・ ラバターナ・ Rabatana ・ 雨の中、1500年前からの廃墟村落を下る

今日は絵をパスし、下描き、途中経過とあるのですが、見て頂くには
どちらもイマイチなので、パスさせて頂き、

マテーラ周辺旅行の時に出かけたトゥルシ・Tursiという町、というよりも、
歴史的には5世紀半ばからこの町の起源となったラバターナの村落を、
しかも雨の中、現在は上部はほぼ完全に廃墟になっている村の小路を下る、

という、何と言いますか、「アドベンチャー・ランドの半日」にも似た、ははは、
をやりましたので、その様子をご覧下さいね。

我々は「トゥルシに行く」と聞き読み、日程案内には確かに海抜243mと書いてあり、
古く5世紀にゴート族が築いた城の周囲に云々、とあるので、
トゥルシの町は高い所にある、と単純に思いますよね?

で、曇り空から雨になったこのトゥルシ前の訪問先のロマネスクの教会見物
を終え、こうしてトゥルシに近づいて見えて来たのが、これ!

山から谷に沿って雪崩落ちて来たかとも思える、この家並!!

1-T04_7190_GF.jpg



ぐるっと道を回り込むうちにこんな風にも見えて来て、

2-T04_7192_GF.jpg

勿論下の平地にも町は広がっているので、気楽にバスの窓から、おお!と眺めていると、
再度山道をどんどん上り始め・・。



トゥルシはどこにあるか、地図をどうぞ。
マテーラから約70km、1時間程の距離にありますが、先にアンゴローナ・Angolonaの
ロマネスク教会見学をし、そこからトゥルシの(下の)町を通り過ぎ、
ラバターナに向かった、というのが、今は良く分かったのでしたが、ははは。

3-rabatana.JPG

ガイドさんは大変優秀な方で、はい、shinkaiの様に適当に聞き流している者には
「ラバターナ」という村の名もバスを降りてから、仲間がなんと言った、ここ?と
聞き返しているのを聞いて、ふ~んと覚えた位で。

雨も降っているし、脚の弱い方もいるので、希望者だけ降りて歩きます、
そうでない方はバスに残り、下の町で待っていてください、という事で、
そう言われると、殆どは降りて、歩くかぁ、となりますよねぇ?! はぁ、shinkaiも。



ちょっとしたアラブ風の形に切り抜いたこんな板の門が立っていて、

4-DSC01883_GF.jpg

世界を回り楽しむ人の気晴らしは、ラバターナに至る、とでも書いてあり、



両側にアラブ風兵士の絵が描いてあり、近くにいたシニョーレの話では、ここの城は
元々アラブが開いたから、との事でしたが、説明にはゴート族が、と書いてあったすぜ。

5-DSC01884_GF.jpg



まずは門を入った所にある、こんな廃墟の家跡? 城跡? から下り始め、

6-DSC01886_GF.jpg



狭い小路を一列になって進みます。
何せ雨が降っているので、コンパクトで時々撮る程度でして、

7-DSC01887_GF.jpg



それでも上部に残る廃墟の家々は古いのが良く分かる造りで、
窓も本当に小さいですし、造りが如何にもゴツイ感じで・・。

8-DSC01888_GF.jpg



上でガイドさんが話していたのがこのシニョーレで、彼がしているのかどうか、寂れた山の
上の1軒だけの店、陶器の修復、絵画、陶芸教室、手作りプレゼント等と書いてあり。

9-DSC01890_GF.jpg



とにかくせっせと下り、雨が降るし、途中でガイドさんと我らのグループがはぐれ、ははは、
どっち