・ 旅のスケッチ ・ イタリア風景 その2 

  イタリア、旅のスケッチ・その2を続けてご覧頂きますが、
  スケッチ並び順は、当時の旅の行程に従っています。

  約2ヶ月半近い旅で、ジュネーヴ到着後、インスブルック、
  ウィーンと辿り、夜行でイタリアのフィレンツェまで。
  初めの1カ月間はシエナの語学学校に通いながら、
  シエナの街、そして近くの町訪問を。
  その後あちこち見て回り、最後がヴェネツィア、
  という、少しイタリアの日常生活も味わった楽しい旅でした。
       

  アッシジ・Assisi ・ サン・フランチェスコ教会  (31x23)
    
9-015.jpg     
  中世の町がそのまま残っているので有名なアッシジ。
  訪れた方もたくさんおいででしょう。
  町の中心は、やはりこのサン・フランチェスコ教会。

  12世紀の聖フランチェスコも有名ながら、
  いまなお時を越え、私たちを惹きつける
  何か、がこの町にはある。

  スケッチをしていた夏の暑い日、何人もが覗きに来、
  私が草の上にペタッと蛙座りをしているのに
  気がつくと大いに笑って去ったっけ!  
  何時間も行儀良くは座れませんてば。

  アッシジ
  http://italiashio.exblog.jp/i18/




  アッシジ ・ サンタ・クローチェ通り  (30x22.5)
10-010.jpg    
    
  アッシジの町は山腹に広がり、道は坂を上り下りして続く。 
  建物の石はピンク色がかり、
  白い石との取り合わせがとても美しく、
  それもこの町の魅力の一つ。

  半開きのドアの家はどうやら尼僧の家のようで、
  お掃除をし、出入りするのが見える。

  通りかかった小父さんが絵を覗き、
  そしておもむろにバジリコの一枝を渡してくれた。  
  グラーツィエ!




  アッシジ ・ サンタ・キアーラ広場から  (31x22)
  
11-012.jpg     
  美しい薔薇窓を持ち、ピンクと白の石の縞模様の壁、
  聖女キアーラにふさわしい清楚な感じの教会、
  その前にこの広場がある。

  巡礼のおのぼりさんや観光客が、
  引きも切らず行き来している広場の、
  その端っこで、終日お絵かき。
  何もかも忘れ、没頭できる幸せ!

  スケッチしていた日々は、いつもお天気の記憶がある。
  でも写真を見ると曇り空の日もあり、
  この記憶の違いに少し驚く。
  が、私の中の記憶が、正しいものと確信している。




  アッシジ ・ マルチェッラの泉  (29x23)
  
12-016.jpg     
  アッシジでスケッチしていた日々、
  朝起き、一杯のカッフェとクロワッサンの朝食をすまし、
  即、スケッチブックの入ったバッグを肩に出かけたもの。

  前日に都合よく、スケッチの場所を決めてあったらそこへ、
  そうでない時は、朝日を浴びながらあちらこちら。

  通りがかりのシニョーレが、
  盾の泉というのだと、教えてくれる。
  泉には、朝のうちたくさんの鳩がやって来て、
  身じまいをしている様子を楽しませてくれた。




  アッシジ ・ サンタンドレア少路  (22x30)
  
13-027.jpg     

  サン・フランチェスコ教会から、
  左手へ少し上って行った所にあるこの少路。

  壁から見守り続けるマリア様、  
  すり減った石畳、刻み込まれた歳月。
  
  スケッチしていた時、
  猫が遊びに来て楽しませて貰ったが、  
  後日、この場所の絵葉書を見つけて買った所、
  おお、なんと、この猫が写っていた!




  ヴェネツィア ・ サンタ・マダレ-ナ広場 (29x23)
   
14-031.jpg     
  ヴェネツィアの国鉄駅前を東に、
  ワーグナーがここで亡くなったと言う
  今はカジノの「ヴェンドゥラミン・カレルジ宮」の近く。 
  通り道からはちょっと入り込んでいるので、
  地元の人々が一休みにやって来る。

  駅近くの安ホテルに泊まりこみ、
  毎朝せっせとこの道を歩いた。

  古い軒の低い建物が寄り添い、梁も見える。 
  屋根もかしいでいる。 
  ヴェネツィア独特の丸い煙突。
  そして広場には必ずある井戸も  
  今は塞がれて、時に猫の居場所。

  朝日が教会の影を落す。  
  あの窓の内の住人ももう起き出しているはず。

  ヴェネツィア
  http://italiashio.exblog.jp/i5/       


  ヴェネツィア ・ カ・ドーロ   (26x22)
   
15-035.jpg     
  説明を要しないほど有名なヴェネツィアの館。  
  かって、正面の壁には金が塗られていたと言う。
  南西に向かっているので、一日中光り輝く位置にあり、  
  冬の日の霧の中でも素敵だったろう。

  まさにヴェネツィアの繁栄を現している。 
  ヴェネツィア・ゴシック様式は尖った古めかしい感じは無く、
  いかにも優雅で、繊細なイメージのみを伝える。

  我が愛するヴェネツィア!    

  カ ・ ドーロ  その1 ・ ヴェネツィアの館
   http://italiashio.exblog.jp/13670932

  ヴェネツィアの館 ・ カ ・ ドーロ その2 
   http://italiashio.exblog.jp/13683956


     
スポンサーリンク