・ 我が猫 仕上げ と、  抱腹の、動物たちのセルフィー写真!

我が猫を、一応仕上げとしましたので、見てやって下さい。

我が家のデブちゃん  フィニ  19x15cm 0号大

+DSC03144_01_GF_1.jpg

我が家のデブ猫フィー君、絵が小さいのもあり、長年付き合い良く知っているせいか、
余り迷う事なく描け、今の所これで一応仕上げとした所です。

描き出しを見て頂いた先回は、顔の左半分に色が付き、右は下描きのペンの線が
見える所だったですが、

あの時はこれでOKと思っていた体の線、後頭部から首、背中にかけての右上の線、
そして首のくびれの線、口元、喉の線など、

実際に色を付け、描き込んでいくと、とりわけ後頭部から背中にかけての形が、
いくらデブちゃんとは言え余りにもなめらかで、大ナメクジではあるまいしと、ははは、
背中の高さを1cm程も下げたり、

向かって右耳の内側の線も2mmちょっと減らしたり、首のくびれの線も顔に寄せ、
口元の締まりもダイエットさせ、鋭い野性的な目つきに相応しく、
つまり少しばかり若さを回復させ魅惑的に、ははは、

親心丸出しで、ハンサムな我がフィニ君、にしたのであります!

最初の描き出しの時に見て大丈夫と思った線もあれこれかなりの訂正で、
そうか、描き込むとこんなに違うのかと、我ながら出だしOKと思っていただけに、
違いの大きさ、まだまだ自分の目が確かでない事に改めてふ~む、と思った事でした。

でも面白く、楽しかったで~す!  また猫ちゃん、描きたくなったぁ!


*****

今日の第2部   抱腹の、動物たちのセルフィー写真!

今日は上の「我が家の猫フィニ」に倣い、第2部も動物達、それもセルフィー写真!

セルフィー、は皆さんもきっと良くされるでしょう? この「セルフィー・selfi」と
いう言葉が最初に登場したのは2002年のオーストラリアのブログ上だそうで、
現在はもう当たり前みたいにカメラで、スマフォで撮ったのが出回ていますが、

動物たちのセルフィーという面白い写真と記事のサイトを見つけました。
10 DIVERTENTISSIMI SELFIE DI ANIMALI DAVVERO IRRESISTIBILI!
10枚の、動物たちの抱腹のセルフィー写真」で、

皆さまにも笑いをお裾分けしますね。
中に一枚、既に我がブログにアップしたのもあったので、これはパスを。

1. インドネシアの尾長猿  

+selfie-macaco-indonesiano.jpg

動物自身によるセルフィー、と最初に認められたのがこの写真の様で、2014年。

物凄い数のダメ写真もあるものの、中には、おお、やったぁ!というのもある、
という事で。
このお猿さんも、何となし、にっこり笑って、という感じですよね? ははは。



2. 仲間全員集合!

1-selfie-banda-completo-cani-e-gatto.jpg

1人を除いて、皆こちらを見ているのが良いなぁ!



3. 雪景色の中で。

3-selfie-sulla-neve.jpg

これ、上の猫ちゃんと同じでしょう?! ワン君も1人同じのがいて。
慣れた手順で、カシャッとやったのかな? ははは。



4. ナマケモノも。  驚きますねぇ! 手を伸ばしているのもハッキリね。

4-selfie-al-rallentatore.jpg



5. カンガルーと一緒。 

5-selfie-con-canguro.jpg

以前動物とのツー・ショットをブログに載せた事があったのですが、その時と同じで、
なぜか動物と人間が同じ顔をして写っていて、笑えます。
   


6. 最初にセルフィー、その後、私の合図で大騒ぎに、と。 

6-selfie-prima-di-scatenare-inferno.jpg

コメントに笑いましたが、恐ろしくもあり、ははは。 でもこれは大傑作!!
それにしてもようやるなぁ。



7. ポーズなしの、セルフィー。  気取った訳ではないのね。

7-selfie-sexy-cane.jpg



8. 仰向けのセルフィー。   ははは、笑っているぅ!!

8-selfie-a-testa-in-giu.jpg



9. ツー・ショット。  

10-selfie-di-coppia.jpg

そう、この彼の、動物とのツー・ショットの写真がたくさんあって、
そのどれもが2人が同じ顔で!

上のカンガルーとの彼同様、こういうオーストラリア発のツー・ショットが
流行の起こりだったのでしょうね。



10. 美容院から出てきた所で、セルフィー。  ははは。

9-selfie-con-capello-appena-fatto.jpg


*****
  
ただ今本家ブログには、
モンテ・オリヴェート・マッジョーレ修道院 ・ トスカーナ・キュズーレ を
アップしています。
ご訪問、よろしくどうぞ!


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。
スポンサーリンク