・ トスカーナ  Toscana 


◆ 雲海の朝 サン・ジミニャーノ  42.7x27.5  6P大
  Nuvole basse di un mattino a San Gimignano

+DSC02077_GF.jpg   


DSC_3785.jpg

  サン・ジミニャーノの町は23年ぶりの再訪で、あの鄙びた雰囲気の
  中世の町に再会できると、とても楽しみにしていたのです。

  所が、到着したのは物凄い観光客がうようよしている大駐車場で、
  隣には大スーパーまで!
  土地勘を完全に失い、半ば呆然の到着再会で、まさに浦島たろこちゃん。
  町中も建物こそ変わらずですが、すべてバール、レストラン、みやげ物店で、
  昼日中は観光客で埋まり、まさに有難いまでの世界遺産指定効果!
  大いに楽しみにしていただけに、がっくり来たのでしたが、

  一つだけ素晴らしいプレゼントを貰ったのが、


  この雲海の朝焼け!
  夜明け前のブルーの雲海が渦を巻いて流れるのに、
  徐々に朝日が射しこんで来てピンク色に染まり始める!

  幻滅のすべてを帳消しにできる、ははは、  
  初めて見た素晴らしい雲海でした!!






◆ 5月のトスカーナ 雨上がり   44.5x28  8M相当
  Maggio toscano dopo la pioggia

+DSC02102_GF.jpg   

   
DSC_3797.jpg

  オルチャの谷の北端近く、サン・ジョヴァンニ・ダッソの町があります。
  町といっても家並みがちょっぴりの通りが1本と、威容を誇る中世の城が
  高台にあり、白トリフで有名な町、らしいのですが、

  城の前を前日通り、余りの威容に何かありそう!と再度出かけたのが、
  見事に空振り。 城はホテルとなっていて入れず、バールを探す程の町!


  ですが、この町から東に30分ほどの距離にあるモンティージの町
  との間の景観が素晴らしかった!


  遅い春の訪れで、おまけに午前中が雨だった事もあり、
  起伏する雄大な丘がしっとりと淡い緑色で覆われ、遥かにずっと!

  少しひんやりする風に吹かれながら、春たけなわの鮮やかさと違う緑の景色を、
  何度も車を停めては眺めたのでした。






◆ 目覚め行く平野 ヴォルテッラ  41x27.5  6P
  Il risveglio della pianula di Volterra

+DSC02137_GF.jpg   


DSC_3815.jpg
   
   
  ヴォルテッラの町は古く、なんと3千年以上もの歴史を持つ町なのだそう!
  単に古い建物が残っているだけでなく、町を囲む風景が少し特異な印象、
  という20数年前の記憶で再訪しましたが、期待は裏切られませんでした。

  広大な起伏の平野、というより「荒々しく起伏する広大な平野」のイメージ、
  シエナのクレータとも、オルチャの谷ともまた一味違うヴォルテッラの平野。


  赤い朝の陽が、531mもの高所に位置する町越しに、
  いま町の西に開ける平野に届き、起伏する荒土の平野がゆっくりと姿を現し、
  町の麓の大地にはまだ夜が残っている・・。
  そんな素晴らしく広大な光景が目の前に展開され、見れる喜び。 ご想像を!


  ヴォルテッラに残るローマの遺跡も、エトルスコの博物館も良かったですが、
  私には周辺風景の素晴らしさを再確認できたのが、大きな収穫。






◆ ピエンツァ 5月の朝   41x25.5  6P相当
  Mattina di maggio a Pienza

+DSC02289_GF.jpg   


DSC_3810.jpg   

  ピエンツァの町の中を東西に抜ける中心のロッセリーノ通り。
  通りの名は、教皇ピオ2世からルネッサンス風理想の町にするよう要請され
  働いたベルナルド・ロッセリーノに因みますが、
  この道の南側は、昼はいつも陰の中。


  町のすぐ外の宿に泊まった朝早く、お天気が良いのを幸いに朝食前に
  出かけると、
  いつもは陰の中の壁も、射しこむ朝陽にその姿、色を見せてくれ、
  日中とは違う印象の強いモチーフが得られます。


  今、建物の壁にお向かいの家の影が映り、古い石の壁に挟まった扉も、
  扉の片側だけをいつも使っていて、そこだけすり減った入り口の石も、
  射しこむ光に近いほうの壁の花鉢がやはり元気なのも、ははは、
  朝のこのひと時の朝陽があるからこそ、主役として語りかけてくるのかも。






◆ 緑の中の家 モンテプルチャーノ  34x21  4P
  Casa sulla collina verde a Montepulciano

+DSC02155_GF.jpg   


DSC_3813.jpg   

  モンテプルチャーノは、オルチャの谷のピエンツァから山越えをする
  キアーナ谷に位置し、ここもまたワインの美味しいので有名な町。
  そうそう、エトルスク時代からの地下のワイン蔵を見物した時に、
  先の見学者がワンちゃん連れなのにちょっと驚いた記憶もあり・・。

  海抜605mもの高所にあるせいか風が強く、5月初旬の雨上がりの
  曇り日には震え上がり、見晴らしの良いサン・フランチェスコ修道院から
  撮った写真には、何十キロも離れた小さな町が写っているのを確認したりも。


  以前初夏に訪れた時は、今回のこのモチーフの谷がちょうど麦刈りの最中で、
  トラクターが畑の中でウンウンと動き回っているのも見ましたが、
 
  トスカーナの魅力入門初心者だったその頃はまだ麦畑に余り惹かれず、
  もっぱら古い小路や壁を探し回っていましたっけ。






◆ こぼれ陽の壁 モンテリッジョーニ  27.5x22  3F
  Chiazze di luce sul muro a Monteriggioni

+DSC02166_GF.jpg   


DSC_3806.jpg

  この小さな楕円形の、丘の上の周囲を城壁で取り囲まれた町は、
  ダンテが「王冠を戴き・・」と「神曲」に謳う13世紀初頭からの町。

  元々はシエナ共和国がフィレンツェとの前線要塞基地として造った町で、
  14の見張り塔のついた500mを越す城壁が、
  中世のままの面影を宿す町を囲みます。


  古い町の古い建物の壁は長い年月を経て、魅力的な色とすり減り具合で、
  修復されたばかりの建物の壁と古い扉も、以前モチーフに。


  今回は、町の真ん中の広場に面したレストランの壁に小さな葡萄棚があり、
  暑い日中、壁にちらちらとこぼれ陽がそそぐ様子を。

  再訪した日はこのレストランはお休みで、すぐ隣の店で食べましたが、
  前回同様に美味しいお昼に大いに満足しましたっけ。
   




   
◆ 7月のトスカーナ 麦秋  34x22  4P
  Campi di grano in luglio - Toscana

+DSC02123_GF.jpg   


DSC_3800.jpg
   

  「オルチャの谷」一帯でユネスコ世界遺産指定も受けているこの地は、
  東はピエンツァから西はモンタルチーノまで、そしてその中間にある
  サン・クイリコ・ドルチャから南のラディコーファニ辺りまでを指しますが、

  波打つ大地の広大さ、起伏の雄大さから言うと、独断をお許し頂けるなら、
  ピエンツァ~モンタルチーノ~カスティリオーネ・ドルチャ辺りが一番!


  最初に出会った時は素晴らしい!とは思ったものの、荒々しくもある
  大地の広がりに飲み込まれ、到底描けそうにも思えませんでした。

  が2度、3度と季節も変え訪問するたびに、この地の魅力に引き寄せられ、


  今は何とかあの広大さを、あの地が持つ独特の魅力ある空気を、
  あの波打つ麦畑を描きたい、と思っています、強くつよく願っています!






◆ 紫陽花の咲く頃 ピエンツァ  27.5x22  3F
  Quando fiorisce l'ortensia a Pienza

+DSC02120_GF.jpg   


DSC_3796.jpg
   

  トスカーナのオルチャの谷の中心ともいえるピエンツァの町。

  15世紀にこの村出身の教皇ピオ2世が、自分の生まれ故郷を、
  ルネッサンス様の理想の町に造り変えるべく奮闘した事でも有名ですが、
  世界遺産に指定され、今もこじんまりと可愛い町並みが残ります。


  雨上がりの朝、しっとりと濡れた古い町の壁が良い色を見せ、
  鉢植えの大きな白い紫陽花が匂いたつよう。






◆ ヴォルテッラの朝  25x19.5  2号相当
  Una mottina a Volterra

+DSC02162_GF.jpg   


DSC_3783.jpg
   

  朝日を見るため撮るため、早朝6時半には宿を出て眺めの良い場所に。

  ヴォルテッラの宿から真っ直ぐ西に出た所で待つうちに、
  空がピンクに染まり始め、その時になって並木が邪魔なのに気がつく!

  わっ、わっ、どの場所が良いのだろうと焦りながら考え、
  そうだ、テアトロ・ロマーノに行こう!と町なかの道を走り、古代ローマ遺跡に。

  かってのローマ期の劇場跡が下に広がる町の城壁に、はぁはぁと着いた所で
  自分の直感が当っていたのが嬉しく、大喜びで朝焼けの空を独り占め!
 
 
  平野の遠くが雲海に霞み、雲海の雲が渦巻くのも見え、
  空のなんともいえない薔薇色、薄紫、そして朝が来るグレイ!
  遠くに見える教会の壁が朱色に染まり始め、手前の丘も徐々に赤く。
 

  そう、こういう朝には毎日は出会えない事を知っているので、
  尚の事じっくりとね、味わいます。





・ ヴェネト  Veneto 


◆ 忘れられた自転車 アーゾロ  45x34  8P
  Bicicletta abbandonata a Asolo

++DSC02096_GF.jpg   


DSC_3812.jpg   

  アーゾロの町はヴェネト平野の北西の端近く、海抜200mほどの山の上、
  片田舎という位置に関わらずどこか瀟洒な雰囲気が漂う小さな町。

  ローマ期からの古い歴史ある町ですが、ヴェネツィア共和国時代の15世紀、
  共和国の養女という身分でキプロス王に嫁いだカテリーナ・コルナーロが、
  夫と息子の死後ヴェネツィアに戻りこのアーゾロの地を領地とし、
  城を築き宮廷文化を持ち込んのが、
  このアーゾロの町の発展に繋がったと言います。
  
  かってはヴェネツィアの著名人たちがこの地に別荘を持つ事が、
  ステータス・シンボルだったという小さな町ですが、

  町の片隅のこの古道具屋さん的骨董店の前に、いつもある古自転車。
  私が知ってからもう何代目かの古自転車が、今も。

  いつか描きたい! とずっと思っていたのがやっと実現しました。
  





・ ヴェネツィア  Venezia 


◆ 船出 ヴェネツィア  32.5x24  4F相当
  Verso la meta ...

+DSC02080_GF.jpg     


DSC_3782.jpg     

  ヴェネツィアには400を越える橋があるといわれますが、
  まぁ、余り街外れではない、ゴンドラが往き来する率の多い街中で、
  橋の上に立ち、ゴンドラがやって来る方角を見定め、カメラを構え、
  自分の足の下から、にゅっとゴンドラの舳先が現れるのを待ちます。

  こうして今まで何枚も撮っていても、気に入りの写真はほんの何枚か。
  余り乗り込んでいる人数が多いのも気に入りませんし、
  こちらを見てにっこりしてくれるのも、ダメ、ははは。


  こうして撮った中で、ボクが一人舳先に向こう向きに座り指を指しいるのが、
  黒塗りのゴンドラに反射する周囲の色も、水に映る建物の陰も含めて文句無く、
  一番のお気にいりでしたが、描くのをためらっておりました、・・なぜか。

  所がある日ふと、「船出」というタイトルが頭に浮かび、
  よし、描こう! と思い切れたのでした。






◆ ヴェネツィア 運河を渡る陽  41.5x27.5  6P
  Una lama di luce illuminata l'acqua del rio a Venezia

+DSC02059_GF.jpg     


DSC_3791.jpg     

  素晴らしかった! もう一度見れたら!と記憶に残る風景はありますよね、
  どなたにも。
  私には、ヴェネツィアのこの運河の風景がその一つでした。


  この小運河の、この建物の白い入り口、これは小舟やゴンドラの入り口ですが、
  ここにちょうど運河の向かい側の建物の隙間からの陽が射し込み、
  鮮やかに見えたのを、何年も前に見て記憶に残っていたのが、
  なんと、思いがけなくも再会出来たのでした!


  季節、時間帯、お天気の良し悪し、様々な条件が重なっての事ですから、
  私がわぉ~!と喜んだのもお分かり頂けるかと・・。


  となると、頑張って、思いを込めて描くしかありません!
  という、裏の私的事情あるこの場面です。






◆ 夏の朝 ヴェネツィア・ムラーノ島   36.7x24.5  5号相当
  Mattina d'estate a Murano, Venezia

+DSC02151_GF.jpg   


DSC_3816.jpg   

  朝早くヴェネツィアに向かい、ムラーノ島に渡って8時頃だとまだ観光客
  の姿も見えず、勿論店も閉まっていて、町の人たちの姿もまばら。
  ボートも動いておらず、教会のすぐ近くの橋の上から見る運河の水も穏やかで、
  小路から運河に射しこむ光の道が2筋。


  あ、これはいける、と描きだしたものの、いつもの事で後先考えず飛びつく私、
  ははは、本当に最初の主題にそっての仕上げが出来るまでの長かったこと!






◆ 月に飛ぶ  33.5x24.5  4F
  In volo verso la luna

+DSC02152_GF.jpg   


DSC_3790.jpg   

  ヴェネツィアのサン・マルコ小広場、カナル・グランデに向って開ける
  この広場には2本の円柱が立ち、
  広場側から見て左にヴェネツィアの守護聖人であるサン・マルコの
  シンボルである有翼のライオン君が、右の円柱には、サン・マルコ以前の
  守護聖人だった聖テオドールが鰐の背に乗った姿で。


  夕暮れから夜に向う時間に広場にいて、何度もライオン君の向こうに月が、
  ときに満月も眺めていて、いつの間にかブルーの空と共に描きたい気持ち・・。


  で描き始めた時は、確かに月はいつも見る様にライオン君の鼻先遠くに
  小さかったのが、
  いや、やはり大きな月を! という気持ちに、手に任せているうちに、この大きさ!
  大好きなこのブルーの色と共に、翼を持ったライオン君と共に、
  shinkaiの心も飛ぶ時があるのですぅ。  ははは、言わせてぇ!





◆ ムラーノ島の午後 ヴェネツィア  26x16.5  3M相当
  Pomeriggio a Murano, Venezia

+DSC02281_GF.jpg   


DSC_3793.jpg   

  ヴェネツィアのガラス製造の島として名高いムラーノ島。
        
  その起こりは度重なる火災を防ぐのと、当時は門外不出のガラス製造の
  技術を持つマエストロ達をいわば監禁する為に、
  ヴェネツィア本島から13世紀末に移されたと言います。


  ヴェネツィア本島と同じ様に幾つかの島を橋でつないだ島で、
  まさにたくさんのガラス製造の工房や店が立ち並びますが、
  どことなく長閑でのんびりムードが漂う島。
  建物が一体に低く、空が広く、運河の突き当たりには海が見えます。


  ここはかなり島の外れで、「ヴェネツィアの赤」と呼ばれる赤茶色のアーチと、
  古い赤めの煉瓦壁を描きたく、ついでに猫ちゃんにも参加をお願いし・・、はは。
   





◆ 橋を渡って  ヴェネツィア  25.5x20.8  3P相当
  Passando il ponte a Venezia

+DSC02056_GF.jpg     


DSC_3784.jpg     


  ヴェネツィアの街を歩く。
  細い小路を抜け橋を渡り、また小路を行き、目の前に広場が現れ、また小路に。
  いつも細い運河に出会い、離れ、また運河沿いを行き橋を渡る。

  向こうの橋が見える時、誰か渡る人が来るのを待ち構え、
  ちょうど狙っていた様子の人が通ってくれると、内心にんまり。


  冬の寒い、でもお天気の良い日、
  細い陽が射しこんで明るく輝く壁、
  それが運河に反射しての明るい波紋、を向こうの橋に見つけ、
  暫く待ったものの2度学生達が通ってくれ・・。


  
  ですがこの気に入ったモチーフは、
  描き出してから結局3年越しの仕上げになりました・・!
   






・ 花  fiori 


◆ たんぽぽ  16x10  0号
  Soffione

+DSC02110_GF.jpg       


DSC_3801.jpg              

  我がスコミーゴ村でもどこでも、あの丸い白いたんぽぽの落下傘部隊を見ると、
  写真を撮らずにおれず、 ・・そして、
  いつか描きたい!とずっと思っていましたが、このたび漸くに。


  早春の色は?と頭に浮かぶのは、やはり柔らかな明るい淡い緑色。
  緑色は難しく、自分の出す緑色が上手く綿毛の柔らかさや丸さと
  折り合いが付くようにと願いつつ、
  一つだけ落下傘が飛びだしそうな姿に。

  上手く飛んで行けます様に!






◆ 待春  野生のクリスマス・ローズ   23.3x16.5  2P相当
  Elleboro selvatico  

+DSC02048_GF.jpg   


DSC_3794.jpg   

  私の住むスコミーゴ村は、コネリアーノから約6kほど北にあり、
  起伏する丘に葡萄畑が広がり、四季の移り変わりを身近に感じる、
  とても気に入っている田舎。
 

  葡萄畑の間を奥に入って行くと、隣のオリアーノ村との間の低地を
  湧き水が流れ、
  年々広がる葡萄畑の為に少しずつ伐採される小さな林があり、
  春に先駆けて咲く、野生の緑色のクリスマス・ローズが咲きます。
 
  栽培種と違い花の丈は低くて10cm位が多く、大きくても20cmほど、
  花弁も丸いのや、少し尖ったの、葉の色も緑色だけでなく銅色のものも。

  2度ほど種を採取して日本に送り、あちこちで大事に育てて貰い
  花を咲かせている様子で、
  ほのかな爽やかな香りがする、ともお知らせを頂きましたっけ。








・ ウンブリア ・ Umbria 


◆ アッシジの夕暮れ 聖堂に灯りがともる頃  53x41  10P
  Il tramonto accende la luce la Basilica di Assisi

+DSC02278_GF.jpg   


DSC_3787.jpg   

  アッシジの町の夕暮れを待つのに、聖堂前の広場から小路を上に行き
  中に少し入り込むと、ちょうど聖堂がこの位置から見渡せる
  三角の小さな小さな広場があります。
  カメラを持った先客が陣取っている時もあれば、小声で話すカップルも。


  春先の太陽はかなり北に寄って落日で、鐘楼に隠れるかと心配したり・・。
  平野の向こう、ほぼ水平の低い山に隠れる太陽はとても魅力的ですが、
  その後に来る空の色の変化はもっと華麗で、貪欲に撮りながら見つめます。


  アッシジに一直線にやって来る道や、家並みに明かりが見え始め、
  そして日没後にそろっと聖堂のライトアップが始まります。
  空が暗くなるにつれ、徐々に光の輪が広がり強まって行き、
  とっぷりと暮れた濃紺の空に聖堂が明るく浮かび上がるまで、
  立ち去りがたく眺めます。


  この絵は描きだしてから本当に長くかかりましたが、その分思いも深く、
  今漸くに仕上げと出来た事がとても嬉しいです!






◆ アッシジの朝  36.2x25.5  5号相当
  Mattina ad Assisi

+DSC02173_GF.jpg   


DSC_3804.jpg   

  アッシジの町の心地よさ、というのは何に例えられましょうか?
  中世から殆ど変わっていないのだろうと思える大筋の町の姿と共に、
  町の根本にある聖フランチェスコ聖堂が示す「平和と祈りの町」である事、
  そしてこの町に住む人達がいとも自然に中世からの町や生き方を、
  今も保っているからでしょうか?

  勿論観光地としても大いに賑わっているのですが、
  単なる享楽の観光地ではない事が大切な点なのだろうと思います。

     
  そして町を囲む緑豊かなこの地、
  町自体がスバシオ山の中腹に広がり見晴らしが良いこと!


  毎日きつい坂道を、石段を上り下りするのは脚にこたえますが、はい、
  それでも滞在するのは喜ばしく、
  せっせとアッシジの素敵さを自分の内に溜め込むべく、
  往ったり来たり、貪欲に!






◆ 春の朝 アッシジ  18x13.5  0号
  Mattina di primavera ad Assisi

+DSC02051_GF.jpg       


DSC_3802.jpg    


  アッシジの町は東西に細長くモンテ・スバーシオ山の中腹に広がり、
  町の西の端にあるサン・フランチェスコ聖堂には、
  中世に生きたこの聖人を偲ぶ参拝客が絶えません。

  2層に重なる聖堂の下に広場が広がり、両脇に通廊・ポルティコがあり、
  この描いた景色はその南側のポルティコの窓からの物。

 
  これは、アッシジの鉄道駅から町に向う平野の道がまっすぐにやって来て、
  町を見上げながらカーブの急な坂道にかかる場所で、
  緑の畑は小麦畑でトラクターの跡が見え、
  明るい灰緑色はオリーヴの木、畑。
 
      
  小高い町から見下ろす平野は、
  この春の7年ぶりの訪問にも以前とまるで変わらず、
  やはり豊かで長閑な緑が迎えてくれたのでした。









・ ゴンドラ溜まり  描き始め 


  新しく描き始めているのを見てやって下さい。

  ゴンドラ溜まり ヴェネツィア  36.5x26.5cm 5号

+DSC02293_GF.jpg   

  サン・マルコ広場の北西角を入っていくと、
  かなり大きなゴンドラの溜まり場があり、
  水面に映る建物は溜まり場の右にあるホテルで、
  初めてのイタリア旅行で泊まった想い出あり。

  ゴンドラにも初めてこの溜まり場から乗りましたが、
  う~ん、それ以外にはあと1度かな。
      
  というような想い出を引き出してくれる場所ですが、

  以前、同じ場所の同じゴンドラの舳先だけを
  小品に縦構図で描いたのを、今度は少し大きく横に取り、
  水面に映る建物も入れて。

  かなり塗り込んで見えるのは、
  下塗りに使ったインクがひどい塗り斑になった為、
  いくらなんでも見て頂くのに失礼、と、
  ゴンドラの黒と水面の陰の部分は、
  せっせと大急ぎで色鉛筆で潰したのです、ははは。
  と、ゴンドラの舳先に空の青が写っている部分も。

  手前から2番目のゴンドラの舳先の片方が明るい空色の、
  向こう半分には建物の色が反射しているのは、まだ入れておらず、

  画面の一番手前の空は、このあと水彩で濃い目の空色をいれ、
  建物の日の当たっている部分も、も少し鮮やかな色になる予定です。


  描き出しはいつも楽しい! ははは。
  そう、
  描き出し最高、中ぱっぱ、最後はいつも泣きのshinkai、で~す。
       
    
 
 *****

  ただ今本家ブログには、暑中お見舞いを兼ね、 ドロミーティのシン湖
  をアップしております。
  http://www.italiashiho.site/    
      
  ご訪問、よろしくどうぞ!