、そして
  抑えるのにシラミ潰しもしながら、既に4回ほど塗り重ね、

  まだ波の部分は位置を決めただけで、今漸くに
  海の色が収まってきたかな、と思っていて、波はこれから。

  陸の方も、岩場の位置を確かめながら色を置いた所で、
  海との関係で色をどうするのかも、まだ模索中です。
  今はまだ岩の色が飛びすぎていますので、
  これを決めないといけません。
       
  はい、少し寝かせるつもりです。




  ヴェネツィア 冬の運河

+DSC03254_GF.jpg    

  先回大体仕上がりに近いと思って見て頂いたのですが、
  師の二木さんから細かい部分の詰めについてあれこれと・・!

  まさにその通りなのですがぁぁぁ、
  時に「一体どんな目をしているんだぁ?」と、はぁ。

  つまり、射し込む光が主なのだから、
  見えすぎる所は抑え、強調する所は強く、という事で、
  あちこちに散らばっていた明るい船のハイライト部分などを抑え、
  欲しい陰の中の濃さを強くし、

  抑えすぎてグレイ一色になるのも嫌なので、
  あちこち色味も入れ・・。

  という事で頑張りましたが、
  もうお終いにしたいよぉ!
  パネルから外して、新しい紙を張りたいぃ!

  もういいかなぁ?



 *****

  今日の第2部は、
  先日の歩き会で撮った落ち葉あれこれ。
     
DSC03188.jpg
DSC03190.jpg
DSC03192.jpg
DSC03193.jpg
DSC03194.jpg
DSC03216.jpg
     
  日本の様に紅葉は無く、殆どが黄葉で、
  派手やかな鮮やかさはありませんが、
  しっとりとして、静かな美しさがある、
  イタリアの秋、黄葉の秋です。
  

 *****

  ただ今本家ブログには、モンテプルチャーノ その2の1と、2の2
  をアップしております。
  http://www.italiashiho.site/

  ご訪問、よろしくどうぞ!
       

     

       

この記事へのコメント

  • abi

    Unknown
    こんにちは、shinkaiさん(=^・^=)
    美しい色の海、ここにこれから波が描かれるのですね、
    今は静まりかえった海の感じですが、波が入ると海が生きているのかなぁ?
    shinkaiさんは途中経過を見せてくださるので、描きこまれていく過程が楽しみです。
    > もうお終いにしたいよぉ!
    ふふ…画家さんでもそのように?^^
    絵の終わりって難しそうです。
    先回も今回もどちらも素敵に見えるのですが…
    たっぷりの落ち葉がふかふかしていそうです。
    こんな道を歩いてみたいなあ~(=^v^=)
    2015年11月29日 11:44
  • shinkai

    Unknown
    ★abiさん、こんにちは! コメント有難うございます。

    はい、海の水の色を実際に、色鉛筆のどの色を使って描くか、どう重ねたら欲しい色が出るか、であれこれやってみて、
    大体今の調子で良いかなと思う所まで来たので、これから描き込んでいきます。なので、波もこれからです。

    この浜には下りませんでしたが、近くのナザレという所の海水浴場の浜には下りたので、
    上からは小さく見える波も結構大きくて、大西洋に直接面しているのですものね、
    ドッブーンと来たのを良く覚えていますから、そのつもりで描かないとと思っています。
    浜の砂も、色がとても綺麗で粒が粗かったんですよ。

    はい、途中経過はわが師の二木さんが載せておられるのを見て、そうよね、私も、と思ったのもあるのですが、
    載せると、怖いお目付けがダメ押しをして下さるので、ははは、それでまた、なにくそ!と、ははは、頑張るバネにもなるのですね。

    今はこちらもお天気が良く、落ち葉がとても綺麗です。 もう少しの間ですね。
    2015年11月29日 14:55
  • 小父さん

    こんばんは
    とっても綺麗な海に変わりましたね。

    心が洗われます。

    なんだか大地が終わって、向こうには永遠の海でも広がるような気がします。

    空と海の境目、水平線がいいですね。

    これに白い波が描きこまれるのでしょうか!
    なんだか楽しみです。

    >今はまだ岩の色が飛びすぎていますので、

    なるほど、もっとおとなしくく変化するんでしょうか。

    いずれにしろ、前回と色彩が大きく違うので興味深いです。

    >はい、少し寝かせるつもりです。

    ん、しばらく置いておくということでしょうか?


    >ヴェネツィア 冬の運河

    記述と前回の仕上がりに今回のものを見比べています。

    つまりスポットライトを主演に当てるということでしょうか!?

    う~ん、奥が深いですね~。
    こちらも大きく変化した気がします。

    >パネルから外して、新しい紙を張りたいぃ!

    こちらは寝かせないんですか?
    言葉の意味も分からずに使っています(汗)

    >今日の第2部は、

    これはまた素晴らしい。
    絨毯そのものですね!

    うわー、下にいくほどふわふわですね。

    日本人はこんな状態になる前に掃き清めるんでしょうか?
    人がいるところではこんな自然を見ることが出来ない気がします。

    有難うございました。
    2015年11月29日 20:19
  • shinkai

    Unknown
    ★小父さん、こんにちは! コメント有難うございます。

    ああ、有難うございます!! 海の色は実際もとても美しかったですし、とにかく見て頂いた時に「綺麗だ!」と思って頂けるような色にしようと思っていたので、かといって軽くならない色に、と思っていたので、今漸くに基本の色が出たかな、と思っています。

    白波は無しです。 近くの小さな岩の周囲には見えたのですが、浜に打ち寄せる部分は見えないので、
    色の濃淡だけのつもりです。

    はい、「寝かせる」というのは、そうです、自分の中の気持ちを決めるためだったり、どうしたらよいのか分らなくなったり、気持ちが疲れたりした時に、暫く置いておく事を言ってます。

    なので、「冬のヴェネツィア」のように、もう大分描き込み、本人はもうお終いにしたい時は、「パネルからはずす」、パネルに水張りして描いていますので、です。

    一応出来たと思い、また師匠のOKも頂いてパネルから外していても、この秋の諏訪に持っていったのの中には、絵を送る前に改めて描き込んだのが何枚もあり・・!

    そう考えると、やはり絵は深いと思います。

    落ち葉の道、綺麗でしょう?! こちらもやはり車の通る道には落ちていないのですけど、歩道などにはしっかり落ちています。
    そんなに大都会では無いので木も多いし、結構そのままですね。

    いやぁ、いつも有難うございます!
    2015年11月30日 00:51

この記事へのトラックバック