・ 7月のトスカーナ 麦秋 ・ 描き始め 


  新しく描き始めている、トスカーナの麦畑。
  見てやって下さい。

  7月のトスカーナ 麦秋   34x22cm 4号P

+C27_9146_GF.jpg     
  6年前に出かけた初夏のトスカーナは麦秋の盛りで、
  刈り入れ前の畑、刈っている最中、刈った後の麦輪ごろごろと、
  広大な眺めを楽しみ、凄いなぁ、と写真もたくさん!

  ですがどこか、イマイチ心底馴染めないというのか、
  余りにもの広大さに飲み込まれ、
  緑の林や糸杉とのコントラストの激しさにも、
  ちょっぴりの気持ちの違和感が残りました。

  なので水彩画を再開しても、漸くに1枚描けただけ!

  で今春、緑の広がる風景を眺め、
  秋にもう一度、今度は荒土の広がりをも見ることが出来、
  漸くに自分の中に納得できるものを感じ、

  そうなると、今迄もひとつピンと来なかった麦秋風景も、
  なんとなんと素晴らしい!と再見できるようになり、
  ああ、これ描きたい!というのがいくつか。

  これは、カスティリオーネ・ドルチャの近くの畑で、
  左上に刈った後すぐのピカピカの三角が見え、
  手前は波打つ、刈り取り前の風に揺れる麦穂!

  描きたい!と思うと、手に負えるかどうかはさて置き、ははは、
  何とかなるだろうと始めるShinkai!

  ペンにインク2色で下描きし、黄土色の水彩を重ね、
  墨をいれ、今色鉛筆で全体を塗った所。
  ・・実物よりも少し黄色が強く見えるかも。

  本当は奥に、遠くの平野が見えるのですが、
  無い方が良いかも、左側の低い丘にも白を重ね、
  家の後ろに糸杉を入れようか、どうしようかと、
  鉛筆でためらい描きを、ははは。

  昨秋日本の秋の、本当に黄金色の稲穂を見て驚き、
  麦秋の枯れたベージュ色をどう描くか、
  その辺りにちょっと疑問を感じていますが・・、
  まぁ、やってみま~す!
 *****

  所で、先日サイトの猫写真を眺めていましたら、
  こんなのがありましたぁ。
  こういうのは、絵を描く者にとっては・・・、あ・て・つ・け、ははは!
 
images.jpg
       


 *****

  ただ今本家ブログには、
  ご訪問、よろしくどうぞ!

この記事へのコメント

  • うたたね

    Unknown
    画面から、乾燥した何とも言えない
    麦の香りが漂ってきそうです。
    麦畑の上を流れる風を感じられる
    素敵な水彩画ですね!

    猫ちゃんのお写真、ユーモラスで
    こういうの好きだな~!

    本家ブログ
    アレッツォのサン・フランチェスコ教会
    「真の十字架伝説」特集。
    私は一大決意をして2年前、出かけましたが
    こちらのブログを拝見してから対面したなら、
    もっと深く鑑賞できたのに!
    と思ってしまいました。

    いつも四季折々の美しいイタリアを
    発信下さってありがとうございます。

    寒くなってまいりました。
    ご自愛下さい。




    2014年10月29日 07:34
  • shinkai

    Unknown
    ★うたたねさん、こんにちは! コメント有難うございます。

    ああ、そう言って頂けると、嬉しく、頑張って描こう!と思います。
    そうなんです、刈り取りの済んだ後の畑だとまだしも、ははは、麦穂が揺れるのが上手く表現できるかと・・!
    やってみま~す。

    そうでしたか、2年前にアレッツォのあの壁画をね。
    修復されて、多分明るくなって、ピエロ独特の空の色や、衣装の白がとても綺麗に見えると思いました。

    有難うございます! 
    うたたねさんもどうぞ体調にお気をつけてくださいね。
    2014年10月29日 16:10
  • MUSICA

    7月のトスカーナ
    こうして色鉛筆で描き始められた絵がだんだん、景色そのものになって、その上、周りの空気や季節感や、いろんな情報を絵に込めて伝えてくださるshihoさん魔法の力が羨ましいです、
    書かなくては一歩もちかずけないと、今、サクラの落ち葉が美しので散歩の度、拾ってきては苦闘しています。色鉛筆は又難しいものですね。自然って何でこんなに複雑に色づけしたのかな、
    2014年10月30日 16:50
  • shinkai

    Unknown
    ★MUSICAさん、こんにちは! コメント有難うございます。

    はぁい、なかなか魔法の力は持ち合わせませんで、いつも格闘してばかりで、時に、ははは、敢え無く討ち死、行き倒れになってしまいます。
    ですがまぁ、それが楽しい、というか、自分にとって一番打ち込めるスリリングな相手なので、文句は言えません、はい。

    あ、描かれていますか?! それは素晴らしい!!
    絵はなんだかんだ言っても、手を動かすしかないので、大いなる健闘を祈ります!

    はい、まさに自然の色は複雑で、絵の具や色鉛筆は材質ですので、自然の色とはまるで違いますね。
    ですが色鉛筆の良さは、すでに出来た色があるのと、濡れ色、乾き色との差がないことで、使いやすいのですよ、頑張ってくださ~い!
    2014年10月30日 20:53
  • 小父さん

    こんばんは
    いやー、麦畑の色、広がり、刈り入れ機が通った跡形
    などがとっても素敵ですよ。

    そうか!日本の稲穂の色とはまた違うんですね。
    第一こんな広大な稲の田んぼは見当たらないと思いますが・・・。

    ところでこの麦畑、大麦なんでしょうか、小麦なんでしょうか?

    と言いますのは新たなNHKの連続テレビ小説は NIKKA WHISKYを興した竹鶴政孝さんをモデルにした「マッサン」http://goo.gl/2d7IDj というものですが
    主題歌が「麦畑」という中島みゆきの歌でそんな映像が流れます。

    果たして、shinkaiさんのところでよく見る麦は小麦か大麦のどちらかなんていつも思っていました?(笑)

    絵の遠くに見える糸杉、麦輪ごろごろにいっそうの広さを感じます。
    2014年10月30日 23:38
  • shinkai

    Unknown
    ★小父さん、こんにちは! コメント有難うございます。

    は~い、有難うございます! 6年前に見た風景を漸く描き出すことができました。 やっと自分の中で、素直に居場所が決まったような気がします。

    そうですよね、この広大さは本当にトスカーナ独自のものだと思います。 広いだけでなく、波打つ様子が素晴らしいと思うのです。

    ええと、小麦ですね。 グラーノ・granoと言い、大麦はオルゾ・orzoです。
    オルゾは戦後代用コーヒーにも使われたようですが、今も子供用の飲み物とかカフェインなしのカフェ式に、粉末になっているのを少し濃い目に溶かすと、ちょっとした麦茶ですね。

    「マッサン」のCMを見てきましたが、そう、ご実家は広島の竹鶴酒造ではなかったですか?
    2014年10月31日 03:22