・ 寺崎武男  心の故郷イタリア展 


  先月東京の久米美術館からメールを頂き、
  寺崎武男 心の故郷イタリア展 の開催にあたり、
  私のヴァティカン博物館内の写真を使わせて貰えないかとの事。

1-saki.jpg       

  知らせて頂いた内容では、
  寺崎武男画伯(1883-1967)は、明治40年に東京美術学校洋画科を
  卒業の後、イタリアに留学、ヴェネツィアでルネッサンス期の
  壁画研究のほか、彫刻・建築・版画を学んだのだそう。

  そして留学中に知った「天正遣欧少年使節」に大変心を揺さぶられ、
  以後晩年に至るまで、彼らのエピソードを描き続けたのだそう。

  天正の4少年達は、ヨーロッパ各地での大歓迎を受け帰国したものの、
  キリスト教禁教、鎖国へという時代の中で不遇な生涯を終え、
  明治の時代には忘れられた存在だったようで、
  はるか遠いイタリアにあって彼らの存在を知った、
  寺崎画伯の驚きと、心揺さぶられたであろう義憤にも似た感情。
  それらが、何とか正しく伝えたい、という想いと重なり、
  モチーフとして描き続けたのでしょう。       

  同時にテンペラやフレスコ画の研究を深め、作品発表をしたり、
  日伊の文化交流にも尽力。

  ムッソリーニ、横山大観が一緒に写った
  「ローマ開催日本美術展展覧会」!
  ムッソリーニの右横、一人置いて奥が寺崎画伯と。

4-3.jpg       

  帰国後には、山本鼎らと共に日本版画協会を設立、
  エッチングの第一人者としても活躍された方なのだそう。

  今回の展覧会では、彼の生涯のテーマであった「天正の少年使節」の
  大作屏風を中心に、彼の第二の故郷ともいえるイタリアの風景、
  とりわけヴェネツィアを描いた作品を展示との事。

2-1.jpg
3-2.jpg
6-5.jpg
7-6.jpg
5-4.jpg       
         
  そうなんです、一世紀近く前に描かれたヴェネツィアの姿、
  これには私も、何というご縁だと驚きましたが、

  私が撮ったヴァティカン博物館内の、寺崎画伯が見たであろう
  4少年が描かれたフレスコ画の写真を、説明パネルに使いたい、
  との事でした。

  絵を描くものの端くれとして、そんな先輩大作家の展示に
  お役に立つのであれば喜んで、という事で写真を送った次第です。

  一昨日10月2日から開催、11月16日まで
  休館毎週月曜日、ただし10/13、11/3(月・祝)は開館、翌火曜日振替休館

8-med.jpg       
       
  山手線目黒駅西口下車徒歩1分。
  〒141-0021 品川区上大崎2-25-5 久米ビル8階
  電話:03-3491-1510 FAX:03-3491-6617       

  美術館のサイトはこちらに。
  http://www.kume-museum.com/

  建国の心意気に燃える明治の日本人が、遠く離れたイタリアで知った
  16世紀の4少年に心を揺さぶられ、生涯描き続けた作品展。
  どうぞお出かけ下さいます様、ご案内いたします。       
   
  ヴァティカン訪問 ・ 天正4少年使節のご縁により
  http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/462596727.html

  4少年所縁のサン・ベネデット・ポーのご案内は
  http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/464090033.html

  駆け足ながら、ローマの休日 その1と2
  http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/462596986.html

◆ 追記 ◆

  ヴェネツィアの様々を深く取り上げておられる「イタリア・とりわけヴェネツィア」の
  pescecrudoさんが、この展覧会をご覧になり、紹介されております。
  寺崎画伯の作品の写真、また少年使節の一人伊藤マンショの肖像画の事、
  久米美術館の由来の事などなど、どうぞご訪問を!
  http://pescecrudo.blog122.fc2.com/blog-entry-460.html


 *****

  ただ今本家ブログには、秋のトスカーナ旅行2014年  報告予告編その3
  をアップしております。
  http://www.italiashiho.site/     
  
  ご訪問、よろしくどうぞ!