・ トスカーナの小礼拝堂 描き始めと、 ヴェネト、カドーレ湖の眺め


  トスカーナはオルチャの谷、ピエンツァの西に位置する
  ヴィタレータの礼拝堂を描き始めましたので、見てやって下さい。

  麦秋のヴィタレータ礼拝堂  オルチャの谷  20x12cm

1-DSC06911_GF.jpg

  トスカーナはオルチャの谷というと、谷一帯が世界遺産に指定されてもいて、
  そのなだらかに波打ちながら広がる広~い大地の美しさは、
  本当に魅力的で大好きなのですが、

  そのオルチャのシンボル的眺めというと、西に糸杉が丸く形を作っている姿、
  そして東にあるこのヴィタレータの礼拝堂の2つが上がると思います。

  いつか描こう、と思いつつ、さてどう切り取るか、どの季節の眺めにするかと、
  なかなか気持ちが決まらなかったのですが、

  ついに、一番最初に見た眺め、麦秋のまだ刈り取り前の季節に決め、
  上部は奥に広がる平野、雲の影の落ちた平野とする事に。


  細いペンの線で下描き、そして水彩の後に色鉛筆で色を入れ始めた所で、
  麦畑のアクセントが難しそう、という気がしますが、
  やってみます。

  平野の手前の明るい部分の右端、ちょうど平野の高まりが落ちてくる高さと、
  右の家の屋根の線が重なり、この部分の訂正をしなければ・・。



  ヴィタレータの礼拝堂  http://italiashio.exblog.jp/20889148/

  オルチャの谷 糸杉の林  http://italiashio.exblog.jp/21584559/



 *****

  今日の第2部   ヴェネト、カドーレ湖の眺め

  ヴェネト州、ピエーヴェ・ディ・カドーレ、ここはかのティツィアーノが
  生まれた土地で、現在も生家が残り博物館になっていますが、
  ここに細長く南北に続くカドーレ湖があります。

  ちょうど2泊したホテルのベランダから格好の位置に見え、
  朝早くの雲の色の素晴らしさも撮れたりだったのですが、

  今回はその落穂拾いでもありますが、ははは、日の出前の雲と光の変化が
  一段落した後の様子をご覧くださいね。

  まだ山の影から太陽は顔を出しておらず、湖は陰の中。

2-5023_GF.jpg




  湖の西側はかなり明るくなり、

3-5024_GF.jpg




  西に見える町カドーレに陽が当たって来ています。

4-5025_GF.jpg

5-5026_GF.jpg

  カドーレはヴェネツィアからの電車が、途中の乗り換えを経て着く
  イタリアの北の最終駅で、
  コルティナ・ダンペッツォにもここからバスで行きます。

  何年も前、カドーレからの鉄道線がオーストリアに行けるよう、
  トンネル掘りもオーストリアと繋がった、というニュースがありましたが、
  でもいまだに鉄道が、というニュースは聞きません! いつもの資金不足・・。




  これはホテルから近くの場所に出ての、朝9時頃の様子。

6-5027_GF.jpg

7-5028_GF.jpg




  そして、これは午後遅め、夕暮れが近づく頃の、逆の光の中の湖です。

8-4940_GF.jpg


  暑さしのぎ、ドロミティーの空気が届きましたでしょうか?!


  朝焼けの色、ティツィアーノの生家博物館のご案内は



 *****

  コメントの書き込みについてのお願い。

  ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
  上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
  記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。

  非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、
  コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
  それもご了承下さいませ。


 *****

  ただ今本家ブログには             
      アップしております。            


 *****


  いつもブログご訪問、応援有難うございます!