・ イタリア風景 ・ 2007年水彩展 

  2007年11月、広島と尾道で水彩展をさせて頂いた際に
  透明水彩で描いたイタリア風景。
  旅行中の現場スケッチではなく、家で改めて描いた物を
  ここに6枚纏めます。
     
  絵の下の説明は、当時書いたままをここに。

  場所のご説明は、ブログの方にリンクしておりますので、
  宜しかったらどうぞ。


  ウンブリアの屋根 ・ プレーチ・Preci   (24.5x14)

1-351.jpg     
  殆どマルケ州に近い、ウンブリア州東南の
  山中に位置する、プレーチ。
  スポレートから東に続く、ヴァルネリア渓谷から少し入った所、
  中世からヨーロッパ中に名声を知られた、
  プレーチの外科学校で有名です。
  プレーチから南に行くと、外科学校の起こりとなった
  サン・テウティツィオ修道院もあります。
      
  3泊したホテル、アッリ・スカッキ・Agli Scacchi は、
  かっての名医を輩出したスカッキ家、を修復した物で、
  これはそのホテルの窓から。
  家々の壁は、10年前の地震の後
  修復されて新しいのですが、
  上から見る屋根瓦は、古い瓦も使われ、
  趣のある、深い味のある眺めでした。

  プレーチ と サン・テウティツィオ修道院 ・ 中世の外科学校を誇る
  http://italiashio.exblog.jp/5661411
           
  ウンブリア       
  http://italiashio.exblog.jp/i4/



  アッシジ ・ 夕暮れ時   (23x19)

2-214.jpg           
  アッシジは、18年ぶりの再訪でした。
  ウンブリア全体が、大地震の後大修復が行われ、
  このアッシジもすっかり白く美しくなり、
  見違える様になっていました。
       
  町が観光客用に、一層賑やかに、
  派手やかになった部分もありましたが、
  それでもやはり、穏やかな、
  中世の空気を伝える町に変わりはなく、
  気持ちよく小路を辿り歩きました。

  これは、サン・フランチェスコ教会に近い
  サン・タンドレア小路のアーチの下の、水飲み場。
  ちょうど夕暮れの陽が斜めに差しこみ、
  時折、鳩たちも、水を飲みに。

  アッシジ
  http://italiashio.exblog.jp/i18/
       


  グッビオの壁 ・ Gubbio    (25x18.5)
3-737.jpg
     
  この春に2週間ウンブリアを旅行した時は、
  アッシジに拠点を置いてあちこち出かけました。
  グッビオにも、ノルチャにも、スポレートにも、
  スペッロにも、その様に訪れました。

  ウンブリア全体が、緑豊かな農業の盛んな地域ですが、
  それと共に、手工業の陶器や織物でも有名です。
  陶器も町々の伝統があり、かなりの違いが見られますが、
  私にはこのグッビオの陶器が、如何にもイタリアらしい
  大らかさと、色とで気に入りました。
       
  作品ごとに見ると、
  日本の陶器の繊細さからは程遠いのですが、
  こうしてたくさん並んだ壁は、大好き。
       
  グッビオ ・ インジーノ山の麓、ローマ期からの町
  http://italiashio.exblog.jp/5376232



  ノルチャ美人 ・ Norcia   (20x17)

4-006.jpg     
  聖ベネデットの生地、そして何にもまして、
  豚肉製品で有名なノルチャ。
  町の目抜き通りには、たくさんの店が立ち並び、
  店先には猪の剥製が飾られ、
  町の歴史から想像していたのとは、少し違いました。

  が、中心広場の博物館にはやはりそれなりの
  文化都市であった事をうかがわせる展示があり、
  その壁のフレスコ画の中に、彼女がいました。
  実際の彼女は、もっとうそぶいた顔でしたが、少し優しくここに。  
  ただし、どちらが良いのかは・・?!

  ノルチャ ・ そして、カステルッチョ 
  http://italiashio.exblog.jp/5405447



  アルカ・ペトラルカ にて ・ Arqua Petrarca   (22x16.5)

5-521.jpg     
  ヴェネト平野、パドヴァから南に25Kほど、
  エウガネイの丘陵地帯に、この穏やかな、
  素晴らしい小さな村があります。
  14世紀のイタリアの大詩人、フランチェスコ.ペトラルカが
  生涯最後の地、として選んだ場所で、
  彼の住んだ家が今も博物館として残ります。

  かなりな急坂の続く村の中、古い教会の前庭部分、
  アーチの下に射し込む早春の陽。
  白い猫ちゃんが居たらよいのに、と。

  ジュッジョレという、ヤシの実を漬け込んだ
  ブランディが特産品で、これが大変美味しかった。

  アルカ・ペトラルカ ・ 詩人の里 ・ 中世の町
  http://italiashio.exblog.jp/4752528


 
  カステルッチョ ・ Castelluccio    (27x21)

6-734.jpg            
  ウンブリアの東南部に位置するノルチャから
  カステルッチョに行くには、
  標高1521mの峠を越える30キロの行程です。
  運転初心者の私には、行く前には少し圧迫感がありましたが、
  道路標識の → を見て、当然のように!

  素晴らしい風景、
  常に見るイタリアの景色とは
  まるで異色の世界がありました。
  緑滴る、春たけなわのウンブリアの里から、
  この雪山の眺め。
  まさに地の果て!
  そして、山の襞の美しさに夢中になりました。
       
  右手前の丘の向こう、山との間に
  直線距離で10キロ程にもなる大平原が広がり、
  晩春には大お花畑になるそう。
  再訪できますように!

  カステルッチョ、 そして、大平原のお花畑 その1と2
  http://italiashio.exblog.jp/8554377
  http://italiashio.exblog.jp/8554238

  雨と霧のカステルッチョ と 大平原 
  http://italiashio.exblog.jp/12258660

     
  この水彩展の時に、風景の他にも花や果物も描いていますが、
  それらはまたの時に纏めて、アップいたしますね。


     
スポンサーリンク