・ アーゾロの、古い小さな泉   描き始め 


  新しく、アーゾロの町の入り口にある、
  古い小さな泉を描き始めておりますので、
  見てやって下さい。

  アーゾロの、古い小さな泉    24x20.5

V20_3434_GF.jpg       

  ヴェネト平野の北西に位置する、古い小さな町アーゾロ・Asolo.
  ローマ遺跡も町にある古くから開けた町なのですが、
  何よりもこの町の名を高め広めたのは、
  カテリーナ・コルナーロ・Caterina Cornaro、キプロス女王と
  エレオノーラ・ドゥーゼ・Eleonora Duse、女優の
  2人の女性と、
  ロバート・ブラウニング・Robert Browning、イギリスの詩人。

  16世紀、カテリーナがここに領土を持ち宮廷を開き、
  ルネッサンスの文化を持ち込み、
  ヴェネツィア人にとって、この町に別荘を持つ事が一種の
  ステータス・シンボルとみなされるまでになった町で、
  今もどこかに華やかさが残り、高級店が並びます。


  この泉は町の入り口の門を入ってすぐの所にあり、
  ずっと以前テンペラで、泉だけ縦構図で描いた事があり、
  また描こうとは思っておりませんでした。

  それが先日の明け方、お布団の中でふと横構図が頭に浮かび・・!、
  仕方なく、半分嬉しくも起き出し、写真を探しだし、
  構図も決めた、という訳です。

  何度も出かけている町で、何度も写真を撮っている泉ですが、
  頭に浮かんだ構図を絵の中に作ろうとすると、
  何枚もの写真を並べ、修復前、修復中、その後と、
  状況の違う物からも拝借しました。

  で、まだ少し構図が落ち着かないのはその為なのですが、

  サーモン・ピンク様のカラー紙を使い、
  ペンで、インクの色違いで2度描き、
  少し色を入れて見た所です。

  背後のアーチの下は、くぐり抜ける形で、
  泉のある手前の道よりも低い位置に窓と扉があるのですが、
  余り説明する形で無く分かるようにと、
  そして左から少しほんのりと光りが射す様にと・・。

  右の斜めのアーチの煉瓦組みも
  もう一度ペンで、形を起こすつもりです。 


  アーゾロの町、名をあげた方々については
  http://italiashio.exblog.jp/10138432/
  http://italiashio.exblog.jp/10138560/      
       


  
 *****

  ただ今本家ブログには、ルイーザの雪国報告 ・ ブルグ・サン・モーリス
  をアップしております。
  http://www.italiashiho.site/     
  ご訪問、よろしくどうぞ!