・ 薔薇 仕上げまじか と、 世界で一番お高いワン君 ベストテン


仕上げに向けて描き込んでいますので、見てやって下さい。

薔薇   12.5x17.5cm

+DSC08515_GF.jpg

柔らかい薄いピンク色、殆ど肌色っぽい薄いピンク色の薔薇の花、
ほころびかけた所で、

今回はバックの色の定着に、せっせと2日ほど塗り込みました。
というのも、先回見て頂いた描き出しの時、
単純に周囲に空気の流れが出せるかと思って入れた薄い水色では、
とりわけ花の上の空間が出来にくいので、

花の色との兼ね合いで、かなり固い薄い紫の色鉛筆で何度も重ね、
調子を見る事に重点を置いたためです。

で、何とか空気の中に薔薇が立ってくれたので、
それからまた薔薇の花びらに色を入れたり。

あと少し茎やガクに、白い色のグワッシュで産毛を、と思っています。



*****

今日の第2部   世界で一番お高いワン君 ベストテン

今年は戌年のせいなのか、なぜかイタリア語版のサイトにも
「世界で一番お高いワン君」という様なランキングが見つかりましたので、

ちゃんと写真が付いていて、しかも読みやすい、ははは、
ラジオ・モンテカルロのサイトの記事をお届けしますね。

ラジオ・モンテカルロ というのが、どの系統なのか分かりかねますが、
2人目の赤ちゃんが授かりそう、というニュースもありまして、ご興味は?
この方の結婚式の様子をちょっと取り上げた事がありますが・・。


人間にとっての一番の友、と言われる犬には、多くの人々が
どんなに高い金額でも払う用意がある。
一番高い種類のマスティーノ・ティベターノのお値段は、街の中心にある
アパートに匹敵する程!

ランキングはアメリカの水準による、ワン君のお高い順にどうぞ!

1.マスティフ・チベット種 350.000$
  中国人実業家の1人が1歳の年齢のこの犬種を、
  サンプルとするのに140万エウロを投入した。  はは、さようでござるか・・。

cane 1_GF.jpg




2.サモエド  10.000$
  北極圏で牽引用の犬。

cane 2_GF.jpg




3.ローシェン  8000$
 小さなライオン、とも呼ばれる。 原産はフランスの、お供犬。

cane 3_GF.jpg




4.ロットワイラー  8000$
  アメリカでは一番多い5種の犬種の内に入る。

cane 4_GF.jpg




5.カナダ・エスキモー犬  7.500$ 
  橇引き用の犬としての古い起源を持つ。

cane 5_GF.jpg




6.ヨークシャー・テリア   7000$ 
  犬種としては、猫ちゃんとの協調もOK。

cane 6_GF.jpg




7.エジプト・ファラオーネ・ハウンド  6500$
  名の由来は、エジプト王の墓の中にいる犬種とよく似ている事から。

cane 7_GF.jpg




8.秋田犬  4500$  
  日本犬で、警備や狩りに使われる労働犬。 
  働く犬、というのは知らなかったですが、この頃イタリアでもよく見かけます。
  飼い主がとても自慢そうに連れているので、気持ちが良いです!

cane 8_GF.jpg




9.アザワク  3000$
  自立性に富んだ犬、慎重で引っ込み思案。

cane 9_GF.jpg




10.イギリス・ブルドック  3000$
   元々は牡牛との闘犬として飼育改良されたもの。

cane 10_GF.jpg


それにしても、お高いワンちゃんたちが多いのですねぇ!
恐れ入りましたぁ!!



*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。

非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。

*****

ただ今本家ブログには、
アップしております。     

ご訪問、よろしくどうぞ!


*****


いつもブログご訪問、有難うございます!
応援も宜しくお願い致しま~す!