・ ピエンツァのヴィッラ 仕上げと、 ドロミーティ便り 2 セルジョの写真


ピエンツァの町外れのヴィッラを、仕上げのつもりで描きこみましたので、
見てやって下さい。

糸杉のあるヴィッラ ピエンツァ  26x19,5cm  3号P

1-DSC00372_GF (2).jpg

そろそろ仕上げにしたく、手前の畑部分を塗り込み描きこみ、
ヴィッラに続く道の草の線と、車輪の通る白い砂利部分を
描きこみました。

絵を描いていて、もうそろそろという頃になると早くお終いにしたく、
ははは、つい面倒になって仕事を急ぐのですが、

今回は大いに粘り、shinkaiにしては、はは、描きましたが、
どんなでしょうかぁ?

背景の空の下部分、先回は青色がかなり下にまで降りていたのを
消し、青も少し明るめにし、
糸杉も少し色を掛けたり、左の影部分をシャープにしたり・・、

てな事で、満杯で~す。


*****

今日の第2部   ドロミーティ便り 2 セルジョの写真

先回に続き、セルジョ・Sergioの写真によるドロミーティ便りですが、
ほぼ1~2日置き位に写真が届くので、受ける側は落ち着きません。

届いた写真に、くぼむ程の文句を言えませんし、はぁ、かと言って
なんでも良い良い、という訳には行きませんで、ははは、

食べ物の写真を送って、と書きましたら、何枚かボケボケのやつが届き、
いくら何でもと、これだけボケていると修正のしようがないよ、と書き、

これで暫くは届かないかと思っていると、
今朝起きて見ると、既にもう次のが届いている、という次第でして・・!

てな様子で、こちらのブログのネタは?と考え付かずのままで、

セルジョの写真の第2弾、ドロミーティ便り、 見てやって下さい!

兄夫婦と2組で出かけた様子で、 
小さな流れを渡り、

2-IMG_20180718_165717_GF.jpg



山道の脇にある、小さな祠。

3-IMG_20180718_165833_GF.jpg



これは立派な木組みの家ですねぇ。

4-IMG_20180718_170114_HDR_GF.jpg



その奥に見える、もう一つの山小屋。

5-IMG_20180718_170230_HDR_GF.jpg



この一帯は第一次大戦で、オーストリアとの激戦が繰り広げられた所で、
その慰霊碑もあり、

6-IMG_20180718_173134_HDR_GF.jpg



高台からの眺め、下に集落も見え、

7-IMG_20180718_173148_HDR_GF.jpg



上に1914-1917年の、グランデ・グエッラ・大戦争と。 
イタリアにとってはオーストリアからの独立戦争でもあったので、
その戦争時の塹壕とか、貯蔵庫とかがまだあちこちに残っており、

8-IMG_20180718_180951_GF.jpg



彼らはそれも見に行ったようで、小さな洞穴みたいなのから、

9-IMG_20180718_181211_GF.jpg



こんなかなり大きな岩山を掘り込んだ、貯蔵庫かな、の写真も。

10-IMG_20180718_181446_GF.jpg

左からドナテッラ・Donatella, ジューリア・Giulia, そして
セルジョ・Sergio。




この山小屋でお昼のポレンタと茸、ソーセージ類を食べた様ですが、
この土地は野生動物保護地帯かな、で、
下に見えるPro loco Caoriaからどこかが分かり、

11-IMG_20180718_202754_HDR_GF.jpg



こんな立派な角を持った鹿の写真もあり、

12-IMG_20180718_202611_GF.jpg



地図をどうぞ。  セルジョの山の家は右に囲ったシロール・Sirorに
あり、今回彼らが行ったのは、南に下った所に赤い楕円を付けた所から
北西に山道を辿り、カオリーア・Caoriaという所です。

13-lagorai.JPG


最初、第一次大戦の塹壕などの位置を確かめるのにネットであれこれ
見ていましたら、こんなサイトが見つかり

こちらは上に囲った、バイタ・モンテ・カウリオル・Baita Monte Cauriol
から、この一帯の高山に上った記事で、
山はもちろん、高山植物、そして見つけた戦時の塹壕の写真満載なので、
どうぞご覧下さい。

それにしても、アルプス兵はこんな高山の険しい所で戦ったのか、と
驚くと共に、100年後にまだこんなに健在で残っているのにも驚きました。


*****

ただ今本家ブログには、
糸杉の道 2本 ・ シエナのクレーター と オルチャの谷と を  
アップしております。  
http://www.italiashiho.site

ご訪問、よろしくどうぞ!

*****

いつもブログご訪問、有難うございます!
応援も宜しくお願い致しま~す!

*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。
スポンサーリンク