・ 納屋の猫 ・ 描き始め 


  新しく描き始めている猫ちゃん、見てやってください。

  納屋の猫 (仮題)  4号

+S17_9513_GF.jpg      

  何年か前の事、イタリア語の先生の実家にお邪魔し、
  彼女の家はトロット競馬用の馬を育て調教しているので、
  生まれたばかりの子馬とか、飼育中の若い馬とか、
  あれこれ様々な動物を見て楽しんだのでしたが、

  猫たちがたくさん居り、様々な姿を見せてくれるのを
  あれもこれもと撮っていた時、
  ほら! あれ!! と指差された先に居たのがこの子!

  大きな大きな藁山の上の白い猫ちゃんで、
  それも夕日がちょうど目に当たりキラリで、
  なんとも素敵なモチーフを提供してくれたのでした。

  そのままずっといつか、と思っていたのですが、
  遂に取り掛かり、
  ペンで描き、墨と水彩を一度入れた所です。

  藁山の大きさは、普通見る丸い筒形の何倍もの直径で、
  それをやっとペンで描いた後、墨を入れるのに、
  納屋の柱の影を決めかねノソノソしていましたら、
  なんと、最初に描いた茶のインクが溶けて、・・何でやねんなぁ!
  ああ~ん、おかあちゃ~~ん!

  もう一度、濃茶のインクで描き直し、
  左に少し黄色の余白が見える部分は、
  鋤の影が伸びるので、マットで隠れる部分を考え、
  もう5mm延ばそうと思っている部分です。

  藁山の中の藁の影やらなにやら、まだまだ下描き段階ですが、
  自分でも楽しんで描けそうです!



◆ 個展のお知らせ ◆

  広島の絵の友人、田谷行平先生がぎゃらりーたむらにて
  24日から2月1日まで個展を開催されます。
45-med (3).jpg
46-med (2).jpg
      
  どうぞお出かけご高覧頂きますよう、
  ご案内申し上げます。

 

 *****

  ただ今本家ブログには、サン・ガルガーノ修道院
  をアップしております。
  http://www.italiashiho.site/     
  ご訪問、よろしくどうぞ!