・ ピエンツァのヴィッラ 途中経過と、 ピエンツァのビチ(自転車)風景


ピエンツァ郊外のヴィッラを描きこんでいますので、見てやって下さい。

糸杉のあるヴィッラ ピエンツァ  26x19,5cm  3号P

s+DSC00173_GF.jpg

緑の色、土地の起伏に気を付け描きこんでいます。

というのも左は何の畑なのか、草っぽい葉で飼料かな、
で右は麦畑ですので、
その違いの色と見え様に気をつけています。

先回に、本来は全て左倒しだったのを直した糸杉達の、
まだ少し気になる部分も修正し、

奥に見えるヴィッラの壁なども描きこみ、どっしり感が出る様にと。

今はまだ手前の畑の描きこみが不足の気がしますので、
もっと描かないといけませんし、

道は草の生えた部分は少し塗りこみましたが、白い筋はまだ
下描きのままです。


そんなこんなで、少し雰囲気が出て来たかなと思いますが、
もう少し頑張りま~す!


*****

今日の第2部   ピエンツァのビチ(自転車)風景

ピエンツァの目抜き通りで見かけたビチのあれこれを。

ビチ・bici はビチクレッタ・biciclettaの略ですが、
いつも皆がこう呼んでいるので。

一時少し雨模様となったピエンツァでしたが、お昼ご飯を食べた後、
町中を行くと自転車が目につき、撮ったのが4枚ありました。

ピエンツァの壁の色は茶系の、如何にも脆そうな凝灰岩なのですが、
その壁をソニーのコンパクトで撮った色がとても暖かい色に出て、
それが良い感じなので、今回はそれでご覧頂きますが、

まず扉の前。

sDSC09476_GF.jpg



こちらは店の前で、何かシャンプーかな、が並んでいるのが見えますが、
全体の道具立てが、このまますぐ描けそうなくらいでしょう?! ははは。

sDSC09477_GF.jpg



こちらの壁の雰囲気も良いでしょう?!

sDSC09479_GF.jpg

で、これを撮りたかったshinkaiの先に、このビチの脇に膝を折って
携帯の画面を持って待っている中年男性がおり、動かないのですねぇ。

遂に待ちきれず目が会ったのを幸いに、何をしているのか、と聞きますと、
向こうは英語でこちらはイタリア語のみ、ははは、でも通じたんですね、

つまり彼は車の前輪の円周半分とスポークを手前に入れ、
通りかかる人の姿を入れたヴィデオを撮りたいのだと。
あんたやってくれる? OK、お安い御用、と
どこから歩く? ここで良いか? と片道を行き、
戻って、でもう一度歩くと、
OK、すごく上手く行った、狙い通り! サンキュー、サンキューと、ははは。

見せてくれましたが、ビチの車輪の道との接点にピントが合い、
それに濃い赤の傘をさしたshinkaiの歩く姿が遠くぼんやり写っている、
という感じで、はい、顔はぴったしと映ってはおりませんので大丈夫、ははは。

綺麗な映像でしたよ。 後で考えて、送って貰えば良かったと残念。
という事で彼が去り、ゆっくりとこれを撮ったという次第。




右後ろにフレスコ画の名残が見える壁の前。

sDSC09480_GF.jpg


本当にピエンツァの壁は魅力的でしょう!!




これはshinkaiが一度描いた壁と椅子で、まだそのまま、ありましたぁ!
ははは、位置も同じで、鉢植えの植物が変わったくらい。

sDSC09481_GF.jpg

というおまけ、でしたぁ。


*****

ただ今本家ブログには、
シエナ点描  小路と、黄昏どき を  
アップしております。  
http://www.italiashiho.site

ご訪問、よろしくどうぞ!

*****

いつもブログご訪問、有難うございます!
応援も宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。

この記事へのコメント