・ アマルフィ 描き始めと、 ドロミーティの夏 セルジョの写真で


アマルフィの夕暮れを描き始めていますので、見てやって下さい。

アマルフィ 夕暮れ色   33x24,5cm  4号

+DSC00176_GF.jpg

アマルフィの夕暮れ色の下描きを始めた所で、見て頂くのも次回の方が
良かろうか、とも思ったのですが、
まぁ次回に見て頂く時、ああ、しっかり進んだねぇ、と言って頂けるかもと、
ははは。

薄い墨色のペン描きの後、薄墨を入れ、水色の水彩を重ね、
濃い目のブルーの色鉛筆で濃い部分を拾った所です。

アマルフィ・Amalfi の中心部はこの左手にあり、この部分は町の東外れ
一番右に見える先っちょの要塞跡を曲がると、隣町のアトラーニ・Atrani
という場所。 

夕陽の色ではなく、既に夕闇の青が始まっている時間で、
全体がほぼブルーの濃淡になる予定です。

これはずっと以前に描こうと思っていたのを漸くに始めたもので、
明かりが点き始めた部分に、下塗りの薄墨やブルーが掛からないよう、
今回初めて、マスキングの液体を使ってみました。

どちらにしても色を馴染ませていかないといけませんが、
今の所は灯のある窓など、忘れて塗らずに済みそうです、ははは。

先は長そう! です、はい。


*****

今日の第2部   ドロミーティの夏 セルジョの写真で

昨日お昼頃、さて明日のブログの第2部は何にしようか、と考えていましたら、
何とちょうどセルジョから写真が届きまして! ははは、

セルジョ、おおきにねぇ!! あんた、とても写真が良くなったよ、
明日のブログに載せるからねぇ、どこの村か教えて、とお世辞とお礼を。
という事で、見てやって下さいませませ。

これはフィエラ・ディ・プリミエーロ、この一帯の中心地ですね。

1-IMG_20180617_145457_GF.jpg



どこの泉か、2枚目の正面奥に見えるのが、フィエラ・ディ・プリミエーロの
奥にある古い城跡ですから、フィエラの高い場所と。

2-IMG_20180630_112814_GF.jpg

3-IMG_20180619_193012_GF.jpg



これもフィエラ・ディ・プリミエーロの町の入り口に出来たロータリーと。

4-IMG_20180630_113713_GF.jpg

このロータリー・Rotatoriaはどこの?と尋ねるのに、未だアルファベットに弱い
私めは、rotatoliとメッセージを送り、彼は分からず、何かと・・!
もう、何年付き合っているんやぁ、勘を働かせろやぁ!




写真は彼らの夏の家があるシロール・Siror周辺の村々で、土地名も届き
私もあちこち連れて行ってもらっていますが、これはどこか不明で~す。

5-IMG_20180624_215641_GF.jpg



背後のドロミーティの連山に夕日が当たるこれ、これもどこかな?
サン・マルティーノ・ディ・カストロッツァ・San Martino di Castrozzaかも。

6-IMG_20180619_193045_GF.jpg



これは多分、最初のフィエラの近くの村の道と。

7-IMG_20180619_192248_GF.jpg



かなり高所の村に出かけた様子で。

8-IMG_20180630_120746_GF.jpg



これはセルジョの家のあるコンドミーニオの屋根裏部分と。
彼はここに自分の隠れ家を作りつつあるのですよね、ははは。

9-IMG_20180630_130251_GF.jpg

10-IMG_20180630_130312_GF.jpg





ここからはシロールの北西の山の中、カライタ・Calaitaという湖のそばの
マルガ・山の農家、ローゼン・Lozenで出会ったワン、猫、羊だそう。

11-IMG-20180630-WA0003_GF.jpg

12-IMG-20180630-WA0017_GF.jpg

13-IMG-20180630-WA0004_GF.jpg


15-IMG-20180630-WA0016_GF.jpg

16-IMG-20180630-WA0007_GF.jpg

17-IMG-20180630-WA0001_GF.jpg

高上りする猫ちゃんや、日本だと毛がふさふさでお高い猫ちゃんとされそうな
猫たちも、自然の中でのんびり暮らしている様子ですね。


セルジョ達は既に5月の末頃から山の家に行き、兄弟のパオロ夫婦が来た、次はいつ、
孫のサミーラがいつ何日来た、次はあんたの番だ、等とメッセージをくれます。

山で夫婦2人暮らしだと、あちこちの山小屋に出かけ、歩いたり、安くて美味しい
食事をたっぷり食べたりして楽しんでいても、やはり退屈するのか、
私めにもお誘いがかかります。

有難いのですがねぇ、あそこに行くと私にはいつもの毎日の仕事が全然出来ず、
山歩きは好きでないし、日常事のお喋りだけでは退屈するのですぅ!
如何に短い日で行ってこようかと、ははは、対策を考慮中で~す。




猫ちゃんがたくさん出た所で、これは昨夜偶然に見つけた猫ちゃんのYoutube
さて何が見れますが、どうぞ。 

18-sgatto.jpg



*****

ただ今本家ブログには、
シエナの朝 カンポ広場からサン・ドメニコ聖堂へ を  
アップしております。  
http://www.italiashiho.site

ご訪問、よろしくどうぞ!

*****

いつもブログご訪問、有難うございます!
応援も宜しくお願い致しま~す!

*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。

この記事へのコメント