・ 花、果物の、 古いスケッチを 


  ええと、あのう、 ・・端境期でございまして・・、

  はい、今月は週の予定が一つ増えておりまして、
  写真教室なのですが、今月末でお終い、
  先生がとても良く、あれこれ教えて頂く事も多いので
  頑張って通っておりまして・・、

  ええと、昨夜はまたお誘いがあって映画を見に、
  「ザ・アーティスト」、お勧めです!
  とか、いつも食事に招いて下さる友人を、
  雛祭りのチャンスに、お昼にお誘いしたリで、
  
  そんなこんなで、端境期。      

  もう少し詰めが残っていますが、とか、
  微調整を控え、なんぞと見栄を張ってご覧頂いたのも、
  きゃはは、
  いざ手を入れ始めると、
  大テコ入れが必要でして・・!

  新しく取り掛かっているのも、
  まだ見て頂ける程の下絵にもなっておらず・・。

  てな事で、また古いスケッチを見てやって下さいませ!
  いずれも透明水彩でスケッチを始めた最初の頃のもので、
     
 
  杏の様な果物の一枝
1-345.jpg

       

  黄色い薔薇
2-723.jpg

  葉と茎の色が硬くなり、花の座りも悪いのですが、
  なんとかバックを塗ろうと苦労した思い出があるので・・。



       

  リンゴ2つ
   
3-425.jpg   


       

  なんというお花か、あれこれ3種
4-815.jpg

  枝つきの果物とか、こういうお花は、
  近所から黙って頂いて来た、ははは、物で~す。
       


       
  青リンゴ
       
5-509.jpg
  葡萄畑の横にある、半ば野生のリンゴの木で、
  形もいびつで小さいのですが、良い色だった記憶が。
  これは水彩はさっと色を入れ、色鉛筆を使っています。



       

  大輪の赤い薔薇
6-551.jpg

  美しさに魅せられ、一日で必死に描いた物。

  この時使った水彩絵の具は、安物セットの出来合いで、
  色の細かい粒子がざらついたのを覚えています。

  現在使っているのは、ウィンザー・アンド・ニュートンと
  シュミンケ・Schmincke から自分で選んだ37色ですが、
  これを選ぶ時にトゥレヴィーゾの画材店のご主人があれこれと
  教えてくれた事もありますので、

  もし次回も端境期が続く様でしたら、・・はは、怖いなぁ、
  ちょっと画材のお話なども・・、予定を。
       
  良いお天気、春らしい陽射しが煌めき始め、
  やはり描きたいものも、少し変化しそうですね。

 ***

  ただ今、本家ブログでは、
  クルーズ船から眺めるヴェネツィア をアップしています。
       
  ご訪問、よろしくどうぞ!
  http://www.italiashiho.site/

    

この記事へのコメント

  • 二木一郎

    Unknown
    shinkaiさん、素晴らしいです!

    やはり描く力を充分にお持ちですね!

    私が特に好きなのはリンゴと赤い薔薇です。
    このリンゴは質感もバッチリで美味しそうです。
    そして、少しヌルッとした描法がちょっとシュールな雰囲気を感じさせてくれます。

    赤い薔薇は花の香りが漂ってきそうです。
    この赤い色は、単なる色を超えて言葉を語り始めていますね。
    そして、花が放つ光を感じます。
    これは素晴らしい!!

    また次を楽しみにしています!
    2012年03月15日 16:28
  • shinkai

    Unknown
    ★二木さん、こんにちは! こちらにも有難うございます。

    きゃ、と言いそうになりました。でも有難うございます! 

    以前の風景のスケッチはグワッシュを使っていて、この辺りから透明水彩の安いセットで描きだし、面白く感じ始めた時の物なのです。

    でもそうですね、書いて下さった事も含めて考えてみると、自分にはやはりガッガッと半ばムキになって対象に取り組み、どこまで描けるかというのが、向いているというか、そうとしか描けない、のだと思います。

    とにかく、続けて描かねば、と思います。
    次もよろしくお願いいたします!
    2012年03月15日 20:10
  • 小父さん

    今晩は
    端境期 → はざかいきと読むんですか!イタリアまでお訪ねして漢字の勉強が出来ました(汗)

    そして、写真教室にも通われたとか!いやーエレルギッシュですね~。
    お上手なはずです。

    デュジャルダンがカンヌでも男優賞を受賞したいう「ザ・アーティスト」
    私も封切られてすぐ、最寄りの映画館で上映していなかったので神戸まで出掛けましたよ。
    そして居眠りしていました(笑)。
    なんだか、銀幕からのインパクトが弱く感じました。
    いや、私自身がアーティストじゃーないからでしょうね!

    このページの作品は今まで見せていただいたものと
    色あいが相当違いますね。
    これが、普通の水彩画なんでしょうか?
    むしろ日本画に近い感じをうけます。

    ん?下の青りんごの背景は、また違う気もします。

    リンゴ2つの顔がとても面白いですね。
    まるでねこちゃんの絵やわん君の写真を撮られる時のような観察眼な気がします。

    >近所から黙って頂いて来た、ははは、物で~す。

    も、私にはとてもアッピールします。
    以前にリンクしました写真ブログでほとんどの日々が
    このような花なんです。
    ぱっと見シンプルですが、花弁はとても細やかですね。

    赤い薔薇にはshinkaiさんの情念がこもっているのでしょうか!?(笑)

    ど素人の感想でした。
    2013年11月11日 22:38
  • shinkai

    Unknown
    ★小父さん、こんにちは! いつも有難うございます。

    はい、はざかいき、です、ははは。 人間が古いもので、はは。 今頃は端境期自体も無くなって、言葉も使われなくなっているでしょうね。

    あれ、居眠りを? ははは。 今頃は映画がどんどんどぎつくなって来ているのに、あの回顧的で、そのくせやはりモダンな味付けは面白いと思ったのですが・・。

    そうですね、作品を描くと言うのではなく、日常の中のちょっとしたスケッチという感じの物で、出来具合も皆バラバラなのですが、はい、普通の「水彩画」と言われるものの範囲でしょうね。

    この辺りは、自然が残っているので、頂こうと思うと簡単に花も果物も手に入りまして・・。
    自然に咲いている花は、花屋さんで売っているものとは、また一味趣が違いますよね。

    赤い色はやはり強い印象を受ける、与えるのでしょうね。 始め使っていた安い水彩のセットの色ではなかなか良い赤色が出ずに、向きになってどんどん描き込んだ、ははは、という感じだったと思います。
    2013年11月12日 01:48