・ アンドリュー・ワイエスの、好きな作品を 

  アンドリュー・ワイエス・Andrew Wyeth をご存知の方は多いでしょうし、
  彼の作品を大好きな方も、きっと多い筈と思いますが、

  はい、かく申す私めも大好きでした。
  でした、と過去形で言うのは、今は好きでない、という意味でなく、
  暫く離れていたのを、最近また本棚から引っ張り出し、
  改めて眺め、新しい気持ちで、やはり良いなぁ、と
  思っている所でして・・。

  自分が再度描きだすと、参考にしたい、インスピレーションを
  受けたい、とその作品を見る作家があれこれいますが、
  彼ワイエスはその一人。

  で、彼の有名な作品以外にも、自分の好きな作品の中から、
  今日はその何枚かをここに。
  同感して下さったり、改めて眺めたり、・・どうぞ!
 
      
  踏みつけられた草   テンペラ
1-591.jpg
       
  ブラウン・スイス牛の牧場   テンペラ
2-592.jpg


       
  泉からのひき水   テンペラ
3-593.jpg


              
  アルヴァロとクリスティーナの家   水彩
4-594.jpg

  ここまでは1974年の日本での作品展のカタログからの写真で、
  私はこの展覧会を見ておりませんが、
  カタログを持っており、どうして手に入れたか覚えておりませんが・・
  今こうして絵のタイトルを間違えずに書ける程に、
  ええ、何度見直した事でしょうか?!

  彼の有名な作品は「クリスティーナの世界」とか別にたくさんありますが、
  静物画を描いていた私には、まさに遥かなお手本の様にも感じられた、
  そんな作品の数々。


  で、ここからは1978年の作品展で、神戸で見た幾つかを。

  日岸の中日   テンペラ
5-597.jpg

  カタログの写真が白黒なのがとても残念です。
  実際に彼の作品を間近に見て、
  ハッチングの色の重なりからのハーモニーに驚嘆しましたので。



       
  つるこけ桃   水彩
6-598.jpg

       
  衣装箱(「彼女の部屋」の為の習作)   水彩
7-595.jpg

  こんな風に描きたいなぁ、描けたらなぁ、と
  あんなに憧れていた彼の作品。
  今、年を経て、素晴らしいと思う部分が少し違っているかも、と
  思う所もあり、
  思い焦がれる気持ちも少し変わったかも。
  ですがやはり、
  静謐な空気を伝えてくる作品は素晴らしい!
       
  あんなこんなをゆっくり眺めつつ、
  まずは自分の中に抱える物を、自分が消化し、
  イメージを確かな物にしないとね、と・・。


 ***

  今本家ブログでは、フリウリ州にある、かってのヴェネツィア貴族の館
  ヴィッラ・マニンのご案内を。

  http://www.italiashiho.site/
      
  ご訪問、よろしくどうぞ!