・ ベリー公の時祷書 途中と、 パルマ近郊の古城カステッロ・ディ・フェリーノ

イタリア中に大雨、強風、大洪水の被害が続き、あれこれ日本のニュースにも
出ている様子ですが、お陰様でこちら、と言っても我が家の辺りは特別な大雨も、
被害もなく過ぎております。 ご心配頂きまして有難うございます、大丈夫です!
***

ベリー公の時祷書の模写、途中経過を見てやって下さい。

ベリー公のいとも豪華なる時祷書  4月  模写 48.5x30,5cm
Très Riches Heures du Duc de Berry

1-+DSC02040_GF_1.jpg

先回見て頂いた時はまだほんの下描きでしたが、漸くに少し進んで来ています。
ですが、まだまだ下塗りも2,3回という所で、これから徐々に色を重ね、
描きこんで行きます、・・先は長い!

描いていて一番難しいのは、今回の木立の緑の色で、この辺りランブール兄弟
自身の手ではなく、工房の弟子に任せたのではないかと思える色と形で、
空との関係や、色の発色もイマイチに思えるのですが、

まぁ、その辺り余り実物に近づけようとすると逆に難しくなるので、ははは、
適当に雰囲気を出せる様に、と考えています。

いま明るく見え過ぎる湖も、最初の色のままですし、右の館、奥の囲った庭園も
まだほんの少し色を付けただけになっていますので、
徐々に描きこみを頑張って行きま~す。


*****

今日の第2部   パルマ近郊の古い城カステッロ・ディ・フェリーノ

本家ブロブの「パルマでの旨いもの!」にも書いたのですが、トッレキアーラの城を
見に行って後お昼を食べるのに、教えて貰ったお城のレストランを探し回りましたが、
そんな事で偶然に出会った城、カステッロ・ディ・フェリーノ・Castello di Felino.

こじんまりとした城だったのですが、大変頑丈な城のように見受けられ、
当てにしていたレストランは現在閉めていて、内部は見ておりませんが、
家に戻って後調べるとあれこれ興味深い事も分かりましたので、
サイトからの写真も含め、皆さんにも。

まずは、サイトで見つけた上空からの全体の姿を。

2-sd1V6Tg==_aebaf375750f.jpg

4隅に塔を持つ四角い城、要塞で、唯一の出入り口が今手前に見えますが、
ここもかっては当然ながら跳ね橋だった訳でここにもう一つの塔、そして周囲を堀が
取り囲んでいますが、現在は空堀に。



場所の地図を。 北にパルマ・Parmaがあり、フェリーノの城はパルマから18kmと。
下に見える美しい城トッレキアーラ・Torrechiaraとの距離は車で10km、約16分。

3-castel felino.JPG



城の入り口、堀に石造りの橋が架かっていますが、向こうに届く手前はかっては跳ね橋で、
現在は木の短い橋が掛かります。 

4-DSC01204_GF.jpg



橋を渡り中庭に出る前にこのカーペットがあり、SEC,IX とあるのは9世紀で、
これは後12世紀に城が建設された以前の要塞が、多分890年頃に、という事です。

5-DSC01203_GF.jpg



最初の上空からの写真にも見えましたが、内部はかなり広い中庭になっており、
周囲を2階の回廊が巡ります。

6-1-DSC01198_GF.jpg

6-2-DSC01201_GF.jpg

7-DSC01202_GF.jpg



これは1970年代の写真、絵葉書だそうで、現在は周囲をかなりの木立が取り囲んで
いて、建物自体の修復も見事になされているのが分かります。