・ ヴェネツィア・ドゥカーレ宮の途中経過と、 考古学博物館ちょっぴり n.1

 ヴェネツィアのサン・マルコの小広場に面したドゥカーレ宮、
 詰めて見ましたので見てやって下さい。

 ヴェネツィア サン・マルコ広場にて   28,3x21,7cm 3号

1-DSC07104_GF.jpg

 長い事ほって置きましたのを取り出し、どのように詰めたいのか自分でも
 明確でなくてほって置いたのですが、
 なんと以前に見て頂いたのは昨年の9月20日で、なんと1年振りで!

 で、取り出してみましたら、下の階のアーチの大きさがまず気になり、
 下から5㎝ほどを切り取りました。

 で、この方が楽に上部のアーチ飾りに目が行くので気が楽になり、
 欄干から下と、街灯部分はほどんど下描きのままでしたので描き込み、
 いったん描いた上から再度潰す部分は白で塗り込み、
 グワッシュの白でハイライトを入れました。

 上のアーチ飾りから覗く飾り十字の部分、そしてその下のアーチ飾りの中、
 空間部分をも少し濃くしたくて黒を塗ったのが効きすぎ、へへ、
 また少しブルーを感じさせる色に戻すのが結構大変で・・、はぁはぁ。


 という様に、今ここまで詰めて来たのですが、
 さてこれからどの様に仕上げたいのかが、また少し迷っているというか、
 自分で良く分からない感じで・・、
 我が絵ながら迷っています、ああ。



*****

 今日の第2部   ヴェネツィアの考古学博物館 n.1

 先日ヴェネツィアに行った時、サン・マルコの鐘楼見学を終え下に降り、
 さてこれからどうしようか、と思いつつサン・マルコ小広場の方に
 ポルティコを曲がって来て、

 「ヴェネツィアの国立考古学博物館」という立て札と、入場無料、と
 書かれているのが目に入りました。

 全く、こんな所に考古学博物館があるなんてまるで知りませんでしたし、
 なに、入場無料?! ははは、では見てみよう!と。

 入口辺りに警備のシニョーレと、他に女性二人がいるのみで、
 切符売り場も何もなく、中はどうやら建物の修復中らしく・・。

 一応バッグの中を見せて下さいね、と警備のシニョーレに言われ、
 リュック式のカメラ・バッグを開けると、どうぞ!と胸に円形のシールを貼ってくれ、
 それで入りました。

 地図をご覧下さい。 考古学博物館で検索すると、サン・マルコ広場側に
 矢印が付いて出るのですが、実際の入り口は矢印をつけた小広場側で、

2-museo map.JPG




 係りの方が居られた場所を通り抜けると、この建物の内庭で、

3-V03_0952_01_GF.jpg

 ここが大変雰囲気の良い場所で、正面の大理石像が、円柱と背後の壁に
 囲まれ素晴らしい趣を醸しており、ああ!とため息が洩れました。

 一歩中に入って来ただけで、人々で賑わうヴェネツィアの中心とは思えない
 静かさで、なんとも貴重な空気の漂う、贅沢なこの内庭なのでした。

 余りにも素晴らしい空間に入口に戻り、写真を撮っても良いですか、と尋ね、
 フラッシュ無しなら、とOKを貰い、

4-V03_0954_01_GF.jpg

5-V03_0955_01_GF.jpg




 狭い階段を上り、細い廊下に展示されている石棺の飾りなど、
 ローマ期の素晴らしいものを眺め、

6-V03_0956_01_GF.jpg




 これは足指の先だけですが、ローマの絵葉書で何処でしたっけ、
 もっと大きな足を見たのも思い出し、

7-V03_0958_01_GF.jpg




 これも石棺の横側かな、上にイルカの模様が。

8-V03_0964_01_GF.jpg




 建物の奥に移る途中の窓から見えたゴンドラの舳先。
 この水の先は大運河の先っちょに続く位置なのが見えました。

9-V03_0962_01_GF.jpg

 それにしても、なんでこういう写真にブレが出るのか、情けないぃぃぃ!!





 最初の展示品に陶器類があり、ここの部分はギリシャの陶器で、

10-V03_0977_01_GF.jpg




 こちらは、一見ギリシャ風でしょう? でも、ローマ期の物なんだそうで、

11-V03_0960_01_GF.jpg

12-V03_0961_01_GF.jpg

13-V03_0973_01_GF.jpg


 そう言えば、顔などギリシャ風ではあるけど、どこか緩い、締まらないなぁ、と
 思いつつ眺めた所なので、可笑しくなったのでした。
 ほら、ギリシャの物は線がピチッと決まっていてブレないですよね?
 が、これらはどことなく緩くて、でもそれが良かったり、の感じなのですね、ははは。

14-V03_0974_01_GF.jpg

15-V03_0975_01_GF.jpg

16-V03_0976_01_GF.jpg




 これは棚の上にあった、可愛い水鳥、と思うのですが、素敵でしょう?!
 何の容器に使ったのかな・・。

17-V03_0978_01_GF.jpg




 80㎝四方くらいだったか、モザイク画がありました。
 多分アクイレイアでの工房作で、紀元後4世紀の物で、海岸沿いの風景と。

18-V03_0967_01_GF.jpg

 手前では貝でも救っているのか、の姿があり、回廊に囲まれた中では
 家畜かニワトリにでも餌をやっているのが見え、
 海には遠くに帆船が浮かび、手前の船は漁船かな、
 の、まさにアクイレイアの海、当時のアクイレイアの繁栄ぶりが伺える風景。


 所でサイトで少し知ったのは、このヴェネツィアの考古学博物館の所蔵品は、
 ヴェネツィア貴族グリマーニ家出身のドメニコ・グリマーニ・Domenico Grimani
 枢機卿(1461-1523)が亡くなる時にヴェネツィア共和国に寄贈した
 個人のコレクションで成り立っているのだそうで、

 それを知った時、成る程、入り口で素晴らしい!と思ったのは、
 中の収蔵品も素晴らしい!と思ったのは
 間違っていなかった、と確信しましたっけ。

 このグリマーニ家というのは様々なコレクションで有名な一家でもあり、
 この枢機卿の甥が元々あった邸宅をその趣味を生かし、コレクションで飾った、
 でも今はそのコレクションは散逸し、邸宅のみが長年の修復で蘇った
 有名なサンタ・マリーア・フォルモーザの邸宅を見学したことがあり、
 素晴らしさに驚嘆したものでしたが、

 この考古学博物館にも素晴らしいローマ期の彫像がたくさんあり、
 撮りましたので、次回にそれらをご覧頂きますね。

 グリマーニ邸見学の様子 その1と2

 アクイレイアのご案内  




 今回の最後は、窓辺から見えたサン・マルコ広場の眺めを。

19-V03_1000_01_GF.jpg



*****

 コメントの書き込みについてのお願い。

 ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
 上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
 記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。

 非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、
 コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
 それもご了承下さいませ。


*****

 ただ今本家ブログには、
 アップしております。          

 ご訪問、よろしくどうぞ!


*****


 いつもブログご訪問、応援有難うございます!