・ ヴェネツィアの途中経過と、描かれたヴェネツィア 


  デッラ・サルーテ聖堂の途中経過を見てやってください。

  ヴェネツィア夕暮れ・サンタ・マリーア・デッラ・サルーテ聖堂

+DSC04399_GF.jpg   

  全体に描き込んで来ていますが、まだまだ・・!!  はぁ~。

  まず大聖堂が真っ直ぐ立って見えるように、ははは、
  おおいに気をつけて訂正もしたのですが、どんなでしょうか?

  今の所、全体の明暗を描き込むのに精一杯で、、
  色の調和というような事はまだ余り出来ておりませんで、

  空の色も、写真の中で実際よりも濃いピンクに見えますが、
  トーンを付けてみないと聖堂の描き込みの調子が見えないので、
  全体に半分塗りこんでみましたが、

  空の色と空気感、左に延びる建物の色と、
  聖堂のライトアップの色の調子などなど、

  まだまだで~す。 
  頑張りま~~す!!



 *****

  今日の第2部  描かれたヴェネツィア

  所で今描いているデッラ・サルーテ聖堂を描こうと思ったのは、
  何に触発されたのかといいますと、

  サイトで見つけたこの絵だったのですね。

2-1917lasucrerieaucrepuscule.jpg    
       
  随分違うので驚かれるかもしれませんが、ははは、
  画家名は調べなかったのですが、1917年の作品だそう。

  こんな風に、自分がこれは描きたい、描けると思いつつ、
  では、と即に描きだせる訳ではなく、勿論私はですが、
  そういうモチーフを頭の中で暖めつつ、
  何かの折に、そうだ!と出てくる気がしますので、

  サイトで眺めて、ああ、良い色だなぁ、とか、
  あ、この空気、とか、何かピッと触れる気がした時には
  自分のPCにファイルしていて、
  そんなのが土地ごとにたくさんあります!
       
       
  という訳で、
  今日はヴェネツィアの描かれた風景を何枚か、ご覧頂きますね。

  こちらは、ターナーの水彩画。
 
3-tur2-2.jpg
           


  これも水彩ですが、画家名は分らず、黄昏時。
4-tramonto-a-venezia.jpg
     



  1851年 エドワード・ウィリアム作 油彩。
5-Edward_William1851.jpg
     



  画家名、制作年分らず。 
  でもこの光りと空の色、よく納得できるのです。
6-QUADRI96s-.jpg
          



  カルロ・ブランカッチョ作。 
  これは同じモチーフを私も抱えているので、ははは。
7-Carlo-Brancaccio.jpg
     



  モネの作品を2枚。 この空気感と光り!
  ですが、彼らの作品は写真によって、色が皆違うので・・。
8-view-of-venice.jpg
9-monet.jpg
     

     

  これも少し古い作風の感じがしますが、
  この光りと空気も良く分るので。
      
10-Rubens-Santoro-Venezia.jpg
     

  と言うような事でした。
  興味を持って見て頂けると嬉しいですが、
  他の土地のは如何かな? 



 *****

  ただ今本家ブログには、
  モデナの街歩きちょっぴり シナゴーガ、市役所、軍士官学校
  をアップしております。  
  http://www.italiashiho.site/

  ご訪問、よろしくどうぞ!