・ 7月のトスカーナ 麦秋 ・ 描き始め 


  新しく描き始めている、トスカーナの麦畑。
  見てやって下さい。

  7月のトスカーナ 麦秋   34x22cm 4号P

+C27_9146_GF.jpg     
  6年前に出かけた初夏のトスカーナは麦秋の盛りで、
  刈り入れ前の畑、刈っている最中、刈った後の麦輪ごろごろと、
  広大な眺めを楽しみ、凄いなぁ、と写真もたくさん!

  ですがどこか、イマイチ心底馴染めないというのか、
  余りにもの広大さに飲み込まれ、
  緑の林や糸杉とのコントラストの激しさにも、
  ちょっぴりの気持ちの違和感が残りました。

  なので水彩画を再開しても、漸くに1枚描けただけ!

  で今春、緑の広がる風景を眺め、
  秋にもう一度、今度は荒土の広がりをも見ることが出来、
  漸くに自分の中に納得できるものを感じ、

  そうなると、今迄もひとつピンと来なかった麦秋風景も、
  なんとなんと素晴らしい!と再見できるようになり、
  ああ、これ描きたい!というのがいくつか。

  これは、カスティリオーネ・ドルチャの近くの畑で、
  左上に刈った後すぐのピカピカの三角が見え、
  手前は波打つ、刈り取り前の風に揺れる麦穂!

  描きたい!と思うと、手に負えるかどうかはさて置き、ははは、
  何とかなるだろうと始めるShinkai!

  ペンにインク2色で下描きし、黄土色の水彩を重ね、
  墨をいれ、今色鉛筆で全体を塗った所。
  ・・実物よりも少し黄色が強く見えるかも。

  本当は奥に、遠くの平野が見えるのですが、
  無い方が良いかも、左側の低い丘にも白を重ね、
  家の後ろに糸杉を入れようか、どうしようかと、
  鉛筆でためらい描きを、ははは。

  昨秋日本の秋の、本当に黄金色の稲穂を見て驚き、
  麦秋の枯れたベージュ色をどう描くか、
  その辺りにちょっと疑問を感じていますが・・、
  まぁ、やってみま~す!
 *****

  所で、先日サイトの猫写真を眺めていましたら、
  こんなのがありましたぁ。
  こういうのは、絵を描く者にとっては・・・、あ・て・つ・け、ははは!
 
images.jpg
       


 *****

  ただ今本家ブログには、
  ご訪問、よろしくどうぞ!