・ ヴェネト、プロセッコの葡萄畑を描き始めました!


  我が家から程近い場所に広がる美しい葡萄畑、
  コネリアーノから北西に掛けてのプロセッコの葡萄畑。

  とりわけこのサント・ステーファノ辺りの畑は、
  なだらかな丘から山が広がる場所に、
  トラクターも入らない様な葡萄畑がびっしりと!

  本当に美しい葡萄畑なのですが、
  まぁさか、自分が描くようになるとは思っていませんでしたが・・!
  今回ご縁あって描き始めましたので、見てやって下さい。

  初夏、ヴェネトの葡萄畑  (題名がまだ未決定です)

5313_GF.jpg       
  緑に黄土色を混ぜたインクで下描きし、
  薄墨でアクセントを付け、
  水彩の山吹色、薄緑、濃い目と下塗りをした所です。

  大きさは、いつもより少し大きな26,5x32cmで、
  全体の構図はこれで大体OKかと思うのですが、

  上部の1cm程、つまり真ん中から左に広がる遠い畑の上の林、
  ここが無くても良いかな、という気も・・。

  下側の手前は、一旦谷が落ち込み、
  左半分の一番手前の近い葡萄畑に繋がり、
  私がいる位置に上がってくる、という心算でおりますが、
  一番近くの葡萄の葉や蔓の色、・・描くのが難しそう!

       
  点在する農家は整備された新しい壁の家が多いのですけど、
  少し古い感じにする予定なのと、
  目障りな大きな不格好な家は2軒ほど取り除けました。

  葡萄畑の、新緑の緑と畝の見事さに重点を置き、
  曲りくねる道の面白さ、白さをアクセントに、
  奥に張り出す林と、手前右の落ち込む谷は
  濃い緑で無個性に、と思っているのですが、
   
  そんな感じで良いでしょうか?



◆ 個展のお知らせ ◆

  広島の絵の友人槇原慶喜さんから、
  還暦を記念しての、絵と写真による個展のお知らせが届きました。

s-maki.jpg       

  槇原慶喜展
  2013年6月28日(金)~ 7月22日(月)
  安芸高田市立八千代の丘美術館市民ギャラリー
  10時から17時 
  閉館 火曜日

  お出かけ下さいますよう、ご案内申し上げます。


 *****


  ただ今本家ブログには、発見のモニュメント ・ ポルトガル、リスボン
  をアップしております。
  http://www.italiashiho.site/ 
  ご訪問、よろしくどうぞ!
   

この記事へのコメント

  • うたたね

    Unknown
    豊穣な実りを予測させてくれる緑の大地。
    本当に美しいですね!
    作品完成を楽しみにお待ちしています。

    PS
    貴ブログにてご紹介いただいた「ベリー公のいとも豪華な時梼書」12ヶ月のカレンダ-。
    美しい青色が心から離れず、ウィキペディアで検索し、拙ブログにも使用させていただきました。
    ブログを開くたび、楽しませていただいております。
    私はお天気の日は、少しだけ農作業(みかん畑と家庭野菜)をしております。
    このカレンダ-の様に自然と親しみつつ、日々を平和に暮らしたいと思っております。
    素敵な絵をご紹介いただき、本当にありがとうございました。


    2013年06月27日 11:20
  • shinkai

    Unknown
    ★うたたねさん、こんにちは! コメント有難うございます。

    ヴェネトのこの辺りに住んでいて本当に嬉しい、と思う事の一つに、やはり自然の豊かさ、美しさがあります。
    丘の高低が作りだす自然の変化の美しさもそうですが、この絵のモチーフの場所は、まさに愛情込めての手入れが実った美しい畑なのですね。

    有難うございます! 愉しみつつ頑張って描きたいと思います。

    ご自分で農作業をされるのは、傍から考えるほど楽ではないと想像しますが、自分で育てた作物を頂けるのは贅沢な事ですね。
    体調にお気をつけて、頑張って下さいね。

    「ベリー公の時梼書」のあの美しさは、年代を越え、誰もがひきつけられる詩情あふれた美しい絵だと思います。
    絵のファンが増えるのは、私も嬉しいです。
    2013年06月27日 14:53
  • paprica

    Unknown
    お久しぶりです!こちらのブログともう一つの方、どちらもいつも楽しく拝見しています♪ 
    イタリアの美しい景色を写真にとることなら、カメラを持っていればできるけれど、こうしてその風景を描くことがどれだけのスキルと根気(?)を要するか、想像するだけで気が遠くなります。下描きはインクでされるのですね。どんなふうに色が加えられていくのか、今から完成がとても楽しみです!!
    2013年06月28日 04:27
  • shinkai

    Unknown
    ★papricaさん、こんにちは!  
    ご親切なコメント、有難うございます!!

    どの方だっけと、拝見に行き、すぐ分かりました、はい、あのGus君のママ、手造りの爽やかな生活が羨ましい方でした!

    はい、ドローイング・インクで描いています。 水溶性というのですけど、描いた後すぐ水彩絵具でこするとかなり薄くなりますが、一旦乾くと大丈夫です。

    私は自分で撮った写真から描くので、ペンで描く時が現場でのスケッチと思い、自分が納得できる様に描いていますが、ははは、我慢強くなったかもです。

    有難うございます。 またゆっくり拝見に参りますね。
    2013年06月28日 14:24