・ 花、果物の、 古いスケッチを 


  ええと、あのう、 ・・端境期でございまして・・、

  はい、今月は週の予定が一つ増えておりまして、
  写真教室なのですが、今月末でお終い、
  先生がとても良く、あれこれ教えて頂く事も多いので
  頑張って通っておりまして・・、

  ええと、昨夜はまたお誘いがあって映画を見に、
  「ザ・アーティスト」、お勧めです!
  とか、いつも食事に招いて下さる友人を、
  雛祭りのチャンスに、お昼にお誘いしたリで、
  
  そんなこんなで、端境期。      

  もう少し詰めが残っていますが、とか、
  微調整を控え、なんぞと見栄を張ってご覧頂いたのも、
  きゃはは、
  いざ手を入れ始めると、
  大テコ入れが必要でして・・!

  新しく取り掛かっているのも、
  まだ見て頂ける程の下絵にもなっておらず・・。

  てな事で、また古いスケッチを見てやって下さいませ!
  いずれも透明水彩でスケッチを始めた最初の頃のもので、
     
 
  杏の様な果物の一枝
1-345.jpg

       

  黄色い薔薇
2-723.jpg

  葉と茎の色が硬くなり、花の座りも悪いのですが、
  なんとかバックを塗ろうと苦労した思い出があるので・・。



       

  リンゴ2つ
   
3-425.jpg   


       

  なんというお花か、あれこれ3種
4-815.jpg

  枝つきの果物とか、こういうお花は、
  近所から黙って頂いて来た、ははは、物で~す。
       


       
  青リンゴ
       
5-509.jpg
  葡萄畑の横にある、半ば野生のリンゴの木で、
  形もいびつで小さいのですが、良い色だった記憶が。
  これは水彩はさっと色を入れ、色鉛筆を使っています。



       

  大輪の赤い薔薇
6-551.jpg

  美しさに魅せられ、一日で必死に描いた物。

  この時使った水彩絵の具は、安物セットの出来合いで、
  色の細かい粒子がざらついたのを覚えています。

  現在使っているのは、ウィンザー・アンド・ニュートンと
  シュミンケ・Schmincke から自分で選んだ37色ですが、
  これを選ぶ時にトゥレヴィーゾの画材店のご主人があれこれと
  教えてくれた事もありますので、

  もし次回も端境期が続く様でしたら、・・はは、怖いなぁ、
  ちょっと画材のお話なども・・、予定を。
       
  良いお天気、春らしい陽射しが煌めき始め、
  やはり描きたいものも、少し変化しそうですね。

 ***

  ただ今、本家ブログでは、
  クルーズ船から眺めるヴェネツィア をアップしています。
       
  ご訪問、よろしくどうぞ!
  http://www.italiashiho.site/