・ n.2 絵画、彫刻の修復で、有名な、そして問題となった10点

先回からご紹介の、絵画、彫刻の修復で、修復後に問題が起こった、
何が問題点となったかの、研究者たち、巷からの、いわばゴシップの
争点のご紹介、n.2を。
  
サイトはこちら 
I 10 RESTAURI PIÙ FAMOSI (E DISCUSSI) DI SEMPRE

7. ベンヴェヌート・チェッリーニの「ペルセウスとメドゥーサの頭」
  Benvenuto Cellini, “Perseocon la testa di Medusa
  フィレンツェ、ロッジャ・デ・ランツィ展示

7-Perseus-an-the-hidden-self-portrait-of-Benvenuto-Cellini.jpg

ベンヴェヌート・チェッリーニの傑作とされる像ですが、これは修復の出来が問題と
なったのではなく、綺麗になった像を今迄通りに、シニョーリア広場に面した
ロッジャ・デ・ランツィに置くかどうかが争点になり、

市としては、今迄通り屋外に設置ではなく、ミケランジェロのダヴィデ像に倣い、
博物館に収納するよう切望したのだそうですが、
文化財保護管理局の意向で、今迄通りロッジャに置かれる事になったのだそうで。



今回ちょっと調べましたら、台座共の高さが519cmだそうですから、
それでもまぁ4m前後はある高さですし、
写真の角度によって表情がとても変わるのに驚いています。

7-c2719a3a097539eda340652e56fc50fe.jpg

7-9441d271278b7c7ebacf9b9aa68c396f.jpg



6. ミケランジェロ 「ダヴィデ像」・Michelangelo David  
  フィレンツェ アッカデミア美術館蔵

6-michelangelo-david.jpg

2002年にこのダヴィデ像の汚れ落とし、そう、長い間ヴェッキオ宮殿の前、
外に置かれていたので、やはりね、埃落としを・spolvelaturaという事で、
アニェーゼ・パッロンキ・Agnese Parronchiという方が指名され、

日本紙に蒸留水を含ませたものを軽く押し当て拭く様に、と言われ、
そうなんですよ、イタリアでの修復でも日本紙は大変重要な働きを
しているそうで、nihonsi は有名なのですよ。

が彼女は、ミケランジェロの作品は、決して、決して、いかなる液体でも
濡らす事は出来ません、と答え、即、他の人に替えられたそうで!

はい、結果は争点となった「濡らす修復」が勝利を得たそうで、ははは。



ダヴィデ像も台座108cmを含め520cmの高さ、部屋の一番奥に
威容を持って立っておられ、美しさに圧倒されます。

6-gpmhvm7p5wzs881vwvs4.jpg

6-david-face-760x985.jpg

6-galleria-accademia-firenze.jpg



5. チマブーエ作 「キリスト」・Cimabue Cristo 十字架像
  フィレンツェ サンタ・クローチェ教会

1966年のアルノ河の氾濫によって水浸しとなったフィレンツェの街。
その被害のシンボルともなったサンタ・クローチェ教会のチマブーエの
この十字架像。

5-Cimabue-Cristo-247x300.jpg

5-unnamed (2).jpg

中世13世紀に木製の十字架に描かれたこの作品は、水に浸かり
その湿気から70%が剥落し、余りにもの脱落、欠度が多く、
元の筆跡を辿る事も出来ない状態となっていて、

修復者のオルネッラ・カザッツァ・Ornella Casazzaと、パオラ・ブラッコ・
Paola Braccoはどう修復するかと考え、

軽い筆跡で他の残った部分とを繋ぐことのみにし、新しく「偽物」を
描かずに再建し、修復は成功したと。 
そうですね、どの様に修復するか、というのが難しい点ですね。



こちらが1966年以前の、被害前の作品状態で、

5-Cimabue_025-1200x900.jpg



こちらが今の様子。  

5-191310915-54fc9ebf-2ce2-4bfe-b190-2c1afaebd17b.jpg



4. マルコ・アウレーリオの記念騎馬像・Monumento equestre a Marco Aurelio
  ローマ カンピドーリオ広場から、カピトリーニ博物館に

4-Musei-Capitolini-e-la-piazza-del-Campidoglio.jpg

1990年代に長い修復期の後、この紀元後2世紀に作られたとみられる
世界で唯一の騎馬像、16代ローマ皇帝の青銅、金塗りの像が
大論争を巻き起こし、

つまり16世紀から置かれていたローマ市役所前のカンピドーリオ広場に
また設置されるかどうかで、遂には国民投票にまで発展するかという状態にまで!

現在はこの様にコピー像が置かれているのですが、評判は余り良くなく、ははは。

4-Roma_Statua_equestre_di_Marco_Aurelio_001.jpg



shinkaiが1985年にこの広場に行った時は、像は既に修復中で見ておらず、
その後のローマ行きではカンピドーリオ広場に行っておらず、
今回初めてこれを書くのに写真を集め見て、驚愕! これは凄い像だ!!

4-Marcoaurelio30000.jpg

4-Marco_Aurelio_bronzo.jpg

次回ローマに行くチャンスがあれば、博物館に見に行かなくては!!
ローマ人は本当に凄かったのねぇ!!

という事で、次回最終回をお楽しみに!


*****
   
本家ブログには、 n.1 イタリアの 「ラビリント・迷路」のある庭園10 のご案内
をアップしています。
ご訪問、よろしくどうぞ!


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


    s2019誕生日 - Copia.jpg

*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。