・ カステルッチョ 仕上げに向けて と、 スコミーゴ村、林の奥の春 


  カステルッチョを仕上げに向けて頑張りましたので、見てやって下さい。


  遙かなるカステルッチョ

+DSC06132_GF.jpg     

  先回はまだ描いていなかった、背後のヴェットーレ山の山襞の上部も描きこみ、
  中景部分、左の低い丘部分から右の平野の畑にかけても、

  そして村のある山裾部分を濃くし、平野から立ち上げっているのが分るように。
  それにつれ、村の建物、木々なども描きこみました。

       
  そして最後にベットーレ山のとりわけ半分から上を薄いブルーで抑え、
  また山全体にも色をかけ、平野全体の広さ、空気感が出るようにと・・。

  山襞などももっとはっきり描いていたのも、最後の段階で色をかけ、
  その気で見るとうっすらと見える、という程になったのですが、
    
  絵の中の空気感という意味では、この方が良いのだろうと思います。


  ということで、どんなでしょうかぁ。




 *****

  今日の第2部   スコミーゴ村、林の奥の春

  すでに10日以上経ってしまいましたが、村の林の奥、野生の花などを
  撮っていましたので、それを見てやって下さいね。

  村の道から葡萄畑の脇から入り込むと、奥にこんな風に小さな林
  
2-DSC06053_GF.jpg   




  草原には一面のイヌフグリが咲き乱れ・・

3-DSC06001_GF.jpg     

       

  これは「ヒメオドリコソウ」というのだと、
  いつもお邪魔するfrescoさんの「andante-desse」
4-DSC06003_GF.jpg
     
 


  トウダイソウの小さなのがやっと2つ。
5-DSC06004_GF.jpg
     



  野生のクリスマス・ローズの花と、種袋になりかけと。
6-DSC06024_GF.jpg
7-DSC06054_GF.jpg
     
  2枚目の土盛りは、モグラ君の仕事。



  林の奥に咲いていた、野生のプリムラ。
  自分で影を作って、やっと薄黄色が撮れました。
8-DSC06030_GF.jpg
     



  林の奥に細く流れる湧き水。
9-DSC06032_GF.jpg
10-DSC06035_GF.jpg
     

     

  蔦の葉もまだ柔らかく、赤く。
11-DSC06034_GF.jpg
     


       
  モグラ君はどこでも大活躍。
12-DSC06037_GF.jpg
     
  林の辺りの花の蕾はまだこんなだったのですが、
13-DSC06042_GF.jpg
14-DSC06044_GF.jpg
     

     

  家への道に戻って来て見る、お家の庭の花はすでにこんな感じ!!
15-DSC06057_GF.jpg
16-DSC06059_GF.jpg
     



  鶏の子も、shinkaiを見て小屋に逃げ・・!
17-DSC06061_GF.jpg
18-DSC06062_GF.jpg
     
  ははは、shinkaiは肉食をしないのを知らないな。



  こちらイタリアの花々は、日本のように順に咲くのではなく、
  その土地の風当り、日当たり条件などにより、
  とにかく一斉に、順番無しに咲きだします!

  今は畑はタンポポの真っ黄色で埋まってますし、モクレンもとっくに満開、
  藤の蕾もぐんと膨らみつつあります。

  こちらの桜は白いのですが、まだ小さな蕾で、・・待ちかねています。



 *****

  ただ今本家ブログには、
  運河沿いの春 ・ トゥレヴィーゾ n.2
  をアップしております。        
  http://www.italiashiho.site/     
       
  ご訪問、よろしくどうぞ!




       

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック