・ 仕上げの3点 と、 個展のお知らせ、 新しい色鉛筆!


仕上げにしました3点を見てやって下さい。

芽生え 葡萄    0号 19x14,5㎝

1-DSC08828_GF.jpg

作品の仕上げとするのに次々と取り掛かりつつ、
当然ながら置いてある作品にもやはり目が行きますが、
この葡萄の小品には、えっ、こんなに背景が暗かった?!と驚き、
とにかくもっと明るくしたく、どうやって消そうか、と最初は消しゴムで。

所が塗り込みがしっかりなので、とても消しゴムでは消せず、
ならばと、もう一度紙の裏から刷毛で水を塗り、
パネルに貼り付けました。

で、乾くのを待って、水を含ませた筆で徐々に背景を洗い落とし、
それでもかなり濃い緑色が残りましたが、
徐々に色味を見ながら背景を詰めました。

と同時に、背景が明るくなると、右側の枝の色も気になり、
新芽の描き込みもしっかりと手を入れ、

とにかく明るい背景色に負けない様に、と頑張り、
何とかOKかな、という所でお終いにし、写真を撮りました。


ですが、その翌朝見て、また背景の色が気になり、へへ、
枝の右側、そして芽生えの葉の周囲を、殆ど見えないほどに、
でも感覚的に分かるくらいに、ははは、薄紫でぼかしを。

つまり、これで葉の周囲がも少し明るく感じるかな、という仕上げを、
shinkaiの気分の仕上げかも知れませんが、ははは、
で、最後としました。




トスカーナの白い道  ヴァル・ダッソ  3号P

2-DSC08822_GF.jpg

写真が少し暗めに写っていますが、

全体にシラミ潰しをしながら、色を補い、明るい光が感じる様にと
手を入れました。


色の塗り込みをしっかりする事により、それだけで絵の密度が深くなる、
コクを感じる、という事も今回の仕上げ全般で改めて強く感じ、
その仕事をし直した、という様子でした。




壁の聖母子像  アーゾロ  3号P

3-DSC08830_GF.jpg

全体のシラミ潰しを徹底的にし、それから見えてくる色、形をもう一度確認、
描き込んだ、という仕上げでした。

壁、窓の鎧戸などなど、シラミ潰しをしてしっとりと見えてくると、
逆に描き込みの不足も見えてくるので、全体を詰め、
それから聖母子像が弱く見えぬよう、締め、お終いとしました。


今回の様に、展覧会前に最後の仕上げでこんなに仕事をしたのは、
多分最近では余りなく、
逆にとても勉強になった、というか、新しく見えた事に嬉しく、
それに励まされ、せっせと励んだのでした。

これは上に書きましたように、シラミ潰しを徹底的にすることで
新しく見えてくる形、色があり、描き込みの不足も良く分かる、
という、
今後の仕事の重点を新しく肝に銘じた、という感じでした。

と、また新しい自分の発見に喜んでいるshinkaiです!



という所で23日の金曜に、あと2点、手持ちで持ち込むつもりの
「たんぽぽ」と、「ベリー公の2月のカレンダー」を残して荷造りし、
日本の額屋さん向けに送り出しました。 やれやれ!

無事にちゃんと届いてくれる事を祈るのみです!

何せ、暮から年明けにかけて、日本からの荷物やクリスマスカードが
50日から60日もかかったので!
とにかくイタリアから早く飛び立ってくれる事をのみ。
無事に日本の空港に着けば大丈夫! と知っておりますので、ははは。



◆ 個展のお知らせ ◆

3月19日から25日まで、東京八重洲地下街のギャラリー八重洲にて
個展を開かせて頂きます。
新しく描きためた20枚ほどを含め、約40点ほどの展示となります。

4-東京展DM_2.jpg

5-東京展DM_1.jpg

私にとりましては初の東京での個展であり、また殆ど友人も知り合いも
いない東京ですので、いささか緊張しております。

お知り合いの方にもお知らせ頂けましたら、嬉しい事!
どうぞご高覧よろしくお願い申し上げます。


DMを送って欲しい方、またお知り合いの方に、という方ございましたら、
コメント欄の「非公開」にクリックを入れ、
ご住所、お名前をお知らせくださいます様、お願い致します。



*****

今日の第2部  新しい色鉛筆!

というタイトルを見ただけで、えぇ~、また買ったのぉ?!
という声があちこちから聞こえそうな気がしますが、ははは、
まぁ、いきさつを聞いてやっておくんなまし。

絵の仕上げを済まし、フィキサティフをかけていて出が悪くなったので、
これは明朝一番に買いに行って、それから荷造りを、という事になり、

はい、翌朝8時15分から出かけ、最初に大きな店の方に行くと、
無い! 店が閉まっていて、中もがらんどう! 店仕舞い。
あちゃぁ、ともう一軒の店に行き、フィキサティフを購入。

ついでに鉛筆の形になった消しゴムや、短い鉛筆の補助、消しゴムで
出来たキャップなども購入し、お金を払い出口の方に。

で、そこのガラスケースに色鉛筆があるのを何となしに見て、
うん? 水彩色鉛筆と書いてある、どこのメーカーだ? となって、
先程のシニョーラに、これ見せて貰えます?
何せ、ガラスケースには鍵が掛かっていますし、少し高い位置なので。

下ろしてくれたところで、値段を聞くと69エウロ?! うん、安いじゃん。
ちょっと試し書きをして良いですか?

余り良い顔では無かったですが、それ位は軽くクリアして、ははは、
書きごたえの感触も余り柔らかくなく、ちょうど良さそうなのを確認!

6-DSC08834_GF.jpg



店員のシニョーラは、これは脈がありそうとみて、
これは72色だけど、別に36色も24色もありますよ、と出して来ますが、
色鉛筆を使って描いているので、500本以上の色を持っている、というと、
もうすっかり感心して下さり、きゃはは、

そんなこんなを話す内に、値段の69エウロと、色の72色がごっちゃになり、
62エウロと言い出したもので、ははは、
大人しい日本人shinkaiは少しも逆らわず、
レジで62エウロと打ち込むのに、にっこりとグラーツィエ!! ははは。

上の写真は、かくかくという次第の戦利品ですが、はは、




店ではどこのメーカーか分からず、ケースの裏にチェコ製品とあるので、
それで安いのか、と思ったのでしたが、

家に帰って落ち着いてみると、表にもしっかり KOH-I-NOOR という
オーストリアのメーカーの名があり、
というのも、これは少しお高めでしたが、考えて見れば当たり前で、
持っていますが、同メーカーがチェコで作っている製品なのだと判明。


内部を開くとこんな様子で、なかなか良い感じ!
実際色の調子もなかなか気に入る感じで、描き心地も試したように
なかなかOKで、喜んでいます。

7-DSC08835_GF.jpg

先回買ったLYRAの色鉛筆が、どうも色の乗りがイマイチで、
使いにくいのもあって些か悔しい思いをしていたので、
ついつい、新しく見た色鉛筆を買ってしまったのですが、良かった!
これでまた励みが付いて、しっかりお絵描きが出来る、というもの、へへ。


あれこれのメーカーの製品を使ってみて、一番気に入って使えるのは、
私にはまず一番がカランダッシェ、そしてステッドラー、
ファーバーカステルでしょうか。

メーカーごとの色別の細やかさ、固さ柔らかさの違いもあり、
使っている内にお気に入りのメーカー、個別色も出来て来て面白いですが、

でも本当にそろそろ、色鉛筆の買い漁りは控えようと、・・ほんまだす!



*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。

非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。


*****

ただ今本家ブログには、
アップしております。   

ご訪問、よろしくどうぞ!


*****


いつもブログご訪問、有難うございます!
応援も宜しくお願い致しま~す!



スポンサーリンク