・ 葡萄畑 途中経過と、 モンティキエッロの猫たち その2


葡萄畑を描きこんでいますので、見てやって下さい。

初夏の葡萄畑 ヴェネト   22,5x16㎝ サムホール

1+DSC00358_GF.jpg

段々畑式の古い葡萄畑で、土地の傾斜に沿い、
上から見ると畝の幅がバラバラに見えますが、
この辺りは昔ながらの全部人手による、トラクターの入らない畑。

畝の影の出方、光が当たる畝の上の色、などなど
しっかり描きこみながら、それでも全部の緑の色が同じでない様に、と
あれこれ工夫しています。


今こうして写真を撮ってみると、小屋が少し傾いて見え、あれま、

と、左下の畑の上から2つ目の畝の上部が、上の下ってきた横畝の部分と、
土地は繋がっているのに、少し浮いて見えるのに気が付きました。
直します。

その横の、右半分の畑は何とか大丈夫ですね?

は~い、もう少し頑張ります。


*****

今日の第2部   モンティキエッロの猫たち その2

先回見て頂いたオルチャの谷はピエンツァの東にある村
モンティキエッロの猫ちゃん達ですが、今日はその2回目。

村の門を入り坂道を辿り、教会のある中心に向かいますが、

2-S22_2888_GF.jpg



ここは小さな広場に面した店、女主人が描いた水彩画などを売っていて、

3-S22_2892_GF.jpg

その2階は宿になっている、どうやらちょっとしたお屋敷の感じがする宿で、
以前3泊ほどした事がありましたっけ。




で、どこかに猫ちゃんがいるだろうけどな、と思っていると、ほらね!
高い奥の石塀の上。
でも、見るからにブス猫ちゃんの様で・・、ははは。

4-S22_2914_GF.jpg



声をかけつつ、順々にアップしていくと、ほらぁね、ははは。

5-S22_2915_GF.jpg

6-S22_2916_GF.jpg

耳も左はやられて傷だらけ! 一生笑った事がないような顔で、
ひょっとして左の頬っぺたにもやられた跡かな?!

可哀そうにね、笑ってごめんよ。 早くお家にお帰りね!




最初の内に会ったまだ若い猫ちゃんが、一回りして来るとまだ同じ
道端にいて、黒猫ちゃんが横切り、

7-S22_2918_GF.jpg



黒ちゃんは、向かい側のお家の扉の前に。 綺麗な猫ちゃんでしょう?

8-S22_2920_GF.jpg



若い猫ちゃんはあっちを見たり、こっちを向いたり、
やはり少し緊張の耳立てで、

9-S22_2923_GF_1.jpg

10-S22_2922_GF.jpg



またshinkaiが一回りして戻って来ると、最初の近くの道にまだ。
ただ日陰に引っ越しておりました。

11-S22_2938_GF.jpg



最後は、モンティキエッロから眺めるピエンツァの町。

12-S22_2949_GF.jpg


今頃はまだ麦秋の色かな?
それとも麦刈りが始まっているかな? 


*****

ただ今本家ブログには、
シエナのドゥオーモ博物館 と ファッチャトーネの上から を  
アップしております。  
http://www.italiashiho.site

ご訪問、よろしくどうぞ!

*****

いつもブログご訪問、有難うございます!
応援も宜しくお願い致しま~す!

*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。