・ 途中経過 3枚を ・ ヴェネツィア、アーゾロ 


  あっという間に私の春休みも済み・・、
  こちらイタリアは復活祭も過ぎ、夏時間になり、
  ですが、まだお天気は一定せず、雨の多い寒い毎日です。

  さて、またブログを再開させて頂きますので、
  よろしくお願いいたします。

  まずは春休みの間も、ちょこちょこあれこれつついていました
  途中経過の3枚、見てやって下さい。

  ヴェネツィアの夕暮れ  サン・ジョルジョ

P24_4612.jpg       
  実際はもっと色味が暗い事をまずお断りし、
  でもその色がまだ気に入ってはいない事も・・、あ~あ。

  前に見て頂いたペンでの線描きと、少し印象が違って来たと
  思うのですが、全体の色、とりわけ
  夕暮れの空のもわっとした印象を出すのには、と
  色の出し方と描き方に探りを入れている最中です。

  水彩で空を描くのは難しく、濡れ色と乾き色、
  そして色が重なって来た時に、下の色が動く事、
  これにいつも泣かされ、
  先日から色鉛筆で重ねています。

  運河の向こうのサン・ジョルジョ聖堂の
  建物の大きさ、重さをどうしたら出せるのか、

  明かりが灯りだした建物の色をどう描くのか、
  まだまだ問題山積で~す。

  そして何よりも気になっているのは、
  ドン臭い鈍げな絵の様で・・、どうすりゃええんかいのぉぉぉ。



  アーゾロの、古い小さな泉

P24_4616.jpg       
  これも少々迷わされている絵でして、
  というのも、カラー紙の薄いサーモン・ピンク色なのですが、
  これに黄土色の壁色を塗りますと、
  透けた感じに見え、泣かされておりまして・・、うぇ~ん。

  壁に今ちらちら見える白いハイライトは
  お見逃し願います、抑えますけん。

  白い泉の壁の部分は、本当に、はい、ははは、
  修復済みなので、どこまで汚したら良いのかなぁ、
  の疑問も抱えておりますぅ。

  泉から左に続く地面の高さはこれで良いでしょかぁ?
  と、アーチの厚みはもっとあった方が良いですか? 



  ゴンドラ

P24_4619.jpg       
  これはもうずっと長い事抱えている絵でして、
  何よりも水面、水の色に悩んでいるのです。

  以前にもアップしようと写真を撮った時にも、
  写真の水の色が余りにも鮮やかな緑で、我ながら驚き呆れ・・。

  はい、これもこんなエメラルド色では決してなく、
  かといって、気に入った色も出しきれず、困っている所です。

  と、画面上部の色も、水面が立ちそうで・・!
  1cmほど切ったら楽なのでしょうけど、
  即切るのは悔しい! と、右上は濃い影を入れ、
  少し収まった気もするのですが、まだ真ん中上部がぁ・・。

  これもかなり塗り込んでいるので、水彩では塗り色が分からず、
  下の色が動くので、色鉛筆で描きこみ始めています。

  水紋の形と色、ゴンドラの下はもっと濃い方が良いですか?
  ゴンドラの船体の黒の中に見える色、実際はもっと穏やかです、
  とはかない言い訳を。


  いずれにしましても、直にも少し暖かくなるでしょうし、
  遊びの計画も大きなのはありませんので、
  もうちょっと落ち着いて取り組むよう、
  心して頑張りま~す!

 *****

  ただ今本家ブログには、春のルッカ周辺小旅行 予告編を
  をアップしております。
  http://www.italiashiho.site/     
  ご訪問、よろしくどうぞ!