・ エゴン・シーレが、16歳で描いた肖像画 発見

19世紀後半から20世紀にかけての、オーストリアのウィーン分離派、
象徴派、表現主義に影響されつつ独自の絵画を目指した、
と言われるエゴン・シーレ・Egon Schiele(1890-1918)

僅か28歳の若さで亡くなった彼ですが、
その彼が16歳、1907年に描いた、叔父のレオポルド・チハチェク
Leopold Czihaczek の肖像画、

失われたと思われていたのが、個人コレクションの良好な状態で
保存されていたのが見つかった、というニュースです。

こちら

1-schiele-copertina_GF.jpg

参考にした記事は、2022年5月20日付けの、
16歳のエゴンシーレが描いた叔父の肖像画、長く探されていたのが個人コレクションで見つかる、
Scoperto in una collezione privata un quadro dipinto da Egon Schiele 16enne, a lungo cercato. Lo zio ritratto


ピアノに向かう叔父のレオポルド・チハチェクの姿で、

如何ですか? サイトで見かける彼の強い、尖った印象の作品とは違い、
柔らかな印象と色の、印象波風の絵で、でもピチっと叔父さんの顔は決まり、
彼の弾くピアノの旋律が流れる様な、わざとぼかした楽譜、弾く手、と
既に彼の描く意図がよく分かる作品ですね。

叔父さんのレオポルド・チハチェクは、エゴンの父親が1905年に早すぎる
死を遂げた後、その姉妹の1人マリー・Marieと結婚していたレオポルドが
法定後見人となったそうで、

オーストリア王立国鉄に所属するカイザー・フェルディナンド-ノルトバーンの
次官兼主任検査官、公務員。

ウィーンのレオポルトシュタット地区のツィルクスガッセの彼のアパートには、
2台のピアノを備えた大きな音楽ホールがあったと!

1907年から1908年にかけ、シーレは数回叔父を描き、レオポルドは
甥から直接作品を受け取っていたそうで。

叔父さんとしては、勉学を熱心にさせ、国鉄でのキャリアを目指すように
させたかったものの断念、
絵の才能を大いに示す事からウィーン美術学校への入学を勧め、

1906年10月3日 レオポルド・チハチェクは妻のメリーに電報を、
「エゴンは見事に通った」と!


が、当時すでに68歳のアカデミー教授のクリスチャン・グリーペンケルの
関係は緊張をはらみ、古典的な描き方のみを教える授業に愛想をつかし、
彼と仲間の多くは1909年春にアカデミーを去り、

独学で、また自分の感性に近いアーティストと結びつき、当時は前衛的と
見られていた様々なスタイルを試し、成長し、

グスタフ・クリムトとの出会いもあり、ウィーンでの画家としての出発点で、
クリムトに経済的に安定する事を援けられます。

子供時代のトラウマ、父親アドルフの梅毒からの精神病の進行が彼の絵に
与えたと思われる陰気で憂鬱な世界のイメージ、

そしてクリムトと共通の要素、裸体と男性女性両方のセクシュアリティの描写、
クリムトの場合は女性ですが、シーレは自画像も含め、男性像も多い、
という絵画世界を広げていくようになります。


が、今回はシーレの成長期、叔父さんの肖像画に絞る事にしますね。

で、失われた、と思われていたエゴン・シーレ16歳の絵が見つかった、と
いう主題に戻りますと、

実は、この様に絵が飾られた部屋の白黒写真が残っており、
唯一の手掛かりだったそうです。

2-schiele-2_GF.jpg


エゴンが17歳の誕生日を迎える直前に描いた絵で、大きさは
60,2x100,7cm、厚紙に描かれたテンペラ画(多分グワッシュを指すと)

写真は1930年12月初旬に、グスタフ・フーバー・Gustav Huber
(1878-1945)が、マリー・チハチェク、叔父のレオポルドの妻、に
送ったもの。

で、このグスタフ・フーバーなる方は、エゴン・シーレと同様に両親の
早すぎる死の後、レオポルド・チハチェクから財政支援、法律の勉強の為
を受けていたそうで、
1945年に亡くなるまで、この絵を所有していたのだと。

つまりシーレと同様に財政支援を受け、後にオーストリア国鉄の取締役
に任命された時、フーバーはこの恩人の顔をいつも見れるよう、
肖像画をお祝いに貰い受けたのであろうと想像され、

絵の来歴由来としてはとても明確で、フーバーが亡くなった後は個人の
コレクションに入っていたのだそう。

写真の、壁のシーレの描いた絵の横の女性は、妻のマリー。



この若きエゴン・シーレの描いた絵は、現在ウィーン美術館に所蔵されて
いますが、

3-schiele_GF.jpg


作品の所有者は、レオポルド博物館に永久貸与する事に同意したそうで、
クリーニングと修復の後、

2001年に開設されたウィーンのレオポルド博物館に展示されるそうで、
収益から、いずれこの絵の買い上金が生まれる事を願っている、との事。

レオポルド博物館は、世界一のエゴン・シーレの絵の収集を誇っているそうで、
その中にあっても、この若き日に描いた叔父さんの肖像画は、異質の、
そして彼の早熟な才能をよく示している作品として、唯一となるでしょう。



shinkaiはエゴン・シーレの絵は余り好みではありませんが、

今回見つけたこの1914年、24歳の自画像、 物凄く利発な若者が、
絵の中から逆にこちらの様子、反応をうかがっている様なのが気に入り、はは、
最後にどうぞ!

4-Egon_Schiele_075_GF.jpg


彼は師でもあったクリムトと同じスペイン風邪で、1918年10月31日に、
クリムトも1918年2月6日と、同年に、彼より少し早く亡くなったのでした。

クリムト・ヴィッラ   クリムトの最後で唯一残る、ウィーンのアトリエ
https://www.italiashiho.site/archives/20210130-1.html


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!

     誕生日カード2021 - Copia_GF.jpg

*****
 
本家ブログには、 
北イタリアの素晴らしい秋の湖、黄葉  お勧め 8か所
をアップしています。  ご訪問、よろしくどうぞ!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけさせて頂きます。
をアップしています。  ご訪問、よろしくどうぞ!
posted by shinkai at 02:39Comment(0)・欄外