・ 教会後陣描き始めと、 ベルギーの森のブルーベル 満開

ウンブリアのべヴァーニャの教会、後陣部を描き始めていますので、
見てやって下さい。

ロマネスク教会後陣  べヴァーニャ  18x13cm  0号

+DSC03947_01_GF.jpg

2月の末に白内障の手術を受けた後、左右の目の視力の差が
余りにも大きく、下描きをするにも眼鏡なしで、目を擦り付ける様にして
ペンで描き、そんなのが6~8号で6枚、小さな0号で5枚ほど貯まりました。

遂に、もういい加減に色を付け始めないと!と思い切り、墨入れをし、
色を付け始め、これは広い範囲を見る為に眼鏡をかけないとどうしようもなく、
それでも左右の目が半端なのに少し慣れて来たのか、ははは、
適当に見える所で色を付け始めています。
   
     
このモチーフは、ブログでご案内したウンブリアのべヴァーニャの町の
サン・シルヴェストゥロ教会の後ろ側の広場から見る、後陣上部。

長い事ほって置いた写真の落穂ひろい的に改めて調べ、書いたのでしたが、
写真も改めて見ると、これ描ける!描きたい!と、もう一枚、
この教会と向い合せにあるサン・ミケーレ教会の入り口の柱の上の天使像も、
こちらは少し大きく8号で描き出しています。

今この後陣部を描いていて気になるのは、まだ色の塗りがしっかり出来て
いないし、空の色、暗さの自覚が出来ていないから、と思いたいのですが、へへ、
内陣部分が薄く感じる事で、今後の課題です。


色を付けだしたらブログに、と思いつつ、ミケランジェロの壁画の凄さに威圧され、
はたまたヴィットーリオの絵に惑わされ、ははは、2度も自分の絵の写真を
撮るのを忘れ、アップするのが遅くなりましたぁ!

目について文句を言いながらも、真面目に描いているのを見てやって下さ~い。


*****

今日の第2部  ベルギーの森のブルーベリーの花、満開の写真を

今回は少しご案内が遅くなりましたが、こちらのサイトから
Belgio. Nella foresta delle bluebell la fioritura più bella degli ultimi anni.
Ma la vedranno in pochi

ベルギーのハレルボスの森・Hallerbosは、毎年4月の中頃には
青紫のブルーベルの花、イングリッシュ・ブルーベルの種、が満開を迎え、
このブナの森は、見事に彩られるのだそう。

100511844-63b860cf-0a95-45d6-8d70-e4d4a8942cb4.jpg

100512101-70c6509e-5cf5-4f04-9736-cd3345227f59.jpg

100512116-2b2bdb23-dcfb-4e46-841f-a14082bbc470.jpg



所が今年はコロナヴィールスの影響で、毎年1日に1万5千人から2万人もの
観光客が押し掛けるのが、幸か不幸か大変少なく、地元の人も
少数出かける程なのが、今年はいつに増して花が素晴らしいのだそう!

100513110-c555f5de-b3ca-48ce-b20b-075d1dfc0ad2.jpg

100512083-79a0101a-0829-4062-861c-45e933f10581.jpg

100511948-9e97bdc6-a233-4346-8c92-24dedbc85fdc.jpg



このハレルボスの森というのは、ベルギーの首都ブリュッセルから南に15kほどにあり、
ブルーベルの花の見事さで大変有名だそうで、花や景色の写真のプロも多く、
今年は大勢の観光客に踏みつけっれる事も無かったので、
来年はまた素晴らしい花が見られるだろうと、市長も楽しみにしていると!

100511523-33d7cb4a-059b-45e8-9254-0185d415b280.jpg

100511628-1eb05310-5b67-40c0-bbde-46573e0e6ec0.jpg

100511626-faa53d9f-afff-4c56-935f-6910b1e8e48a.jpg

121121213-30cda848-ec28-434c-8fee-b2cc641d3266.jpg

という様な事で、見事な花の写真をお楽しみくださいね!


*****
  
本家ブログには、
n.1 カステッロ・ディ・ドンナフガータ・逃げた女の城 ・ シチーリア、ラグーザ 
をアップしています。
ご訪問、よろしくどうぞ!


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


    s2019誕生日 - Copia.jpg 

*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。