・ アッシジの描き始めと、 葡萄と石榴の熟れ加減は 


  アッシジのサンタ・キアーラ聖堂を描き始めましたので、
  見てやってください。

  朝のアッシジ  サンタ・キアーラ聖堂   5号

+DSC05026_GF.jpg
   
  8月の末だったか、この秋の個展に出品する予定の作品の、
  モチーフの土地分けリスト、
  つまりヴェネツィアのモチーフが何枚、ヴェネトが何枚、と
  調べてみたのですね。

  描き出す時は、その時の描きたい気分でモチーフを選ぶので、
  どの土地のが何枚か、なんて考えていませんので、
  一体どの位の偏差があるものか、ちょっと気になったのでした。

  で書き出してみると、
  なんと私の好きなウンブリアが、今回は一枚も無い!
  ああ、それはいけん、悲しいよね、と
  ではアッシジを1枚、アッシジの何を、
  緑の野原と、サンタ・キアーラ聖堂と2枚候補が出て、
       
  サンタ・キアーラの薔薇窓だけは描いたことがありますが、
  全体を描いたことは無いので、それに決め、
 
  下から見上げる形の、逆光のこのモチーフを。

       
  サンタ・キアーラ聖堂前の広場から、見える家並みを描いた時は、
  今見上げているこの場所、アーチも含まれていたのを、
  今回は逆の向きに描いているわけです。

  左手前の家が実際の中では明るいのを暗く落とし、
  まだまだ色も決まらず、

  聖堂の正面扉両脇のライオンの位置が左右で少々狂い、
  と、鐘楼が少し不安定な形になったのを直さないと!

  聖堂とこちらの中間に挟まる緑の木々の描き方に、
  また悩まされそうな予感がしますが、はぁ、頑張りますです。



 *****

  今日の第2部  葡萄と石榴の熟れ加減は
       
  8月の末に撮った写真ですが、石榴と葡萄の良い色のが
  ありましたので、ご覧下さいね。

  近くの村に出かけた時のもので、
  石榴はまだ少し早いものの良い色になって来ていて、
  も少しすると真っ赤になって、甘い甘い石榴が食べれます。
2-R28_7567_01_GF.jpg
3-R28_7568_01_GF.jpg
     
    
  イスタンブルに行った時、石榴の美味しいジュースを何度も飲みましたが、
  こちらイタリアのも食べると本当に甘いのですよ。
  日本のは、石榴、と聞いただけで口の中に唾がわくほど酸っぱかったですが、
  やはり種類が少し違うのかもですね。




  農家のお家の前にあった小さな葡萄畑の葡萄が、
  かなり良い色に熟れていました。
  粒も大きめで、これはもう食べられそう!というのが
  秋の日に輝いていましたが、
  ひょっとするとお家で食べるように植えた種類なのかも。
4-R28_7639_01_GF.jpg
5-R28_7638_01_GF.jpg
6-R28_7642_01_GF.jpg
     

     

  というのも、これは同じ日に撮った隣の畑の葡萄です。
  粒の大きさも様々ですし、色もまだまだでしょう?
  多分、こちらがワインになる種なんだと。
7-R28_7647_01_GF.jpg
     
   
  漸くにこの月曜12日から、プールへ通う道筋の葡萄畑で
  葡萄摘みをしているのを見ましたし、
  翌13日にはトラックに満載の青い実を積んでいくのを見ました。

  生憎今日木曜はまた涼しく、小雨も降ったりで、
  この時期の葡萄栽培農家は、お天気と畑とを見比べ続けている事でしょう。


 
 *****

  ただ今本家ブログには、ヴォルテッラの洗礼堂、ドゥオーモ、エトルスク門
  をアップしております。   
  http://www.italiashiho.site/

  ご訪問、よろしくどうぞ!