・ ポピー、仕上げに向けて  と、 ドロミーティで食べた旨いもの


  仕上げに向けての「ポピー」、見てやって下さい。

  ポピー

1-DSC07085_GF.jpg

  先回見て頂いた時は、まだ左半分の色が付いた所でしたが、
  花の色、バックになる空の色も詰めて見ました。

  実際には右の内側、中ほどの高さの所に白いポピーがあり、
  先回はまだ白いままでしたが、
  描いていくうちに、この位置に白い花を描くのは難しく、
  全体が赤系の花の方が良いかと思い、赤からピンク色にし、
  一番上に2つある白い花も、少し色をかけました。

  花全体が丸い形でまとまっているので、背景の空の色の中に、
  白い雲が欲しくなり、入れてみたのですが、
  背景の面積が少ないので難しく、2度ほど雲の形を変えてみたものの、
  結局無しにし、

  また空の色も、結果として最初と同じような空色になりましたが、
  途中では上の方を少し濃いめにしたりで迷い、

  雲を消した時点で、下から明るさが上がる様に、
  力を込めて白を何度も塗り込み、明るくしています。


  今写真の中で、右上の空色が暗く見えますが、
  これは撮った時の光線が左の窓から入るためで、
  これほどの左との差はありません。

  
  今気になっているのは、花と背景の空の色との溶け込み具合で、
  とりわけ花の上部が気にかかっているので、
  もう少しやってみるつもりです。



 *****

  今日の第2部   ドロミーティで食べた旨いもの

  お盆休みで出かけたドロミーティのセルジョの山の家、
  そして出かけた先で食べたあれこれを。

  朝10時過ぎに到着、お昼に頂いたスパゲッティ、アサリのトマト・ソース。
  私が肉を食べないのを知っているので、気を使ってくれたもので、
  スパゲッティは太目、ドナテッラのお好みなんですと。

2-DSC06922_GF.jpg



  そして付け合わせは、インゲン、トマト、キュウリ、そしてチーズ類3種。
  特別なものではないですが、野菜類は近くのお家の畑からだそうで、
  味がやはり一味違いました!

3-DSC06926_GF.jpg



  午後遅めにすぐ近くのフィエラ・ディ・プリミエーロに出かけましたが、
  ここは庶民的避暑地としていつも賑わっており、

4-DSC06983_GF.jpg



  彼らは飾り用のカボチャを買い、shinkaiはフィンフェルリ・アンズタケを
  1㎏買いました。 買うと料理してもらって食べれますものね、へへへ。

5-DSC06991_GF.jpg



  これは表に並んでいた、奥が乾燥トマト、まだ柔らかそうで、
  手前がリンゴの輪切り、と書いてあったのですが、
  どうやって食べるのか聞こうと思っていて、忘れてしまい。 
  この辺りのお祭りで、リンゴの輪切りの揚げ物があって美味しかったですが・・。

6-DSC06992_GF.jpg




  ダイニングキッチン式の彼らの家。 向こうは菜園などを見下ろす窓で、
  チェイン・スモーカーのセルジョはいつもあの場所でタバコを。

7-DSC06923_GF.jpg
  
  彼は料理も手伝うのですが、夏、この家にいる時は皿洗いが彼の仕事!
  shinkaiはこの席に座って待っているだけ! ははは。




  夕方薄暗くなってフィエラから戻って来て、何か温かいものを、と
  ドナテッラが作ってくれた、お米のミネストリーネ。 お米は沈んで見えず。
  バターとパルミッジャーノがたっぷりの美味しいもの! 

8-DSC07016_GF.jpg



  と、インゲン、ホウレンソウの温かい野菜、そしてモッツァレッラをフライパンで。

9-DSC07017_GF.jpg



  
  翌朝からの朝食3回はこれ、穀類の入ったクロワッサンと目玉焼き、
  そしてミルク。 トマトが欲しい時はトマトもね。
  目玉焼きはセルジョで、shinkaiよりもずっと上手!

10-DSC07021_GF.jpg

  もう2年以上カフェを飲んでいませんね。 特に欲しいとも思わず、
  今は朝ミルクをたっぷり飲んでいます。




  プレダッツォに出かけた途中のロッレ峠のバールで、右がshinkaiのオルゾ・
  大麦から作った飲み物で、
  真ん中の齧りかけが、彼らの2度目の!朝食、穀類とブルーベリーや
  山の果物のジャムの入ったパン。

11-DSC07025_GF.jpg

  いやぁ、先回も彼らの写真を載せたからご覧でしょうが、
  本当によく食べます!! あの量には到底付き合えませんです!!




  プレダッツォの町の中心、あのホテルの窓辺の花は毎年色が違うそうで、
  見事に咲き誇り、

12-0315_01_GF.jpg




  こちらが町の教会。 中にも入りましたので、またご案内を。

13-0324_01_GF.jpg




  ここでは晴れたり降ったりのお天気に見舞われ、お昼はパン屋の切り売りピッツァを
  店の中のテーブルで、写真撮り忘れ。

  後にカフェに入ったバール、お菓子屋さんで、ドナテッラのストゥルーデルと
  カスタード・クリーム。 ストゥルーデルはメラーノで見たのよりもずっと
  小さいですが、美味しかったそう。

14-DSC07042_GF.jpg



  セルジョのトルタ、何のトルタだったっけ?

15-DSC07043_GF.jpg




  shinkaiのヨーグルトと森のフルーツ・ジャム。

16-DSC07044_GF.jpg



  家への戻りにサン・マルティーノ・ディ・カストロッツァで買った
  ポルチーニ入りポレンタ。 セルジョがせっせと作ってくれ、

17-DSC07067_GF.jpg


  
  ロッレ峠を越える時に見えた「臭いチーズ・プッツォーネ」を買ってくれ、

18-DSC07068_GF.jpg



  
  shinkaiのお皿、フィンフェルリの茸、ポレンタ、臭いチーズ、
  左上はトゼッリ・toselli というチーズ、こんな風に鉄板で焼いて食べます。
  shinkaiにはこれで十分すぎる量でしたが・・、

19-DSC07070_GF.jpg




  ドナテッラのお皿、トゼッリは半分ですけど、その右にソーセージの
  焼いたのが見え、

20-DSC07071_GF.jpg




  これはセルジョのお皿で、この後2度ほどポレンタのお替り!!

21-DSC07069_GF.jpg

  臭いチーズ・プッツォーネは、そうですね、まぁ、ちょっと臭いと言えば臭いですが、
  ペコリーノ・トーズ・ヤギのチーズでもこれくらいのチーズはたくさんありますし、
  美味しさもまぁまぁ、という所かな。
  サン・レオで食べたフォッサ・チーズ・穴倉に入れて熟成さす、 
  あれのねっとりの美味しさには到底、というshinkaiの感想でした。


  そして食後は二人ともいつも果物、杏子に葡萄と食べ・・、
  shinkaiは到底ついて行けません!





  ドロミーティの2000mの高地にロープウェイで上り、そこから50分ほど歩き、
  奥の山小屋に。
  そこで食べた、彼らはクヌーデルリ・パンをふやかし、それにハムや香草を
  混ぜたもので、茹でて溶かしバターをかけたもの。  美味しかったと。

22-DSC07078_GF.jpg



  shinkaiのタリアテッレに茸のソース。
  パスタの量が半端でなく、パスタの量を減らし、ソースを増やしてくれたら
  申し分なかったで~す。  この時は帰り道があったのでお水だけ!

23-DSC07079_GF.jpg


  最後の夜は、カボチャのトルテッリでしたが撮り忘れ!
  
  というドロミーティでの3日間の食べ物でした。
  
  家に戻り、作るのに手間のかからない簡単なものを軽く食べ、
  自分の好きな事だけ、静かな中で出来るのが幸せ! ははは。
  彼らの切れ目ないお喋りを聞きながら何もせずにいる、というのが、
  一人暮らしに慣れた貧乏人shinkaiには、大変でしたぁ。



 *****

  コメントの書き込みについてのお願い。

  ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
  上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
  記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。

  非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、
  コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
  それもご了承下さいませ。


 *****

  ただ今本家ブログには、
   アップしております。           

  ご訪問、よろしくどうぞ!


 *****


  いつもブログご訪問、応援有難うございます!