・ ヴェネツィアのピンク2枚 途中経過と、 晩秋の戸隠 


  ゴルドーニの家中庭と、ブラーノ島の洗濯物、
  描き込んでいますので、見てやってください。

  ゴルドーニの家 内庭

+DSC03162_GF.jpg

  先ほど先回見て頂いたときの写真と見比べてみたのですが、
  大きく目に見える程の違いはありませんで・・、むむ、
       
  ですが、壁も全体に描きこみ、手前の壁の色も一段濃く、
  階段の奥の壁も描きこみ、階段アーチの奥の煉瓦壁も、
  そして階段の手すり、アーチ、壁、角柱も。 
  内庭全体の色を整えるのに、はぁはぁはぁ・・。

  階段を支えるアーチの一番左の柱の位置を、3mmほど下に下げ、
  その右のもそれに合わせ下げました。
  これで階段の向きと内庭の関係が収まった気がします。

  そうそう、右の壁の膨らみ、傾きも修正し、
  今回写真アップして気がついたのは、
  内庭の天井の梁の色が濃すぎますね、と、天井の傾斜がきつい事。
  これは訂正します。

  まだ井戸も手を入れておらず、地面も濃淡を入れた程度で、
  後まだまだ頑張らないといけない部分がたくさん!

  が漸く、仕上げに向かっての方向が見えてきた気がしているので、
  後ひとふん張り頑張りま~~す!




  ブラーノ島の洗濯物

+DSC03163_GF.jpg   

  これはちょっと写真でのご説明が難しいのですが、
  全体にピンクの色が濃い目、派手目に写っておりまして、
  それを念頭において見てやって下さい。

  先回に見て頂いた時に出た色よりも、も少し濃い目、
  コクのあるピンクにしたくて全体に塗りこみました。

  そして、洗濯物の陰色をも少し濃い目に、
  白黒シャツの黒色も濃く、奥の窓の中、鎧戸の茶色も濃く、
  右の緑の壁もも少し塗りこみました。


  という所で、これはもう満杯で~す!
  終わりにしたいと思いま~~す。



 *****

  さて今日の写真は、友人のYsちゃんから届いた
  長野は戸隠神社の奥社への参拝道と、
  飯綱高原からの日本アルプスの眺めです。

  ご本人にはまだアップの了承を得ておらずですが、ははは、
  Ysちゃん、拝借したからねぇ。

  戸隠神社は私の子供の頃の記憶の残る場所でありまして、
  両親と行ったり、小学校の夏の林間学校で行って、
  部屋の電気を消した中で怪談を聞かされたりで、ははは。

  友人は大阪から戸隠まで夜行バスを利用してスキーに通うので、
  お蕎麦や地酒の話を聞かせてくれるのですが、

  10月の末に飯縄高原から戸隠中社まで歩いたそうで、
  その時の写真です。

  戸隠神社の中社から奥社にかけては、奥深い杉木立の並木が続き、
  昼も薄暗い記憶が残っていたのですが、
  意外と明るいのに驚き!
  ですが、周囲の木々の紅葉が済み、落葉して明るいのだと気がつきました。
3-DSCN0543.jpg
4-DSCN0548.jpg
5-DSCN0551.jpg
6-DSCN0552.jpg
    

       
  
  かなりの参拝客がおられ、外人さんの姿も見えますねぇ。
  いつかまた、再訪してみたいものです!
7-DSCN0553.jpg

      
  こちらは戸隠スキー場の瑪瑙山から下るコースだそうで、
  草原になっているのが、スキー場なのでしょうね。
  後2ヶ月もしたら、滑りに行く、との事!
  
8-yosi-togakusi1.jpg
         
9-yosi-togakusi2.jpg
       
  遠くの冠雪の山々は白馬連山、右手前が戸隠連山、
  左手前にちょこっとあるのが一夜山だそう。
   

  この写真の背景にもちょこっと見えましたが、
  切り立った戸隠連山の山々は、今も変わらず記憶に残るまま!

  仕事にも、オフのお出かけにも忙しい彼女ですが、
  しっかり撮って送ってくれる様に頼んでおきましょう。
  Ysちゃん、宜しくねぇ!!



◆ 展覧会のご案内 ◆

  私の絵の師二木一郎さんの、諏訪の絵画教室のメンバーの小品展が、
  この秋、私も個展をさせて頂いたギャラリー橋田さんで開かれます。
10-138s-.jpg
11-137s-.jpg
  
  どうぞお出かけご高覧下さいますよう、ご案内申し上げます。

  二木さんのブログはこちらに。
  http://blog.goo.ne.jp/futa2560



 *****

  ただ今本家ブログには、モンティッキエッロ再訪 ・ トスカーナの小さな村
  をアップしております。
  http://www.italiashiho.site/

  ご訪問、よろしくどうぞ!