・ 仕上げにしたい2枚と、野生のクリスマス・ローズ 

1-valentino_GF.jpg
    
  これを書いている今日2月14日は、ヴァレンタイン・デイ。
  こちらイタリアでは愛の日、愛する2人の日で、
  決して女性から男性へのチョコレートの日ではないのですが、はい、
      
  ちょうどこの日に、生憎とブログ更新がぶつかりましたので、ははは、
  いつもご訪問いただいている皆様に、大和撫子の端くれとして、
  心をこめての義理チョコを贈りま~す!! 


 ***

  仕上げにしたいと思っている2枚、描き込みましたので
  見てやって下さい。

  夏の夜 ヴェネツィア・アルセナーレ付近

2-DSC04008_GF.jpg   

  先回の後描き進めたのは、空の色の斑つぶしと、
  家の屋根と壁、道の暗さ、そして水に映る光の反射を強く。

  街灯などもほんの少し大きめに、岸のボートの明かりと、
  ヴァポレットの明かりも、描き入れました。

       
  はいえ、こうして見ると空の色斑がまだ分りますので、
  もう一度手を入れるつもりですが、
  大体こんな感じで、仕上げにしても良いでしょうかぁ?




  納屋の窓・ドロミーティの山の家

3-DSC04013_GF.jpg   

  写真は、ちょっと壁の茶色などが濃い目に出ていまして・・。

  先回平板になっていた花の部分を描きこみ、
  周囲の陰、とりわけ花の下部分も濃くしました。

  まだまだ花の色の発色が、白以外は上手く行かず、
  葉っぱの色も以前よりは濃いものの、まだ余り変化が出ずで、

  ちょっと気になる部分があちこちなのですが、
  少し草臥れ、
  これで少し寝かせようと思っています。


  新しく6号の下描きも始めていますので、
  気分を変えて、次回に見て頂きますね。



 *****

  今日の第2部は、 野生のクリスマス・ローズ

  葡萄畑の脇とか、林の奥に入って行くと、
  見かけるのが野生のクリスマス・ローズ。

  花の丈も低く、大きくてもせいぜい20cmほどにしかならず、
  花の色も緑色だけ。
  ただ葉っぱの色は銅色に近いのとか、花弁も丸め、尖がり気味
  という違いはあります。

  先日雨の間の快晴の日、撮りに出かけたのを見てやって下さい。
 
4-DSC_4079_GF.jpg
5-DSC_4090_GF.jpg
6-DSC_4089_GF.jpg
7-DSC_4094_GF.jpg     
     

    

  これは月桂樹・ローリエの若芽、林の奥で。

8-DSC_4083_GF.jpg     

  かっては勝者の冠にも使われた木の枝、葉ですが、今も時に見かけます、
  こちらでは庭に植えられたりしているので、
  車の埃のかからない場所のを見つけると、何枚か失敬し、
  洗ってさっと干し、野菜スープや煮込みに使います。
 


 *****

  ただ今本家ブログには、
  スコミーゴ村 春近し ・ 馬 葡萄畑 野草の花 犬
  をアップしております。
  http://www.italiashiho.site/

  ご訪問、よろしくどうぞ!