・ 水面 途中経過 と、  簡単にできる手作りマヨネーズ 作り方

2月末に見て頂いた水面を少し描き込みましたので、見てやって下さい。

運河の水面 トリエステにて   41x27,5cm 6号P

+DSC03983_01_GF.jpg

タイトルが余り気に入らないので、考慮中ですが、
以前はいつ見て頂いたのかと調べましたら2月25日で、

この日は白内障の手術の日だったのをよく覚えているので、
多分日本時間との時間差で、24日にアップしたのだろうと思います。

秋の日本から戻って以来、どこか絵に集中できないので、細かい仕事の絵を、
という様な事を書いていて、へぇ~、そうだったっけ? と。

現在は目の調子が、というよりも眼鏡がまだ新しくならずで、まだ不便ですが、
一応2か月間使った目薬の効果で視力が手術直後の状態に戻り、
眼鏡あり、無しの不便さにもなれ、ははは、何せもう4か月半過ぎましたものね、
不自由なりにお絵描きの毎日を過ごしていて、

来年春、本当に東京に行け、東京で個展が出来るのか、とは今の所深く考えず、
今できる事を、と描いています。


とにかく下描き、ペン描きしていた下図に色を入れ始めたのが一巡し、
2月末現在の絵に再度、という事で、

まずは上部の船が並んでいる部分に濃い目の色を入れ、形をとり、
水面の柄に左端をほんのちょっと色を入れ始めた所です。

水面の柄となると、途端に細かくややこしいので、なかなか進まず、
焦らずじわじわと進みたいと思っていま~す。


*****

今日の第2部   簡単にできる手作りマヨネーズ 作り方

先回の「シェフ・クラッコの卵の黄身のフライ」に続き、
自家製マヨネーズの作り方のレシピを。

1-maionese-fatta-in-casa-ricetta.jpg

見つけたサイトはこちら
自家製マヨネーズ: もし分離した時の対処法
Maionese fatta in casa: ricetta e come recuperarla se “impazzita”

マヨネーズは自分で作るととても美味しい、というのは良く聞き読むのですが、
どうもずっと混ぜるのが難しいらしい、と、いつも瓶入りを買っていますが、
今回見つけた物凄く簡単なレシピに驚くと共に、トライしたくなり
皆さんにもご紹介を。


所で、マヨネーズという言葉はどうして生まれたか、というのも書いてあり、
へぇ~、という様な事で、ついでにね。

マヨネーズ、と疑いなしにカタカナで書いていますが、イタリア語では何というか、
今回初めて発音と、はは、綴りを、「マイオネーゼ・maionese」と知りましたが、

この世界中に知られているマヨネーズの起こりは、なんと1756年の
フランスとイギリスの7年戦争中、メノルカ島、スペイン東の地中海にある島の
領有をめぐっての戦争で、イギリスが引いたため結果島の領有に成功した
フランスのリシュリュー元帥のコックが、少ない材料で作ったソースなのだそうで。

つまり、卵、塩、レモン、そしてオリーヴ油で、島の首都マホン・Mahónに因み
Mayonnaiseと付けたのだそう。
まぁ、他にもあれこれ説がありそうなノミネーションではありますがね。


2-ricetta-maionese-1024x453.jpg

さて、材料   4人分
・卵の黄身 2個  常温の事
・オリーヴ油 エクストラ・ヴァージン、またはピーナッツ油、向日葵油 250g
・白ワイン酢 大スプーン 2
・レモン汁  25ml
・塩 少量
・胡椒、または辛し 好みで

全ての材料は常温である事が基本!

作り方
・まず卵を割り、掌で黄味と白みを分ける
・ボールに、黄身、酢、レモン汁、塩を入れ、(胡椒、辛子も)
・電気撹拌機を使い、中度のスピードで上の材料を混ぜ、
 その中にオイルを大スプーん1杯づつ入れ混ぜるか、糸を引く状態で
 入れながら攪拌していく。
・この段階が一番大事な事で、必ず同じ方向で攪拌する事と、
 オイルをほんの少しづつ加えて行く事。 でないと分離する。
・こうしてクリーム状になったら出来上がり。
出来たマヨネーズはすぐ使うか、密閉容器に入れ冷蔵庫に入れ、
3,4日で使い切る事。 冷凍は勧められない。



という所でヴィデオを。 最初のはレシピ通りの伝統的な作り方で、

3-Cattura1.jpg




2番目のヴィデオは、全卵を使い、全部の材料をミキサー器に入れ、
卵の黄身にかぶせる様にして攪拌し始め、徐々に上のオイルを
加える感じで攪拌し、なんと3分程で出来上がり、という!!

4-Cattura2.jpg


最初のヴィデオでもオリーヴ油ではなく、白いオイル、ピーナッツ油とか
向日葵油を、と言ってますし、

2番目のヴィデオでも、彼はオリーブ油をほんの少しにしていて、
全卵で作ると、白っぽい、味も大変繊細なマヨネーズが出来るから、
オリーブ油だと少し緑色がかる、と。

一方、サイトによると、オリーヴ油を使うと、卵黄のみで作る場合、
マヨネーズの色がほんの少し濃いめになる、と。



もし、分離した時は、新しい卵の黄身を攪拌した中に、分離したのを
大スプーン1杯づつ加え攪拌し、上手く混ざった所で、酢、レモン汁を加え、
新しく作り直す感じで、というヴィデオも。

5-Cattura3.jpg



いやぁ、全部を最初に入れておいて、ミキサーでガーっとやる、中のスピードで、
というのが目から鱗で、これはちょっとトライして見たく、
我が家にはハンド・ミキサーがないので、安いのを買いに行こうか、なんぞと、
ははは、考えたりしています。
野菜スープの時にも、あると便利だしなぁ・・。


*****
   
本家ブログには、n.2 スコミーゴ村パトロール  夏の盛りに近づく葡萄畑と
をアップしています。
ご訪問、よろしくどうぞ!


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


    s2019誕生日 - Copia.jpg

*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。