・ カステルッチョの仕上げと ・ スコミーゴ村の朝 


  暫く置いて様子を見、最後の仕上げのつもりで手を入れた
  カステルッチョを見てやって下さい。


  遥かなるカステルッチョ

1-DSC06855_GF.jpg     

  先回見て頂いた後、いまいちどこがどう、とはっきりと指摘できないながら、
  イマイチ違うんだよね、と思い、暫く置いていたのですが、

  漸くにもう一度取り組む気持ちが来て、やってみました。

  まず村のペンでの下描きの時に茶色のインクを使っていたのが
  最後まで残って見えていたのを極力消し、

  家の壁の色なども固有色に拘らず、屋根の瓦の色も、
  光の当たる屋根と影の壁、と考え、上から色を掛けて抑えました。

  村のある丘の斜面も、茶系の緑だったのを抑え、 
  平野から立ち上がる色の濃さのみに抑え、

  背後に立ちはだかるベットーレ山の色も、右半分にかけて
  少しブルーを濃く、山の凸凹も少し強調し、

  平野部に明るい部分を作り・・、
  他にもあれこれ手を入れたのですが、
   とにかく全体の空気が繋がるように、
   そしてその中での個々の存在があるように、
  と考えて描き込みました。

       
  後はちょっと今の自分には分からない感じになっていますが、
       
  こんな所でどんなでしょうか?



 *****

  今日の第2部   スコミーゴ村の朝

  実は先回の夜明け、日の出の写真に続いて、
  カルページカ村の教会の影などが葡萄畑に落ちる写真を
  見て頂くつもりでしたが、

  なぜか時々起こるPC内のニコン・ソフトのストライキで、
  ではと、そういう時に時々働いてもらう引退NEC内のソフトを使いました。

  で、出来た、と思って写真を見ようとしましたら、ほとんどが開けず、
  クリックすると別の写真が出たり、まるで損傷していたりで・・!
  情けない事に、たったの3枚のみセーフ。

  という事で、今回は助かったのをご覧くださいね。


  日の出の後すぐの葡萄畑と農家の様子で、壁に当たる陽の光が黄身っぽく、

2-DSC06877_GF.jpg     

  戻り道で撮った同じ場所ので、光の色が違っているのも見て頂きたかったのですが・・!




  カルページカ村の教会脇から、葡萄畑の中に埋もれる家。
3-DSC06880_GF.jpg
     



  朝歩きの時、盛大に歓迎してくれるワン君。

4-DSC06888_GF.jpg     

  冬の間は出てきても2フレーズ位ワンワンワン!と吠えてさっさと小屋に戻るのですが、
  この時はカメラを構えたら盛大に吠えてくれすぎで、ははは、
  2枚撮りたかったのを1枚に遠慮したほど。 
  でも尻尾を盛んに振っているのが見えるでしょう?


  という3枚のみで、次回までにどうぞ、ソフトの機嫌が直りますように!!

 *****
  コメントの書き込みについてのお願い。
  ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
  上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
  記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
  非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、
  コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
  それもご了承下さいませ。          
  ***** 

  ただ今本家ブログには、         
  n.3 メラーノの町散歩 ・ サン・ニコロ教会(ドゥオーモ) ヴィア・ポルティチ 

  をアップしております。      
  http://www.italiashiho.site

 *****
   いつもブログご訪問、応援有難うございます!
 

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック