・ 模写作品 ・ Copia 


◆ ベリー公のいとも豪華なる時梼書・カレンダーの1月・ランブール兄弟作 模写
  Très riches heures du Duc de Berry   gennaio - copia dall'opera  
  30.5x49.5   ペン・インキ・水彩・色鉛筆

 


  何十年も前の事、ははは、この一連のカレンダーの絵を見た時、
  本当に驚き魅せられのをよぉく覚えておりますが、
  絵を描く者の常で、模写したいものとずっと密かに。

  で、遂に取り掛かろうと決め、実際に調べて見て
  その絵の小ささに驚き呆れました。
  一連のカレンダーの大きさは、なんと22x14cm前後!
  この大きさの中に、こんなに密な世界が描き込まれている、
  それに驚くほかありません。

  カレンダー、つまり12ヶ月の四季折々の貴族社会の催しと、
  畑で働く農民たちの姿が交互に取り上げられ、
  遠くにこの時梼書を注文したベリー公所有のあちこちの城が描き込まれ、
  その上に半円形の各月の占星シンボル。

  何よりも印象的なのは、そのスタイルのエレガントさ、ブルーの色の素晴らしさ!


  今回まず何よりも苦しんだのがこのブルーの色で、多分本物には一番高価な
  ラピスラズリ、それもとびきり上等なラピスラズリが使われていると思うのですが、
  このブルーが水彩と色鉛筆では出ないのですね。
  何度もあれこれ色の組み合わせを変え、洗いおとし、塗り直し、重ね、
  別の色鉛筆のメーカーの色も買い揃え、
  漸くに、そう違った色には見えないよね、という所まで、 ・・・言わせて!


  そしてパッと見にはなんとなしに、皆綺麗な可愛い若い男達の姿に見えるのですが、
  さらっと描きながらも、年齢が分かる頬の線、目線、鼻の形、髭面、
  酒飲みかどうかの様子、等などしっかり描き込まれているのに気が付き、
  なんとまぁ、凄いものだと600年前の作品に改めて敬服です。

  この「1月の饗宴」には、後ろのつづれ織りの中は別として、
  19人描かれているのですが、
  一人だけ女性がいます。  どこにいるかお分かりでしょうか?




◆ 聖母子と2人の天使 ・ フィリッポ・リッピ ・ 
  Madonna col bambino e due angeli copia dall’opera di Filippo Lippi   
  32x23  和紙にテンペラ




 


  フィレンツェのウッフィツィ美術館貯蔵の名品フィリッポ・リッピ・
  Filippo Lippiの「聖母子と2人の天使」の模写です。

  昔はフィリッポ・リッピや、その弟子だったボッティチェッリ・
  Botticelliの絵は好きではなかったのですが、
  ウフィッツィで実物を見てからどちらも好きになりましたし、
  とりわけボッティチェッリが。


  これはもう何年も前になりますが、まだテンペラで描いていた時に、
  和紙にテンペラで模写したもの。
  当時は勿論PCも使っておらず、手持ちの写真としてはウフィッツィ美術館の
  カタログに載っている小さな写真だけで、
  トレーシング・ペーパーに写し、桝目を書き込み、それから大きくしました。


  絵のタイトル「聖母子と2人の天使像」の2人目の天使はどこにいる?!
  これは自分が描いてみるまで気がつかなかった想い出があります、ははは。

  と、実際の写真がとても暗く汚れていた感じなのを、かなり明るく描いています。
  はい、ちょうど修復が済んだ所、という言い訳を用意して・・!