・ 詰めている作品2点と、手直し3点 


  詰めているヴォルテッラの朝の平野と、ピエンツァの縦構図、
  手直し中の3点を見てやって下さい。

  目覚め行く平野 ヴォルテッラ

+DSC02112_GF.jpg   
 
  ヴォルテッラの町から見下ろす平野に、
  町越しの朝日が届く所を描いています。
    
  先回見て頂いた時と、上部の明るい赤朱の中は変わっていませんが、
  あ、家と周囲の木立を少し弄りました、

  が、陰の中の地形をかなり変えました。
  中程の切り立ったような明るい部分が気になっていたので、
  もっと平地にして、横に広がる感じに。

  濃い部分をかなり塗りこんでいますので、
  写真を撮るのが窓際なのでどうしても色が反射する様子。

  先回の写真の左下は、実際以上に濃く写っており、
  今回は逆さにして写してみたのですが、左側が明るく見え、
  そして右上が濃く写っていますが、

  実際は一番手前の木々は真っ黒、右上はも少し明るい、という様子です。

  そろそろ詰まって来ているのですが、どんなでしょうか?




  トスカーナの7月 ピエンツァの町から

+DSC02117_GF.jpg       

  縦長の構図で、ピエンツァの町からの平野の眺めです。

  なぜ縦構図にしたのかの意味を、もう一度しっかり捉える事、
  横構図だと平野の広がりが主題になるけど、
  こういう構図であれば、また別の面白さを狙っても、という
  師のアドヴァイスを頂き、

  一番上の段を一度洗い、余り空気遠近法を気にせずに描き込んでみました。

  写真の色が全体的に濃い目に写っていて、かなり印象が違うのですが、

  とはいえ、こうして見ると、う~~ん、アラばかりが目に付き・・!

  細部を余り追いかけず、もっと大きな色の変化で描いても良いのかも、
  と思います。  難しい!!
       
  さて、もう一度、やってみるべえ!




  手直しをしたのが3点あります。

  紫陽花の咲く頃 ピエンツァ

++DSC02120_GF.jpg   

  雨上がりのピエンツァの町の朝、しっとりとした古い壁に
  白い紫陽花の鉢植えが素晴らしくて描いたのでしたが、

  壁をもう一度詰めて、壁と紫陽花と道、の空間が
  しっくりとなったかな、と。

  写真の中で、紫陽花の色が青白く見えますが、
  これは背後の壁の色との関係で、実際はも少し薄いクリーム色、です。
         



  7月のトスカーナ 麦秋

++DSC02123_GF.jpg   

  気に入って描いたモチーフなのですが、
  久し振りに出してみると、ちょっと物足りなさを感じ、

  麦畑の方は、穂が光る明るい部分に白っぽい色を入れていたのを、                
  少し抑え、その分影の方をほんの少し濃く。

  一番変えたのは空の色で、とは言え余り写真では前と変わりませんが、
  真っ白にしていたのを消しゴムでゴシゴシとやり、
  ほんの少し黄みをかけました。

  そして前も入れていたちょっぴりの緑色、鈍い緑色だったのを、
  少し意識して鮮やかな緑色に。

  色の物足りさなを何とか、と思ったのですが、
  どうでしょうか?




  ピエンツァ 5月の朝

+DSC02129_GF.jpg   

  これは先回見て頂いた、トスカーナの雨上がりと同様、
  かなり徹底的にシラミ潰しをし、それからまた描き起こしたり、
  左の明るい部分の方は改めて描いたりで、全面的に。

  扉の部分でも少しよじれている様な気がした箇所も直し、
  右の奥に行く小路の壁も描きこみ、道の敷石も。

  こうして、以前よりは建物がどっしりとした気がするのですが、
  どんなでしょうか?

    
  大体これで気になっていた作品の手直しが終り、
  やれやれとホッとしています。

  後仕上げが残っているのが3枚? 4枚かな、
  頑張りま~す!!



 *****

  ただ今本家ブログには、アッシジの春祭り カレンディマッジョ その5 最終日
  をアップしております。
  http://www.italiashiho.site/    
    
  ご訪問、よろしくどうぞ!