・ トスカーナの緑 描き始めと、  愛の媚薬 5つの食品

トスカーナの緑の野を描き始めているので、見てやって下さい。

トスカーナの緑 ピエンツァ   27,5x19cm  3号P

1-+DSC02142_GF.jpg


写真の中で緑色が、少し派手目に出ていますが、

ピエンツァの少し西に下った所にある、ロマネスクの「コルシニャーノ教会」前から
下った所にある「グラディアトーレの道」を行き、その脇で見つけたモチーフです。

ロマネスクの古寺ふたつ ・ ピエンツァ周辺
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/461832854.html

糸杉の道 2本 ・ シエナのクレーター と オルチャの谷と
http://www.italiashiho.site/archives/20180726-1.html

肝心のグラディアトーレの道は、未だ描き始めておりませんが、

この緑色の変化のエレガントさに惹かれ、はぁ、描く本人は余り持ち合わせないので、
描き始めたのですが、

奥と手前の緑色の性質の違いは、日中の光の関係で余り大きな丘の高低変化は
見えませんが、それでも確かにしっかり丘の隆起の変化が見られ、それも明るい緑。

一方上は2つに分かれるものの、緑色は少しくすんだ、というか、しっとり渋めの
緑色なのですね。


で、描き始めると、手前の幾ら明るい緑色とは言え、丘の隆起の変化を描くには、やはり
少しは色を濃い目にしないと描けず、それで奥の緑色と手前の濃淡が似てきた所です。

カンソンの紙はシボが柔らかいので、色鉛筆でも描きやすく助かり、頑張りま~す。


*****

今日の第2部   愛の媚薬 5つの食品

今日の本家ブログは、「ヴェネツィアでのロマンチックな想い出を、6つのアイディア」
を取り上げており、本当はこの話題も一緒にと思っていたのですが、こちら分家に。
はぁ、突然の「愛の媚薬」なのですけど、そういう経緯でして、へへ。

2-Cattura_GF.jpg
  
基礎にしたサイトは、サン・ヴァレンティーノのメニューに、5つの媚薬食品を、です。
5 cibi afrodisiaci per il menù di San Valentino

で、トップの写真を、shinkaiのガルダ湖畔の熟年カップルのに取り換えまして・・。


所で、こちらの愛の媚薬の食品には、マムシなんぞは入っておりませんので、ははは、
安心してご覧くださいませ。

1. 牡蠣

3-ostriche-1.jpg

牡蠣はシャンパンと一緒に、キャンデラの灯での夕食の一番に上がるものですが、
新鮮な物を生で、ですが、これはギリシャ時代においては粉にして用いられ、勿論媚薬で。

フランスの牡蠣はブリターニュで素晴らしいのが養殖されますが、海の海流、満ち引きが
大変に都合が良いのだそうで、と同時に、牡蠣のあの姿そのものが女性を想起させるから、
とも言われているそうで・・。



2. アスパラガス

4-asparagi.jpg

古代ローマでは料理人アピーチョ・Apicioの料理が愛され、献立に入っていたそうですが、
中世になり、サレルノの医学学校で、アスパラガスは精液の生産を増す、という
有罪判決が下ったと。 つまり好ましくない、と言われた訳ですね、生真面目な中世では。
ですが、不感症な女性はバラの花びらに包んで食べたそうで、可哀そうに!

ヴェネトのバッサーノ・デル・グラッパでは、婚礼のご馳走にアスパラガスがあるそうで、
またこの地は、白アスパラの有名産地でもありますが、

皆さん、サン・ヴァレンティーノの夕食には、アスパラのリゾットを欠かさずにね、と。



3. 唐辛子

5-93655.jpg

アステカの王モンテズマが我らの食事にも、この心地良い辛さを伝えた、という事で、
近くのマヤ族は、祭礼の盛り上がりの時にトウガラシをカカオと一緒に水で飲んでいたそう。

唐辛子は血管拡張をし、性器への血の流れを増やす、つまり、情熱の火をつける役目!

最近チョコレートに唐辛子が入ったのが売れれていますが、これはですから先祖返りの、
はは、正しい食べ方なのかもですね。



4. チョコレート

6-header_image-cioccolato.jpg

チョコレートはマヤ族が、肥沃、多産の神であるショチケツァル・Xochiquetzalを讃え
カカオを飲んでいたアメリカから伝わりましたが、その飲み物Xocoatlが、
現在のチョコレート、ミルクとヘーゼルナッツとが加えられたcioccolatoになり、
誘惑者カザノーヴァが称賛した、に繋がるのですね。

含まれるカフェインがフェニルエチルアミンと一緒になり、気分高揚に繋がり、
愛の食品としての名声も。



5. ポレンタ

7-93656.jpg

トウモロコシの粉を練って煮るポレンタですが、黄色いこの粉の固まり食品はしばしば
ソーセージを付け合わせとして出される、余り洗練された姿とは言い難い物ですが、

ポレンタは脳内ではたらくセロトニンという物質、感情や気分のコントロールをし、
精神安定、血管緊張を調節する物質のレベルを低め、つまり性欲望の高進も止めないそうで、
科学的にも認められた愛の食品の一つなのですね。

ならば暖かいポレンタに溶かしたチーズをかけたり、揚げたり、バターとサルヴィアもあり、
コモ地方には、チーズをかけたのとバターをかけたのとを一緒に混ぜるというのもあるそう。
如何にもカロリーが高そうですが、

魚介を使った、とりわけ牡蠣や貝類を載せたポレンタも、お役に立ちそうで!!


という、日本で挙げられる食品とはちょっと違いますが、美味しく、役立つと
言うのであれば、ははは、大いに食して下さいませませ。

*****

ただ今本家ブログには、
ご訪問、よろしくどうぞ!

*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。
スポンサーリンク