・ トスカーナの道 描き始め と、 夜明けのトスカーナ


  トスカーナの道を描き始めているので見てやって下さい。

  トスカーナの白い道   ヴァル・ダッソ  3号P 

+DSC06914_GF.jpg
  
  トスカーナの主要道から脇に入りこむ道は、殆どが白い道・
  ストラーダ・ビアンカと呼ばれる地道で、
  起伏する丘の間を縫い、それぞれの村に、農家に、アグリトゥリズモに
  連絡しますが、

  道が乾いている時は車が通るともうもうと土煙が上がり、
  濡れて地盤が緩んでいる時に通ったりの後遺症は、酷い穴ぼこ道に!

  それでも緩やかに、また時にきつい坂道の上り下り、カーヴの連続、と
  ずっと以前からこの白い道を描いてみたいものと、
  良い形、糸杉も点景を添えている、気に入る道を探しておりました。

  漸く今回この道を見つけ、よし、描いてみよう! と。

  今まだ全体に色が入ったばかりの所で、これから草原、ちょっと初秋の枯れ色
  が入った草原、荒く耕された土の色ももう少し濃くなっていき、
  空もグレイに近い全体の濃いめの色の中で、

  白い地道がはっきりと見えるように、描こうと思います。



 *****

  今日の第2部   夜明けのトスカーナ

  ヴァル・ダッソで泊まったアグリトゥリズモ近くの散歩の風景を
  本家の方にアップしましたので、
  こちらでは翌朝の夜明けの空の色をご覧下さいね。

  夜明け前に起きて、前日午後散歩したのとは逆に下り道を行き、
  糸杉の並ぶ道の間から見えた夜明けの色、

  これは谷の向かいの山の上の空。 糸杉の並んだ姿が見え、
  一筋の明るい光の線が輝き始め、

1-8031_GF.jpg



  余りにも暗く撮れているので、少し明るく見えるように調節した
  糸杉の並ぶ道と、谷の向かい側。

2-C17_8036.jpg




  空の上の方の雲は赤く染まり、  

3-C17_8044_GF.jpg



  向かい側の山の稜線が入り込む位置には、雲がかかり、  
  
4-C17_8049_GF.jpg




  北の空も少し明るくなり始め、

5-C17_8051_GF.jpg




  こちらは東南の方角、山の窪みから白い帯の様に霧が流れます。

6-C17_8063_01_GF.jpg




  南に見える美しい姿の山は、オルチャの谷のシンボル、モンテ・アミアータ。
  すでにかなり明るくなって来ていて、

7-C17_8070_GF.jpg




  最初の光線が畑に当たり始め、

8-C17_8074_01_GF.jpg



  ご来光!

9-C17_8075_GF.jpg




 *****

  ブログご訪問、有難うございます!

  こちらの絵のブログの引っ越し整理がなかなか片付かず、ですが
  今月で古い方を解除しようと思いますので、
  そうなると多分今は見えている写真も、まだ整理がついていない
  2015年以前は消えると思いますので、
  どうぞ、ご了承を願います!

  で、少しでも早く通常のブログに、生活にも戻りたく、へへ、
  明日からお盆明け位まで、ブログをお休みさせて頂き
  整理に励むつもりですので、
  どうぞよろしくお願いいたします!!


 *****

  コメントの書き込みについてのお願い。

  ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
  上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
  記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。

  非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、
  コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
  それもご了承下さいませ。


 *****

  ただ今本家ブログには             
   アップしております。           

  ご訪問、よろしくどうぞ!


 *****


  いつもブログご訪問、応援有難うございます!









この記事へのコメント

  • みよ

    スゴイな。
    ため息が出る風景ですね。
    今からご本家の方へうかがいます(^^)
    2017年08月02日 01:21
  • shinkai

    ★みよさん、こんにちは! こちらの方にお出で下さって、コメントも有難うございます。

    朝の色、夕方の色、それぞれにとても素敵なのですよ。 
    ピンク色になる時がかなりあって、それが大好きなのです。
    と、やはりこちらの土地の広がりが良いのかも、ですね。

    また覗いてやって下さい!


    2017年08月02日 15:10
  • 小父さん

    随分とご無沙汰しています!
    私の方は完全に行き詰まり状態で、ランキングのバナーつけたりして青息吐息でやっとこっと更新だけを続けております。

    さて、久方ぶりにコメント挑戦です。

    >トスカーナの主要道から脇に入りこむ道は・・・

    いやー、いいですね~。
    やはりこんな絵に接しないと、写真でも同じようなところをぐるぐる回っているばかりです。

    >・・・ともうもうと土煙が上がり、

    あの自転車競技の時の土煙はこれでしょうか?(笑)
    こんなモチーフは以前にはお見かけしなかった気がします。
    地道は一見砂漠のようにも感じられますね。

    ストラーダ・ビアンカに面白味と、どことなく親しみを感じます。
    頑張って、制作と跡を追っかけたく思います。

    【第2部】
    >翌朝の夜明けの空の色をご覧下さいね

    いやー、素敵ですね。
    私も何枚かこんな時間のこんな色を撮りましたが、どうも人に見せるような写真になりませんでした。
    う~~~ん、稜線は糸杉ですか!?
    うわっ、その下がまた憎いです。
    こんな光景が撮れるんですね!
    私は手本なしにこの場に立ったら稜線と朝焼けだけに焦点を合わせてしまうでしょうね。
    手前の地道まで写っていて・・・。

    >空の上の方の雲は赤く染まり、

    なんと!
    朝焼け雲が流れて・・・、稜線の下には雲か霧か・・・、黒い山影と空のバランスが絶妙に感じられます。
    その下6枚の作品には息を飲み込むばかりです。
    いや、素晴らし過ぎます。
    この推移は真似てみたいですが、こんな場所がないものか?と今思っているところです(笑)

    やはり、素敵な絵や写真には接していないと駄目だと感じました。
    どうも有難うございました。
    2017年08月05日 20:53
  • shinkai

    ★小父さん、こんにちは! 早速に新ブログにコメントを頂き、有難うございます!!

    いぇいぇ、ランキングのバナーを拝見した時は、おお、頑張っておられるなぁ、と思ったです。 
    やはり新しい読者の方にも見て頂きたいですものね。 私もブログを引っ越しするので、やっぱり改めてランキングに参加しよう、と思いましたもの。


    そうです、そうです、あの自転車競技の時と同じ、白い道・ストラーダ・ビアンカです。
    はい、土の道の上に細かい砂利が敷いてありまして、所々に補助用の砂利の土盛りもあるのを今回、この絵の元の写真を見ていて気が付きました。
    やはり穴ぼこが出来たりした時の応急処置、というか、自分達で処理するのでしょうね。


    う~ん、やはり日本ではこういう平地の面白さというのが見つけるのが難しいのが第一の問題点でしょうね。
    きっと朝焼け、夕焼けの美しいのが見つかっても、手前は住宅の屋根がずらっと並ぶのではないでしょうか・・。

    そちらでの近くで自然の色、朝焼け、夕焼けが広く見える所というと、やはり明石の海あたりでしょうか?
    とか、六甲山はどんなですかね、私は一度しか上に上った事がなく、覚えていないのですが・・。

    こちらこそ、有難うございます!
    引っ越しも一応終わりましたので、またお邪魔させて頂きますね。

    2017年08月06日 03:00